海外の反応 韓国



1


ヒトの誘導万能幹細胞(iPS)から精子や卵子になる前の段階の細胞を大量に培養する方法を、日本京都大学の斎藤通紀教授(細胞生物学)ら研究陣が開発したと、朝日新聞·時事通信など現地メディアが21日報道した。

細胞数を100億倍以上に安定的に増やすことができるため、これを活用して不妊の原因を探し、体外受精の成功率を高める方法を見つけるのに役立つものとみられる。 これから研究がさらに進めば、皮膚や血液など体の一部で精子や卵子を作って受精させることも技術上は可能になる。

論文は20日(現地時間)、英国の科学専門誌ネイチャーのインターネット版に発表された。 精子と卵子ができる基礎的な構造の解明と不妊症や遺伝病の治療法開発が期待できる新技術と考えられる。

人の体内では受精卵になって2週間後にその次の世代の精子や卵子のもととなる視原細胞ができ、6~10週間後に精巣や卵巣から精子·卵子になる前の前庭細胞·卵原細胞に分化していく。

斎藤教授ら研究陣は2015年、ヒトiPS細胞由来の始原生殖細胞を作ることに成功している。 この細胞に人体内で骨形成に関与する骨形成タンパク質(BMP)を加えて培養する方法で、精子や卵子の根源となる前庭細胞と卵原細胞を作った。

研究チームは、「4ヵ月ほど培養すれば、細胞数を100億倍以上に増やすことができる」と明らかにした。

人の前庭細胞と卵原細胞を大量に作ることができるため、これらを材料とした実験が容易になり生殖細胞の研究が一段階跳躍する可能性がある。

斎藤教授は「前庭細胞や卵原細胞から精子や卵子を作る研究が進められることで、不妊症の治療法開発につながると期待している」と述べた。

引用元記事:https://x.gd/QNWQi https://x.gd/utHIx
この記事へのコメントはこちらからお願いします。





 韓国の反応 




・この技術の利用が同性カップルによって要望される可能性が高いです。科学技術の進歩は重要ですが、その利用範囲や規制に関する決定は慎重に検討する必要があります


・将来、人々が生まれない世界も現実の可能性として考えられますね


・1. 皮膚や血液など身体の一部から精子や卵子を作り、受精させる技術が可能になるかもしれません。2. この技術は、精子と卵子の生成メカニズムの解明や不妊治療や遺伝病の治療法の開発に期待される新技術です


・技術の進歩は素晴らしいですね。今後は、女性の関与が必要ない技術も期待されます

・人工人間の創造は時間の問題かもしれませんが、その倫理的な規制が急がれますね


・生物学的に劣るとみなされる種は淘汰される可能性がありますね。これは深刻な問題ですね


・単身者向けの技術の普及が急務です

・血液細胞を使った精子や卵子の培養技術は、不妊治療に新たな希望をもたらすかもしれません




↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




この記事へのコメントはこちらからお願いします。