海外の反応 韓国



1



自動車メーカーの継続的な電気自動車開発にもかかわらず、電気自動車の需要が日々減少している。 最近、米国自動車協会(AAA)のアンケート調査の結果は、この状況をより赤裸々に示している。

海外「泣きまくった!」日本のヒーローを描いたハリウッド映画に感動の声が殺到中

調査によると、回答者のわずか18%だけが新しい電気自動車や中古電気自動車を購入する可能性が「非常に高い」または「高い」と答えた。 これは前年度対比5%P減少した数値だ。

さらに深刻なのは、回答者の63%が次の車として電気自動車を購入する可能性が「低い」または「非常に低い」と回答した点である。 この数値は1年ぶりに10%P増加した。

このような結果は、自動車メーカーに警戒心を呼び起こしかねない。 また、「購入の可能性も低く、購入不可能性も低い」と答えた中立的な回答者の割合が2023年の24%から今年は19%に減少したことから、消費者は電気自動車に対する立場を確実にしたという意味にも解釈される。 言い換えれば、消費者は電気自動車の購入について明らかに「否定的」だということだ。

消費者が電気自動車の購入をためらう理由は、費用、走行距離の不安、充電インフラの不足など、従来の問題のためだ。 AAA自動車研究所のディレクターであるグレッグ·ブランノン(Greg Brannon)は「電気自動車を望んだ初期の収容者はすでに電気自動車を保有している。 電気自動車をまだ選択していない残りの人々は、実用性、費用、利便性、所有経験などを考慮しており、このような要因が電気自動車への転換をためらう大きな障壁として作用している」と述べた。

一方、消費者は電気自動車に比べてハイブリッド車に対してよりオープンであることが分かった。 31%の回答者がハイブリッド車を購入する可能性が「非常に高い」または「高い」と答えた。

自動車メーカーもこのような変化を感知したようだ。 多くのメーカーが今、ハイブリッド車とプラグインハイブリッド車の開発に集中している。 これは一時、このような車両を「過渡期」または「一部分」とし、大したことないように見ていた過去とは大きく変わった変化だ。

引用元記事:https://x.gd/Lk651
この記事へのコメントはこちらからお願いします。





 韓国の反応 




・電気自動車は高くて買えないのじゃないのか?


・ディーゼルのマニュアルが一番耐久性があって燃費が良くて良いよ


・地下駐車場を駐車する時も、電気自動車の横は避ける


・私は電気自動車が火事になるのを見て、家族のことを考えてハイブリッドを買った

・全固体が27~8年くらいに出れば、もう電気自動車の時代になるだろう


・電気自動車のバッテリーの容量が減るからじゃないのか?


・物理的容量はそのままなのに、使用寿命は縮まるだろう、ただし、自動車のバッテリーは通常40万キロ以上までは問題なく使用可能

・ヨーロッパの方もまた内燃機関の方に行くみたいだけど···


・充電、走行距離、火災安全、これらを解決したらガラッと変わる


・私はガソリン車を買った

・事実上、セルフ火葬場


・電気自動車はどうせ時代の流れによって大勢になるだろう。なぜなら、それで利益を得る勢力がそのように誘導するので一般消費者はどうせ従うしかない状況が来る


・走行距離800キロが出れば買う




↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




この記事へのコメントはこちらからお願いします。