海外の反応 韓国



1



東大·日本財団調べ···「2026年に大規模採取を始め、商業化を推進」

日本の小笠原諸島南鳥島周辺の排他的経済水域(EEZ)の内側に希少鉱物が豊富に含まれたマンガン団塊2億3千万トンが分布することが確認されたと読売新聞が21日付で報じた。

海外「だから親日家なのか!」NVIDIA創業者が日本で学んだ人生で最も重要な教えが話題に

報道によると、東京大学と非営利団体の日本財団は最近行った調査·分析を通じてこのような事実を把握した。

マンガン団塊はマンガン、ニッケル、コバルト、銅などが含まれた塊で、水深4千m以下の海に敷かれたと知られた。

東京から南東に約1900km離れた南鳥島周辺海域にマンガン団塊があるという事実は2016年東京大学研究チームの調査を通じてすでに知らされた経緯がある。

日本財団は今年4~6月、追加調査を通じて水深5500mにある約1万㎢の領域にマンガン団塊2億3千万tがあるということを突き止めた。

また、採取した団塊の一部を分析し、コバルト61万トン、ニッケル74万トンが埋蔵されたものと推算されるという結果も得た。

コバルトは日本の消費量を基準に約75年分、ニッケルは約11年分に当たると読売が伝えた。 コバルトとニッケルは電気自動車のバッテリー生産に必要な金属である。

読売新聞は「日本財団などは早ければ2026年に共同事業体を発足し、マンガン団塊の大規模採取を始め、商業化に着手する方針」とし「海底マンガン団塊を吸い上げる技術は外国に確立されており、西欧企業と採取協力を模索する」と伝えた。

続けて「初期採取費用は50億円を越えると見られる」として「採取費用は日本財団が中心になって支出し採取したマンガン団塊は製錬技術を確保した日本企業に提供するだろう」と付け加えた。

東京大学は鉱物分析作業を通じて学術面で事業を支援する方針だ。

読売新聞は「コバルトとニッケルなどレアアースの売り場地域はアフリカと中国など一部に偏っている」とし、日本民官が商業化に成功すれば経済安保の側面で利点があると展望した。

引用元記事:https://x.gd/DAin4 https://x.gd/F1R7c
この記事へのコメントはこちらからお願いします。




 韓国の反応 




・日本が本気で海の経済水域を広げようとする理由


・それは大韓民国のものだ


・40年前から知られた事を今さらまた発表するのだから、我が国のマスコミは暇なんだね


・韓国でも石油が出ると騒いでいるが

・7鉱区!対策はあるのか!


・1900キロ離れても日本か


・うらやましい奴らよ!

・わざと作った島みたいだけど。 自然にあんな形の島が出来るのか?



・染水を海に放流して海を汚染させたが、今度は鉱物採取でまた海を汚染する

・対馬、沖縄を韓国に返還せよ!


・ユン·ソクリョル、岸田二人もと支持率再開対決で、海中資源を探すのも似ている


・ほぼ太平洋の真ん中にある島ですが・・我々も取りに行きましょう

・日本が海底鉱物採取して列島全体が揺れる巨大な地震が発生する小説があったが、それがもう近いうちに現実になるだろうな~






↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




この記事へのコメントはこちらからお願いします。