世界の憂鬱 海外・韓国の反応

  • Twitter
  • RSS
> 韓国経済

    韓国経済

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

     海外の反応 


    米中貿易戦争で中国の経済状況が悪化する場合、国民の怒りが噴出し、国家的危機に直面しかねないという懸念が提起された。 中国崩壊論の再登場だ。

    中国中央党校の機関紙学習時報副編集長を務めた学会研究員は16日、香港紙サウスチャイナモーニングポスト(SCMP)に寄稿した内容でこのように主張した。

    1

    彼は、偽のワクチンスキャンダルで共産党の信頼度が底を打った点、習近平主席が独裁体制を構築、公務員たちの保身主義が深刻な点、この様な状況で、米中貿易戦争が起こった点など、中国は現在「三角波」に揉まれ、中国崩壊論が再浮上していると診断した。

    鄧研究員は、自分のコラムで「10年前、中国崩壊論が出たが、中国は世界2位の経済大国になり、そのような懸念を払拭させた。 しかし、今年中国は再び重要なターニングポイントに立っている」と指摘した。

    【SCMP「貿易戦争で中国崩壊論が再浮上」中国の経済状況が悪化する場合、国民の怒りが噴出し、国家的危機に直面しかねない】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

     海外の反応 


    海軍が大型上陸艦(LPH)2番艦馬羅島艦に米海兵隊が運用する垂直離着陸可能ステルス戦闘機であるF-35B搭載案を打診するものと17日、確認された。

    海軍は10日、防衛事業庁、国防電子調達システムを通じて'LPH、未来の航空機(F-35B)搭載運用のための改造・開場研究'というタイトルの研究報告業務を入札公告した。

    1

    海軍は入札提案書で周辺国が上陸艦や護衛艦にF-35Bを搭載、運用する案を推進したり、関連研究を遂行している点を今回の研究が必要な理由に挙げた。

    米国は昨年から航空母艦以外にワスプ級上陸強襲艦にもF-35Bを搭載するための改造・オープンを推進中であり、日本はF-35Bを運用できるように出雲級護衛艦を2020年まで改造する計画だ。

    【海外「韓国が空母保有国家へ!」大韓民国海軍が大型上陸馬羅島艦にステルス戦闘機F-35B搭載を検討】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

     海外の反応 



    エルドアン・トルコ大統領は14日、米国の制裁に対する報復として「米国電子製品を不売する」と明らかにしたとAFP、dpa通信などが伝えた。

    エルドアン大統領は同日、TVで放送された演説で「我々は米国の電子製品の購入を拒否(boycott)する」とし、「(米国が)アイホンを持っていれば、別の方角には三星がある」と話した。

    1

    彼はまた、自国の家電メーカーブランドを言及し、「我々も我々の'ビーナス'と'ベステル'がある」と付け加えた。

    エルドアンは、経常収支の赤字と16%にのぼるインフレーションのトルコ経済の問題点を認めながらも、「神に感謝する。 トルコ経済は時計のぜんまいの様に上手く回っている」と自負した。

    【トルコ大統領「我々にはサムスンがある!iPhoneをボイコット‥米国製電子製品の不買を明らかに」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

     海外の反応 


    日韓国家代表の完成車、4~6月の実績、現代車の完敗

    トヨタ、レクサス中国販売40%↑
    北米・アジア・欧州で販売増
    原価企画型生産で単価の引下げ
    円安効果も一因…収益性拡大

    現代車、営業利益30%激減
    米販売不振に在庫積もって
    新車・中古車価格が軒並み下落

    1

    3月末の決算法人の日本トヨタ自動車の今年1四半期(4~6月)の営業利益が昨年同期より19%近く跳ね上がった。 同期間、現代自動車営業利益(2四半期)は30%近く減少し、対照をなした。

    韓国と日本を代表する二つの自動車会社間の明暗が分かれた理由は何だろうか。市場では「円安現象」のほかにトヨタのコスト削減努力が功を奏したという分析が出ている。

    【海外「トヨタが史上最大の純利益を出す!一方現代自動車はトヨタに完敗し営業利益30%激減」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

     海外の反応 


    「裏切りを感しますね」、発ガン物質生協のお菓子に母らが怒り

    食薬処が、アフラトキシン検出されたハンサルリム販売の「イカピーナッツボール」を回収措置

    食薬処は、発がん物質アフラトキシンが基準値より超過検出された菓子であるイカピーナッツを回収すると1日明らかにした。

    関連投稿:

    1

    【海外「韓国製イカピーから発癌性物質が検出される‥」発がん物質アフラトキシンが基準値より超過検出】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング