世界の憂鬱 海外・韓国の反応

  • Twitter
  • RSS
> 韓国経済

    韓国経済

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国



    1


    韓国と日本が1日、100億ドル規模の通貨スワップ契約を締結した。 2015年に中断された両国の通貨スワップが8年ぶりに復元された。

    この日、企画財政部は「韓国銀行と日本銀行が通貨スワップ契約を締結した」として「今回の契約で両国の金融協力が促進され歴代金融安全網が強化されると期待する」と明らかにした。 100億ドル規模の通貨スワップはウォンと円ではなく全額ドルベースで進行する。 韓国のウォンを日本が持っているドルに、逆に日本の円を韓国が持っているドルに交換することができる。 100億ドルの限度内で必要な時にウォンを利用してドルを手に入れる道が広くなったという意味だ。

    韓日通貨スワップは2001年に初めて締結された。始まりは20億ドル規模だった。その後、追加協定を経て2011年700億ドルまで増えた。 そうするうちに韓日関係が悪化し通貨スワップ規模が減り始め2015年2月に終了した。 中断直前の通貨スワップ規模は100億ドルで、今回復元した金額と同じだ。

    6月29日、チュ·ギョンホ副総理兼企画財政部長官と鈴木俊一日本財務相は日本財務省で財務長官会議を開き通貨スワップ復元に合意した。 その後、中央銀行間の細部内容協議、外部法律諮問などを経て、実際の契約まで5ヵ月余りがかかった。 今回の通貨スワップの契約期間は3年だ。

    直ちにドルが足りず、通貨スワップ稼動が必要な状況ではないだけに、韓日関係の完全な回復という象徴的な意味合いが大きい。 企画財政部関係者は「通貨スワップ契約が締結されたということは両国の経済的協力関係が完全に復元されたという象徴的な措置」と説明した。

    引用元記事:https://x.gd/JbgaQ
    この記事へのコメントはこちらからお願いします。

    【韓国人「日韓通貨スワップ8年ぶりに締結···100億ドル規模で全額ドル」→「どうしてアメリカと直接出来ないの?‥(ブルブル」 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国



    1


    本日(1日)、韓国と日本の通貨当局が100億ドル規模の通貨スワップ(通貨交換)契約を締結しました。

    企画財政部(企財部)はこの日「韓国銀行(BOK)と日本銀行(BOJ)が通貨スワップ契約を締結した」とし「両国間の金融協力を促進し域内金融安全網を強化すると期待する」としてこのように明らかにしました。

    韓日通貨スワップが復元されたのは8年ぶりです。 これに先立って2001年に20億ドルで始まった韓日通貨スワップは2011年に700億ドルまで増えましたが、その後韓日関係が梗塞し、規模が減り続けました。 最後に残っていた100億ドルの契約が2015年2月に満了し、8年以上中断された状態でした。

    引用元記事:https://x.gd/HWr9l
    この記事へのコメントはこちらからお願いします。

    【【祝】韓国人「日本が韓国と通貨スワップを締結!」日韓の通貨当局が100億ドル規模の通貨スワップ契約を締結 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国



    1


    日本経済紙「韓国の経済成長率、下り坂だけが残る」
    「人口減少→労働力減少…」 成長は難しい」
    2050年にはGDPが15位以下に墜落すると予想

    日本経済界を中心に韓国の経済成長が事実上終わったという主張が広がっている。人口絶壁による生産可能人口の減少が急速に行われ、成長率が頂点に達し下がっているという内容が骨子だ。

    13日、日本の経済誌「Money1」には「韓国は終わった」というタイトルの記事が報道された。

    新聞は記事で「韓国メディアで中国経済を巡り『ピークチャイナ』という用語を使い、中国の経済発は今や頂点に達し下り坂をたどっていると話すが、韓国は他国を心配する時ではない」として韓国の状況を説明した。

    新聞は「韓国の経済新聞でさえ『韓国は終わった…』··· 0%台の墜落は時間の問題」という暗い展望の記事を出している」とし、これを「ピークコリア論」と呼んだ。

    記事は韓国の国内総生産(GDP)成長率が漸進的に減少しているという点に注目した。 新聞が収録した1980年から2023年までの年度別GDP成長率の推移を見ると、一時13%を超えていた韓国のGDP成長率は昨年2.61%、今年1.40%まで下がる。 平均値を見てみると、8.88%(1980年代)から10年ごとに7.30%、4.92%、3.33%、1.90%へと順次下落する様子だ。 特に2020年代(1.90%)の場合、まだ2020~2023年の4年分の統計に過ぎないという点で「成長下り坂」の進行速度がさらに速くなりかねないという指摘だ。

    同紙は、韓国の翌年の潜在成長率が1.7%まで下がるだろうという経済協力開発機構(OECD)の予測値を発表し、これを人口絶壁による労働力減少の結果と解釈した。 潜在成長率とは労働力と資本生産性を利用してインフレを誘発せずに最大値で達成できる経済成長率展望を指す。 一言で言えば、政府が人為的に資金を供給したり、国家主導の事業を進めずに、どれほど自然に成長できるかを見る尺度だ。

    同紙はゴールドマンサックスグローバル投資研究所の報告書を根拠に「韓国はG9に入ることはできない」と主張した。 報告書の資料によると、韓国は2022年まではGDP基準で世界12位を記録しているが、2050年には順位圏外(15位以下)に下がり、2075年にも順位圏内に入らない。 同紙は「先日『韓国がG9に入る』という趣旨の願いを語る記事が韓国メディアに出たが、この資料だけを見ても韓国のG9は不可能だ」とし「何度も言うが、韓国の成長期は終わった」と強調した。

    引用元記事:https://x.gd/zvyIc
    この記事へのコメントはこちらからお願いします。

    【日本人「韓国は終わった」日本で広がる『ピークコリア論』の内容がマジでヤバ過ぎる‥ブルブル 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国




    1


    文政権の時は年1万3000人増員

    前政権で年平均1万3000人ずつ増えた国家公務員の定員が、今年は3000人以上、来年は2000人ほど削減される。10日、行政安全部(行安部)が国民の力の尹昌鉉(ユン·チャンヒョン)議員に提出した資料によると、政府は定期職制改編を通じて国家公務員の定員を今年2607人、来年1086人減らす案を国会に報告した。 学齢人口の減少により、教育部の定員を今年2872人削減するなどの内容だ。

    政府は一部公務員を需要のある他の部署に再配置する「統合活用定員制」を通じても毎年1000人程度の追加定員削減に乗り出す。 行安部関係者は「定期職制改編と統合活用定員制で今年3000人以上、来年2000人内外の国家公務員定員縮小が予想される」と明らかにした。 ただし、このような定員縮小は定年退職と新規選抜人員調整などを通じて行われる。

    政府組織管理情報システムによると、2017年63万1380人だった国家公務員の定員は、昨年末75万7627人まで増えた。 2020年に国家職に転換された消防公務員(6万1097人)を除いても、5年間で6万5150人、年平均1万3000人余りが増えたのだ。 政府は来年以降も定員削減の基調を続ける計画だ。

    ユン·チャンヒョン議員は「公務員1人を増員する時、30年給与だけで少なくとも17億3000万ウォンが支出されるという分析がある」とし、「年金を含めれば50年以上の超長期事業であるだけに、必ず必要な業務だけに増員する原則が必要だ」と強調した。 来年の国家公務員の人件費は44兆8000億ウォンに達する。

    引用元記事:https://x.gd/ZJBIZ
    この記事へのコメントはこちらからお願いします。

    【【悲報】韓国人「韓国で国家公務員の定員削減‥来年までに5000人減らす」 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国




    1


    韓国の安価な電気料金が事実上政府補助金に当たるだけに、韓国産鉄鋼製品に相殺関税を課すという米政府の最終判定が出た。

    直ちに今回の決定の影響は制限的だ。 しかし、韓国電力が電気を売って正常な収益を出せない水準の電気料金が引き続き維持されれば、通商紛争が拡大しかねないという懸念も提起されている。

    5日、産業通商資源部によると、米商務省は先月、官報を通じて現代製鉄と東国製鋼が自国に輸出する厚板(厚さ6㎜以上の鉄板)に1.1%の相殺関税を課すという最終判定を下したという。

    このうち、電気料金と関連した相殺関税は約0.5%だと業界は見ている。

    相殺関税は輸出国が直接·間接的に補助金を支給し輸出された品目が輸入国産業に実質的な被害を招く場合、輸入当局が該当品目に関税を賦課し自国産業を保護する措置だ。

    先立って米国商務省は2月「韓国の安い産業用電気料金が鉄鋼業界に事実上補助金の役割をしている」とし両社の厚板に1.1%の相殺関税を賦課する予備判定を下した。

    その後、韓国業界と政府はこのような米国の決定を変えるために努力したが、予備判定が維持された。

    米国商務省は最終判定を下す前の8月頃、韓電に実態調査チームを送り、国内電気料金の原価および販売価格動向などを調査したりもした。

    相殺関税が1%台と低い方なので、米政府の今回の決定による影響は制限的な水準になるものと予想される。

    また、現代製鉄が米国に輸出する厚板物量は約4万トンで、同社全体厚板生産量200万トンの2%に留まる。

    東国製鋼も「会社の年間対米厚板輸出量は1万トン水準なので、会社に及ぼす影響は大きくない」と説明した。

    現代製鉄関係者は「米国の最終判定が釈然としない部分があり、米国国際貿易委員会(ITC)に追加対応をする準備をしている」と明らかにした。

    しかし、米国政府が韓国の安い電気料金を「補助金」と公式規定した状況で、今後類似したことが続き通商紛争が拡大しかねないという憂慮も提起されている。

    政府関係者は「(拡大)可能性があり、各事例により対処するしかない状況」とし「現代製鉄など企業の事例も今回の相殺関税賦課で終わったのではなく毎年再検討を経ることになり、よく対応しなければならない」と話した。

    引用元記事:https://x.gd/mxzYS
    この記事へのコメントはこちらからお願いします。

    【【悲報】韓国人「米国が韓国に『相殺関税』‥(ブルブル」→米国「安価な電気代は補助金」韓国産鉄鋼製品に相殺関税を課す最終判定 韓国の反応】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング