海外の反応 韓国



1



大谷翔平が青いユニホームに着替えた後も「記録の男」になっている。

大谷翔平が3戦連発の特大23号、中継では打球の行方がわからず打球音へのコメントが殺到(海外の反応)

大谷は23日、米カリフォルニア州ロサンゼルスのドジャー·スタジアムで行われた20~24大リーグLAエンジェルスとの対決で、1番指名打者として出場し、4打数1安打(1本塁打)1四球2打点1得点を記録した。

今月22日からエンゼルスと対戦し、初日から大谷は猛打を振るった。 リードオフで先発出場し、2打数2安打(1本塁打)、2四球、2打点、1得点と活躍した。 続いて、同日の試合でも本塁打を放ち、勢いに乗った。

大谷のホームランは2度目の打席で出た。 チームが1-0でリードしていた3回裏、無死1塁でジャック·フレサックの3球目84.9マイル(約137km)スライダーを打ち、右中間フェンスを越えた。 打球速度115.5マイル(約186km)、飛距離459フィート(約140m)の大型ホームランだった。 その後、打席で四球を得て、マルチ出塁試合を完成させた。

これで大谷は76試合で打率3割2分1厘、23本塁打、57打点、OPS1.030をマークした。 21本の2塁打、2本の3塁打、191塁打、長打(ホームラン+2塁打+3塁打)は計46本を記録している。

カナダのTSNスポーツは、1900年以降の開幕後80試合以内での長打数トップ5のドジャース選手を紹介しました。この日の試合で、大谷がトップ5に入りました。デューク・スナイダーは1954年に53本、1955年に49本で1位と2位を独占しています。

その次が大谷です。46本でベイブ・ハーマン(1930年)と共同3位に上がりました。1955年以来、69年ぶりに球団史上最多長打記録が新たに書き換えられたわけです。

また、ブルックリンを本拠地にしていた時代も含めて、ドジャースでの80試合以内の通算塁打記録は、マニー・ラミレスの198塁打が最多です。大谷の191塁打がそれに次ぐ記録となりました。

引用元記事:https://x.gd/OYjEZ
この記事へのコメントはこちらからお願いします。




 韓国の反応 




・大谷は韓国を愛する優しい選手らしいですね


・大谷が韓国選手だったらどんなに嬉しいか


・性格、実力、外見、完璧だね


・もう彼は宇宙人なのではないかと・・

・漫画から出てきた男


・大谷はもっと年俸を上げても良いくらいだね


・本当に羨ましい

・百済移民の子孫・・


・比較される同年代の選手たち・・


・アジアの誇り

・漫画のキャラクターも、こうやって作ると悪口を言われる


・アメリカは記録が多いですね


・大谷、かっこいい

・東アジアの誇り


・大谷は日本人の中で一番好感を持てる


・やっぱり野球は日本、サッカーも日本






↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




この記事へのコメントはこちらからお願いします。