世界の憂鬱 海外・韓国の反応

  • Twitter
  • RSS
> 戦闘機・航空機

    戦闘機・航空機

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

     海外の反応 韓国



    韓国とインドネシアが共同研究を開発する次期戦闘機事業であるKF-X・IF-X事業が再速度を出すとみられる。

    鄭経斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は6日、国防部で韓国を訪れたインドネシアの主要人物に会い、KF-X・IF-X事業など両国の国防・防衛産業協力案などについて話し合ったと明らかにした。

    1

    KF-X・IF-X国際共同開発事業は、韓国型戦闘機をインドネシアと共同で研究開発するもので、両国は2025年6月までにKF-X共同開発を完了することにした。

    インドネシアは事業費の20%である約1兆7000億ウォンを投資することを決めて事業に参加したが、17年と18年に約3300億ウォンの投資費を納めなかったため、事業撤退の疑惑が提起されていた。

    インドネシアは昨年末、未納金3300億ウォンのうち1320億ウォンを納付し、事業の意志を明らかにした。依然として昨年分の1980億ウォンが未納状態だが、KF-X開発に150人余りのインドネシア技術陣が参加することを決め、事業の意志を明らかにした。

    【韓国人「韓国型戦闘機KF-Xをインドネシアと共同開発へ!両国は2025年6月までにKF-X共同開発を完了する計画」 韓国反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

     海外の反応 韓国


    27日午後、「群山(クンサン)基地から離陸したKF-16D航空機1機が、西海上空で任務遂行中に海上に墜落した」と空軍が明らかにした。パイロット2人は非常脱出した。

    1

    空軍によると、航空機は離陸してから13分が経過した12時13分に墜落した。

    その後、空軍第6探索救助飛行戦隊が出動し、任務操縦士に対する救助作戦を行ない、現在、任務操縦士2人を救助して帰還している。彼らの健康状態は良好であることが確認されたと軍は伝えた。

    事故の原因はまだ明らかになっていないが、パイロットは「イジェクション(ejection)」による脱却を試みたことから、機体の欠陥の可能性が提起されている。

    空軍は、空軍参謀次長を本部長とする「飛行事故対策本部」を構成し、正確な事故の経緯を調査中だ。

    【[速報]韓国空軍のKF16が戦闘機1機が西海に墜落!パイロットは無事救助 韓国反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

     海外の反応 韓国


    日本で訓練中だった戦闘機が海上に墜落する事故が発生した。20日午前9時20分頃、日本の航空自衛隊所属のF2戦闘機が山口県付近の海上を飛行中にレーダーから消え連絡が途絶えた。

    1

    海上自衛隊は、近くの海域にヘリコプター救助チームを急派し、海上に浮かんでいた操縦士2人を無事救い出した。戦闘機は海上に墜落した状態だった。

    当該戦闘機は福岡県築城基地所属で、他の戦闘機2機とともに編隊訓練中だった。海上自衛隊は同日、事故が訓練中に機器の欠陥で海上に墜落したものと見て、正確な事故の経緯を調べている。

    【[何故墜落?]韓国人「日本の航空自衛隊F2戦闘機が訓練中に墜落!」 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

     海外の反応 韓国


    日本の海上自衛隊に配置されたP1哨戒機の尾翼側の部品が飛行中に落ちたと、東京新聞が8日付で報じた。

    1

    海上自衛隊第4航空軍司令部は、神奈川県厚木基地に配属されたP1哨戒機1機が、飛行中に垂直尾翼の部品4点を失ったと発表した。

    このため、海上自衛隊は、事故原因が究明されるまで、すべてのP1哨戒機の飛行を中断することを決めた。

    紛失部品はすべて金属製で、一番大きいものは縦10センチ、長さ27センチ、重さ60グラムだという。



    【韓国人「P1哨戒機の部品を飛行中に紛失!」レーダー照射事件で問題に成った同一機のP1哨戒機の翼部品を紛失し、飛行中断へ‥ 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

     海外の反応 


    <アンカー>
    韓国型戦闘機KF-X事業は、現在主力F-15を凌駕する中型戦闘機を自力で開発しようという史上最大の国産兵器開発事業です。 ここに取入されたお金が8兆5千億ウォンです。そのうち20%、約1兆7千億ウォンはインドネシアが負担し、共同開発することにしましたが、インドネシアがフランス戦闘機の方に事実上変えた事が、我々の取材結果確認されました。防衛事業庁はこれを隠した為、問題をもっと大きくしたという指摘が出ます。

    関連投稿
    1

    <記者>
    インドネシアは、1次分452億ウォンを出した後、昨年末から分担金を一銭も送らず、SBSの取材結果、フランスのラファールを基盤に独自の戦闘機開発事業に入ったことが確認された

    インドネシアは、ラファール基盤でインドネシアが現地で量産する、KF-Xはもう諦め、全てを止める事に決まった。

    【【無慈悲】韓国人「インドネシアが韓国型戦闘機を事実上放棄し、フランス製に浮気‥」 韓国の反応】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング