世界の憂鬱 海外・韓国の反応

  • Twitter
  • RSS
> アニメ

    アニメ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

     海外の反応 


    ロボットアニメのテコンVは、韓国アニメの復興期をリードしたキャラクターにその価値を認められている。 1967年以後、70年代に入り、製作本数が減少して消えそうだった劇場版アニメ市場に活力を吹き込んだ作品が、1976年作「テコンV」だ。

    関連投稿:

    1

    当時、国内にほとんどなかった巨大ロボットをキャラクター化し、テコンドー技術を融合させ、大きな人気を得た。 ストーリーもかなりしっかりしてその時代の技術力などを考慮する際、作品自体だけではかなり完成度を見せたと評価できる。

    しかし、作品の完成度とは別に、テコンドーのピースというキャラクターだけ見れば、残念な部分が多い。 何よりもデザイン面で日本のアニメキャラクターマジンガーZから書き写した痕跡がそのまま明らかになり、韓国固有のキャラクターだと主張するのは極めてきまり悪い。

    【海外「韓国ロボットアニメは日本のコピーだった。テコンV韓国アニメの残念な歴史」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

     海外の反応 


    国産キャラクター「ロボット・テコンブイ(V)」は日本のマンガキャラクター「マジンガーゼット(Z)」などと区別される独立的著作物という裁判所の判断が出た。

    関連投稿:

    2

    31日、法曹界によると、ソウル中央地裁民事208単独のリ・グァンヨン部長判事は株式会社ロボット・テコンブイが玩具類輸入会社の経営者A氏を相手に「著作権を侵害された」と、起こした損害賠償請求訴訟で「4千万ウォンを支給せよ」と原告勝訴の判決した。

    株式会社ロボット・テコンVはテコンVに関する美術・映像著作物として著作権を保有した会社だ。 この会社はA氏の会社が製造・販売したナノブロック方式の玩具がテコンブイと類似して著作権を侵害されたとして訴訟を起こした。

    【韓国裁判所「テコンVは、マジンガーZと区別される独立的著作物」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

     海外の反応 


    海外の掲示板で、日本の老人向けに作られたヲタクグッツが話題に成って居たので紹介します。60年代や70年代のアニメファンだった青年達も老人と成り、杖が必要な世代に成ってしまった様です。そんなアニメファンの老人向けに、日本ではこの様なキャラクター杖が売られています。

    2

    【海外「日本のアニメヲタクの高齢化がマジでヤバ過ぎる‥」 海外の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

     海外の反応 


    スレ主

    昨日、ジョジョの奇妙な冒険第5部のアニメ版「黄金の風」のPVが公開されました。今年10月からは、ジョジョの奇妙な冒険「黄金の風」が放送開始。スタジオワーナーブラザーズの公式チャンネルでそのPVが発表され話題と成って居ます。

    1

    【海外「待ちきれない!」ジョジョの奇妙な冒険第5部のアニメ版「黄金の風」のPVが公開される!10月に放送予定 海外の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

     海外の反応 


    スレ主

    元祖「涼宮ハルヒの憂鬱」のアニメミュージックビデオ(AMV)が7600万回の再生回数でYouTubeに戻って来ました。

    1

    【海外「涼宮ハルヒの憂鬱のアニメミュージックビデオが再生回数7600万回を超えてYouTubeに復活!」 海外の反応】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング