海外の反応 韓国



1


韓国女子大学代表チーム(以下代表チーム)が2連敗を喫した。

代表チームは18日、東京都渋谷区にある国立代々木競技場第2体育館で開かれた第47回韓日男女大学代表バスケットボール大会(旧·以上百倍)日本女子大学選抜チームと試合を行い、27-112で完敗した。

第1戦で52-106、54点差の完敗を喫した代表チームは、第2戦も大敗が予想された。 それだけ現在、韓国と日本の大学チームのレベルは著しい違いを見せているからだ。

第1戦の結果が善戦するかもしれない敗北の中で、第2戦も期待よりは安心できる試合を望むべきだった。 期待は失望に終わった。

第1戦を通じて戦力差を確認した選手団は、スタートから全く力を入れなかった。 日本の速いトランジションバスケットに全く対応できないまま、10-36でリードされた。

第1戦でも52-106で敗れた韓国は、第2戦でも大敗を喫し、戦力の差を改めて実感した。

最初から代表チームは終始一貫して振り回されてきた。 韓国が野投乱調に陥っている間、日本の速い攻守転換に苦戦し、相次いで得点を許した。 続く日本の勢いに苦戦した韓国は10-36で第1クオーターを終えた。 第2クォーターも変わらなかった。 朴智星は3点シュートなどで13点を決めたが、正確な日本攻撃に反応できなかった守備により23-55、2点差のリードを許した。

前半戦はそれでも希望的だった。 後半戦は完全に日本ペースだった。 第3クォーターの韓国得点は2点に止まった。 第4クォーターも変わらなかった。 韓国は2点を追加しただけだった。 85点差の完敗を経験しなければならなかった。

引用元記事:https://x.gd/OK5p2 https://x.gd/yWE4R
この記事へのコメントはこちらからお願いします。





 韓国の反応 




・我々が球技種目の中でまだ持ちこたえているのはサッカーだけ..


・他の種目及び生活体育に戻らなければならない、体育基金が全てサッカーに使われている


・KFAが持っていく金額が思ったより大きくないですよ


・体を使う才能のある子供たちはみんな芸能人を夢見ているので当然ではないでしょうか

・背が高とアイドルに成りたがる


・我々のレベルはまあそんなもんか


・国際大会にそのまま出るな

・日本が一時社会体育に重点を置いたが、国際大会の成績が出ないとまたエリート強化したらまた成績が出るね


・今、日本は社会人体育、エリート体育


・日本も元々エリート体育でした、一般入部と先受入部が異なる。もちろん底辺がはっきりしているので越えられない壁です

・この実力で日本と対戦するのが恥ずかしい


・プロの実力すら落ちているのは、韓国でちょっとだけうまくやればお金稼ぐから満足するんでしょうかね


・すでに少子化率が1位、自〇率が1位

・この実力で、バスケで大学に入学出来るんですね


・この大学からプロのバスケットプレイヤーになるのですが・・


・プロは、ほとんど高校を卒業してプロチームに行くんだ.. 大学の卒業はほとんどが準アマチュア軍だと思いますが?




↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




この記事へのコメントはこちらからお願いします。