世界の憂鬱

  • Twitter
  • RSS
    トップページ > スポーツ

    スポーツ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    「韓国と日本を胸に抱いて試合をしたい」

    日本格闘女帝「尻無聡子」(40、INDEPENDENT)が3月11日、ROAD FC(ロードFC)女性部リーグROAD FC XX(ダブルエックス)の歴史的な初の大会に出場する。

    1

    尻無聡子は、総合格闘技デビュー17年目を迎えた日本の総合格闘技の、「生きている伝説」と言っても過言ではない。

     今まで39回のプロ試合を行って35勝2分け2敗を記録しているベテラン中のベテランだ。

    長い間選手生活を続けながら尻無聡子の人生にも多くの変化があった。妻となり、母親になった。 尻無聡子は韓国人の夫と2007年に結婚し、2年後の2009年母となった。そして、依然として現役ファイターとして」旺盛に活動している。
    【韓国人「最近日本人女性と結婚する人が増えている‥」日本の格闘家“尻無聡子”が「韓国人の夫と韓国の血が流れる息子の為に頑張りたい」と語る 韓国ニュース】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    (聯合ニュース)2015年から恐ろしい上昇の勢いを見せたチェ・ミンチョン(19・城南市役所)に対し、開催国日本の「小細工」は無駄なことだった。

    1

    チェ・ミンチョンは20日、日本の北海道札幌真駒内アイスリンクで開かれた2017札幌冬季アジア大会初日、女子1,500m決勝で2分29秒416後に1位で決勝ラインを通過した。

    2015年から頭角を現したチェ・ミンチョンは、韓国女子ショートトラック代表チームの看板である沈錫希(20・韓国体育大学)を2位(2分29秒569)に引き降ろして熱い勢いを誇った。

    日本の横暴と術数にも揺れずに獲得した金メダルで、さらに痛快だった。
    【韓国人「日本の卑劣で卑怯な小細工を克服して韓国人選手が金メダル!北海道冬季アジア大会ショートトラックで、韓国人選手は廊下で練習をさせられた‥」 韓国ニュース】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    1966年にソウルで行われた、日本と韓国のホッケーの試合と言われている画像ですが、実際にどこのチームと対戦しているのはか不明です。現在の様に室内のスケート場で年間を通してウインタースポーツが楽しめる時代とは異なり、50年前は、池や川が凍結した天然のスケートリンクでこの様なウインタースポーツが行われていました。

    1

    【ロシア人「1966年にソウルで行われた日本VS韓国のホッケーの試合の様子をご覧ください」 海外の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    [OSEN]クォン・アソルが、口ではなく、自分の実力で「独島は我が領土」であることを証明した。

    王者クォン・アソルは10日、ソウル奨忠(チャンチュン)体育館で開かれた小米ロードFC 035ライト級チャンピオン防衛2次戦で佐々木信治(日本)に1ラウンドKO勝ちを収めた。 同日の勝利でクォン・アソルは2度目の防衛に成功した。

    1

    私は日70.5kgで軽量を通過したグォンアソルは強力な話術を披露した。 簡単に予想できない話をしながら戦いの雰囲気を引き上げた。クォン・アソルは軽量を終えた後、「年末にメインイベントを務めることになって光栄だ。 良い試合を繰り広げる。試合に臨む前、慎二に尋ねたいことがある。独島は誰の土地か? この質問は、独島が大韓民国の領土という点を知らせるために行うものだ」と話した。

    【韓国人「独島は誰の土地か?」→日本人「調べていません‥」翌日「オラオラオラオラ~ロードFC日韓戦でクォン・アソル選手が1ラウンドKO勝ち!」 韓国ニュース】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    (ベストイレブン)日本出身の佐藤隆治主審がアジアサッカーファンの関心を一つに受けている。彼が大韓民国代表と、イランサッカー国家代表チームの対決を進める。

    1

    AFC(アジアサッカー連盟)は、11日夜11時45分(現地時間)テヘランのアザディ・スタジアムで予定された2018、ロシア大会アジア最終予選組4ラウンドで行われる韓国とイランの対決を佐藤主審が行うと明らかにした。

    佐藤主審は今年38歳で日本の愛知県一宮市で生まれた。この2009年からFIFA(国際サッカー連盟)国際審判として活躍しており、2004年日本サッカー協会(JFA)が設立した審判養成機関である「審判大学」を通じてサッカーの審判の道に入門した。2013シーズン、日本J1リーグ11ラウンド浦和レッドダイヤモンズ-鹿島アントラーズ戦で浦和のフォワード興梠慎三の明白なオフサイドのゴールを得点と認め、論争をもたらしたが、それ以外には特に問題になる判定を下していなかった。


    【韓国人「日本人は恩返しをしますよね?サッカーワールドカップ予選韓国VSイラン戦で、日本人の佐藤隆治さんが主審に決定!】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング