世界の憂鬱 海外・韓国の反応

  • Twitter
  • RSS
> 韓国崩壊

    韓国崩壊

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

     韓国の反応 


    集団のガン発病の論議が起こった全羅北道益山長所の村への環境基礎調査の結果、幅広い汚染による多数の発癌性物質が検出された。

    関連投稿:韓国人「安心して食べられる物が無い‥」韓国の米から発癌性の殺虫剤が検出!許容値の14倍超 韓国反応

    韓国の発癌村

    益山長所の村への環境部疫学調査に先立って基礎調査を実施した「益山長所村環境非常対策民官協議会」は「幅広い汚染を確認しており、人体有害性、ガンの発生との因果関係を明らかにするのが、環境部疫学調査の課題」と明らかにした。

    学界と行政機関、政党関係者などで構成された官民協議会は環境部の疫学調査の実施を控えて、長所村発がん影響と関連された有害物質の基礎的な確認と把握のための調査を三ヵ月間進められた。

    飲用地下水・農業用地、下水、貯水池低質、工場内原料、生産品、粉塵、廃液、土壌試料、周辺土壌試料などが調査の対象で、長所村の隣の周辺村も地下水調査を実施した。

    【[韓国]韓国の集団発癌村を環境基礎調査した結果‥幅広い汚染による多数の発癌性物質が検出される 韓国反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

     韓国の反応 


    平昌冬季五輪閉幕後、江原道が競技場管理のために、年間100億ウォン以上の血税を投じなければならない境遇に置かれた。 数千億ウォンの血税を投じて建設した競技場が「赤字遺産」となる可能性が高まっている。

    関連投稿:クイーン・キムヨナと、文在寅大統領が平昌冬季オリンピック成功決意大会に参加!」 韓国反応

    1

    12日、江原道(カンウォンド)が韓国の産業戦略研究院の用役結果をもとに、都議会に提出した行政事務監査の資料を見ると、13つの競技場のうち、管理主体が江原道人7施設で年間101億3,100万ウォンの赤字が発生するものと予想された。

    滑降競技が開かれる旌善の加里王山(ガリワンサン)仲峰(チュンボン)アルペン競技場の場合、運営費用は106億8,200万ウォンであるのに対し、収益は70億ウォンに止まった。専門選手がなくては使いにくい施設に、なんと36億8200万ウォンの赤字が発生するものと予想された。

    【【平昌オリンピック崩壊】五輪閉幕後年間100億ウォン以上の血税!平昌五輪競技場が「赤字遺産」に転落する恐れ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

     韓国の反応 


    【ニューシース】エイズに対する過度な社会的偏見や保健所の感染管理システムに対する不信が「感染者の連絡途絶」を発生させているという指摘が提起された。

    1

    7日、国会保健福祉委員会所属の金勝熙(キム・スンヒ)自由韓国党議員が、疾病管理本部から受け取った資料によると、10月末基準で、この1年間連絡不可能なHIV/AIDSに感染した人は計660人と集計された。

    全体登録された感染人一万2039名義5.5%水準だ。連絡が取れないのと、治療を受けないというのは同じものはない。

    【【韓国崩壊】韓国人「エイズに感染した660人と連絡が途絶える‥何故彼らは政府支援を拒否するのか?」 韓国反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

     韓国の反応 


    <アンカー>

    一部地域で生産されたコメから癌を誘発する可能性が高い殺虫剤が、許容基準を十四倍も超過して検出されました。

    1

    「この様な米でも、市中に流通させる時点を三ヶ月ぐらい遅らせば、殺虫剤の濃度が弱まって大丈夫だ。」これが韓国政府が対処している方式です。

    <レポート>

    今年9月一部地域の水田で生産されたコメ2800kgで殺虫剤に使われる ティアクルロブリードが検出されました。残留許容基準値0.1mg/kgを14倍超過しました。

    【韓国人「安心して食べられる物が無い‥」韓国の米から発癌性の殺虫剤が検出!許容値の14倍超 韓国反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

     韓国の反応 


    日本電池業界が大規模な増設投資に乗り出した。 リチウムイオンバッテリー宗主国の栄光を取り戻そうとする大反撃行動とみえる。中国が資本力と世界最大市場を武器に、早く追撃してきている中、日本の設備拡充まで加わり、韓国バッテリー産業がサンドイッチに転落する恐れが高まっている。

    1

    5日、業界によると、ソニー電池事業部門を買収した村田製作所は、増産のために2019年まで500億円規模の設備投資計画を立てた。中国とシンガポール工場の生産能力を補強し、現在15%水準のモバイルバッテリー市場占有率を20~30%水準に拡大するという目標だ。

    世界最大の電気車バッテリーメーカーのパナソニックは、計1000億円を投入して、日本、中国、米国で同時の増設に乗り出す。来年3月末の稼動を控えた中国大連工場に第2工場を追加で設立、電気自動車バッテリー生産能力を二倍に増やす。日本にある液晶表示装置(LCD)工場でも、2019年から電気車バッテリーを並行生産する。テスラと共同で運営する米国ネバダ州工場も1期工場建設や生産ラインの増設を同時に行う。

    【【韓国経済崩壊】日本電池産業が大反撃!大規模な増設投資と中国の低価攻勢で、韓国バッテリー世界1位の地位が危機に‥ 韓国反応】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング