世界の憂鬱

  • Twitter
  • RSS
    トップページ > 日本

    日本

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    [TVレポート] 「今年怖い反日映画が公開される」

    映画「軍艦島」が先月に続き、再び日本の右翼メディアの標的になった。ニュースポストセブンは11日、軍艦島の「捏造が過ぎる」と歴史を歪曲して伝えていると報じた。

    韓国の反日映画軍艦島

    ニュースポストセブンは「軍艦島」の舞台が2015年にユネスコの世界文化遺産に指定された長崎県の「端島」と紹介して、この映画についての展示状況に、朝鮮人の強制労働の脱出劇を描く作品だと説明した。

    続いて「軍艦島」が韓国映画界の実力派監督リュ・スンワン監督の指揮の下、製作費200億ウォンをかけて作られた作品とし、今年最大の話題作にも注目されていると付け加えた。

    【韓国人「今年怖い反日映画が公開される」日本の右翼メディアがまた映画「軍艦島」を批判!“歴史を捏造し過ぎている” 韓国ニュース】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    (ニュース1)日本の女性指導者小池百合子東京都知事が10日、朴槿恵元大統領を罷免した大韓民国憲法裁判所の決定に遺憾を表明した。

    小池百合子東京都知事

    産経新聞によると、小池知事は同日の定例ブリーフィングで、パク・クネ前大統領の罷免決定が下されたために、「非常に残念だ」と所感を明らかにした。彼女は「朴元大統領が自分の父と母の悲劇的な死後の相談相手を手に入れるのが難しかったのだろう」と付け加えた。

    【韓国人「小池百合子東京都知事が朴槿恵元大統領を罷免した大韓民国憲法裁判所の決定に遺憾を表明!」朴槿恵氏は女性リーダーとして頑張った 韓国ニュース】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    [イーデイリー]日本のマスコミは10日、朴槿恵前大統領の弾劾であり、韓国の対外政策が変化する可能性を分析し始めた。

    文在寅前共に民主党代表

    文在寅前共に民主党代表、安熙正(アン・ヒジョン)忠清南道知事、黄教安(ファン・ギョアン)大統領権限代行など大統領選候補の支持率と性向まで分析し、北朝鮮のミサイル発射に対する対応とサード配置、少女像工房による在韓日本大使招致のような目下の情勢を展望している。

    日本経済新聞(日経)は「弾劾を主導した野党が、次期大統領選挙でも優位をとる雰囲気」だとし、「制裁・圧迫路線の現在の対北朝鮮政策が見直されて南北対話と中国重視に転換する可能性が大きい」と展望した。 政権と財閥の癒着を解消する問題も争点になると見通した。
    【韓国人「慰安婦同意は破棄しなくては成らない」日本メディアが朴槿恵罷免で、対外政策の変化に注目 慰安婦協定の再交渉? 韓国ニュース】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    (ニュース1)日本政府は10日、韓国の朴槿恵大統領弾劾以降にも、2015年に行われた「韓日慰安婦合意」は継続されなければならないという立場を重ねて明らかにした。

    岸田文雄日本外相が慰安婦合意遂行を要求

    時事通信によると、岸田文雄日本外相は同日午前、韓国憲法裁判所が朴大統領の罷免を決定した直後、記者らと会って「(韓国は)戦略的利益を共有する重要な隣国」とし、このように述べた。

    岸田外相は特に、朴大統領の罷免によって5月初めに韓国で次期大統領選出に向けた選挙が行われるのと関連、「(韓国の)新政権とも協力を推進していく」、「韓国政府に(慰安婦合意の)誠実な履行を要求して行く」と言及した。

    【韓国人「日本人は夢から覚めろ‥親日派政府は終わった」日本外相が“朴槿恵大統領弾劾以降も慰安婦合意の履行”を強調! 韓国ニュース】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    (聯合ニュース)岸田文雄外相は10日、朴槿恵大統領の罷免と関連して「韓国の新政権とも様々な分野で協力していくだろう」と話した。

    岸田文雄外相

    彼は同日、憲法裁判所の罷免の判決直後、記者らと会った席で「韓国と北朝鮮問題で連帯することが不可欠である」と明らかにしたと、共同通信が伝えた。

    【【朴槿恵大統領弾劾】韓国人「岸田文雄外相が“韓国の新政権と協力していくだろう”と答える」 韓国ニュース】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング