世界の憂鬱 海外・韓国の反応

  • Twitter
  • RSS
> 韓国崩壊

    韓国崩壊

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

     海外の反応 


    今年の火災が起きたBMW車は37台となった。 リコール対象でない車両は9台だ。 このうち、ガソリン車両は528i、428i、ミニクーパー・5ドア、740i、745iなど5台だ。
     
    1

    火災は国産自動車でも発生した。9日午前1時41分に慶尚北道尚州市の25番国道でエクウス乗用車から火が出て、1人が死亡し、1人が怪我を負った。 同日午後4時50分にもアバンテ乗用車で火災が起こった。

    それで終わりではなかった。 同日午後7時35分ごろには、全羅南道潭陽郡金城面の高速道路を走って居たSM5乗用車で火災が起こった。 火は車両全体を全焼させ20分あまりで鎮火された。

    最近、BMWに続いてエクス・アバンテ・SM5まで車両火災が相次いで発生し、運転者たちの不安が高まっている。 「もし私の車でも?」という心配と怖さが波及する。

    【海外「韓国では毎年5000台の車が燃えている‥“走る時限爆弾”車両火災へ懲罰的賠償導入が急がれる」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

     海外の反応 


    セピアン-セナムノイダム事故被害支援のため、先月29日、ラオス現地に派遣された大韓民国の海外緊急救護隊(KDRT)が、約十日間の作戦を終えた。 これらはまた、救護隊2陣に現場を引き継ぎ、9日20人全員が帰国した。 防疫要員まで含まれた22人規模の2陣の救護隊は7日から現地に投入された。

    1

    韓国医療チームの活動に感嘆した世界保健機構(WHO)関係者は、韓国に追加支援を要請した。 盧チーム長は「中国、タイより遅れて現場に到着した」、「しかし、昼休み10~30分を除いた残りの時間をそのまま患者診療に書いた隊員たちのおかげで韓国チームが最も高い評価を受けた」と伝えた。

    【海外「韓国のラオス救護隊第1陣が帰国‥“ラオス人は韓国人や韓国企業を恨んで居なかった”」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

     海外の反応 


    ラオス災難当局は、水力発電所の補助ダム崩壊事故で、131人が死亡、もしくは行方不明になったものと暫定集計したという。

    1

    先月23日に発生した今回の事故の犠牲者数をめぐり、当局と現地マスコミの発表が交錯していたが、先月27日頃から131人を基準に死亡者と行方不明者数を発表している。

    遺体追加収拾と死亡者数が増えれば、それだけ行方不明者数が減る様だ。このような中、5日、ABCラオスニュースによると、前日まで災難当局が公式に確認した死亡者は33人で、行方不明者は98人と集計された。

    【海外「ラオスダム崩壊事故の被害者数をラオス災難当局が発表!131人が死亡または行方不明、33人の死亡を公式確認」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

     海外の反応 


    ラオス水力発電所の補助ダム事故の原因を調査する委員会が、韓国政府の参加も要請するものとされた。

    ラオスエネルギー鉱山局長は「補助ダム事故原因を調査する委員会を構成しており、任務を遂行する準備ができている」と述べたと日刊ヴィエンチャンタイムズが4日報道した。

    1

    局長はまた、調査委員会はセピアン-セナムノイ水力発電所事業に株主として参加した企業が属する国々も招待、現場点検などの惨事の原因を確認するための徹底した調査を行うと明らかにした。

    この事業を受注したセピアン-セナムノイパワー・カンパニー(PNPC)には施工を担当したSK建設と韓国西部発電以外に、ラオス企業とタイ最大の電力会社などが投資した。

    【海外「ラオス政府、ラオスダム崩壊の原因調査に韓国政府参加要請!」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

     海外の反応 


    ラオス政府がSK建設が工事をしたダム崩壊事故の原因を自然災害ではなく、施工不良による事故と規定することにより、今後保険会社と施工会社間の保険金の支払いをめぐる問題が大きくなるとみられる。

    1

    3日、ラオスの日刊紙ビエンチャン・タイムズの報道によると、ラオス政府は今回のダム事故の原因を自然災害ではなく、施工不良による事故と規定して被害者に対する補償案をまとめるだろうと明らかにした。

    ラオス副首相は、国会特別委員会会議で「今回の事故は、ダムの亀裂により発生した」、「今回の惨事は、自然災害による事故ではないために被害者補償は一般的な自然災害の際より、より多くなければならない」と言ったことがある。

    【ラオス政府「ダム崩壊は手抜き工事による人災」施工不良による保険金支払いはどうなるのか?】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング