世界の憂鬱

  • Twitter
  • RSS
    トップページ > 艦船・潜水艦

    艦船・潜水艦

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    [三星SDIのリチウムイオンバッテリーが、韓国が初めて独自開発した3000t級潜水艦「張保皐(チャン・ボゴ)Ⅲ」に適用される。国産リチウムイオンバッテリーを潜水艦に使用することも、今回が初めてだ。

    3000t級潜水艦張保皐(チャン・ボゴ)Ⅲ

    防衛事業庁は23日張保皐(チャン・ボゴ)Ⅲ潜水艦に対する詳細設計検討会議を開き、リチウムイオンバッテリーを利用した試作品製作を行うにした。これによって2025年から3年間でリチウムイオンバッテリー潜水艦3隻が建造される計画だ。

    リチウムイオンバッテリーは潜水艦で、これまで使用されてきた鉛蓄電池に代わって、エネルギー貯蔵装置(ESS)の役割を果たすことになる。エンジンを通じて生産された電気を貯蔵し、潜水艦が動く際に電力を供給する。
    【韓国「国産3000t級潜水艦、張保皐(チャン・ボゴ)Ⅲに三星SDIのバッテリー採用を決定」 韓国反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    国防部が国内技術で原子力推進潜水艦を開発するための研究に入った。政府は今まで原潜の建造に明確な立場を提示しなかったが、研究作業に着手したことで、原潜の建造可能性が高まっているものと見られる。

    1

    14日、軍関係者は来る2017年国防予算に国産原子力潜水艦の開発に向けた研究用役費で1億ウォンが策定された」と明らかにした。政府は、国産原子力潜水艦開発に拍車をかけたのは、海軍の要請を受け入れたものと、今年、北朝鮮が潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)試験発射に成功したことによる危機感が反映されたのだ。

    原潜開発は2004年原潜原子炉の基本設計を終えて、原子力安全委員会に中小型原子炉標準設計である(SDA)を控えた状態で突然中断された。

    【韓国人「日本を核ミサイルの射程に入れなければ‥韓国が国産原子力潜水艦の開発を来年から始動!3000トン級原潜建造計画へ」 韓国ニュース】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    (聯合ニュース)中国が初の国産航空母艦の船体組み立てを完了したと明らかにした。

    中国国防部報道官は27日、国防部の月例のブリーフィングで、遼寧省大連に建造中の初の国産航空母艦の設計作業と船体組み立てを完了したと明らかにしたと、サウス・チャイナ・モーニングポスト(SCMP)と中国官営新華社通信などが28日報道した。

    1

    禹報道担当は現在、空母に装備と設備を設置していると述べ、作業が計画通り進められていると話した。

    先立って、中国国防部は昨年末、独自の技術で排水量5万t級の空母を大連で建造しているという事実を初めて公開した。


    【韓国人「中国が初の国産航空母艦船体組み立てを完了!数年後に実践配備か」 韓国ニュース】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    (連合ニュース)フランスが日本を抜いて4兆4000億円規模のオーストラリアの次世代潜水艦事業に入札し、蜜月関係を示してきたオーストラリアと日本の関係に打撃が避けられなくなった。

    1

    豪州は今回の受注戦に参加したフランスやドイツとは比較できないほど、日本とは安保や経済など多方面にわたって緊密な協力関係を結んできた。

    最近、南シナ海で行う中国の海洋進出の野心は両国の懸念を強め、米国を含めた3国の結束をさらに強化していたのだった。 

    特にトニー・アボット元オーストラリア首相は、在任時代、今回の潜水艦事業を事実上、日本に渡したのと同じ動きを見せてきた点で、昨年9月突然オーストラリア首相が交代されたというが、今回の結果は日本に衝撃的だ。 
     
    【韓国人「日本人は鯨を食うな」オーストラリアの次世代潜水艦事業入札で、日本が最下位で排除される‥日豪関係に打撃 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    米国の軍事専門メディアが李舜臣(イ・スンシン)将軍の亀甲船を世界海軍歴史上7大のブランドの軍艦の一つに挙げた。

    米軍事専門誌USNIニュースが紹介した亀甲船の戦闘の想像図

    1
     
    9日(現地時間)、米国海軍研究所(USNI)が運営するUSNIニュースは最近、軍関係者と軍事専門家、一般の読者など2万6000人余りを対象に実施したアンケート調査で、このような結果が出たと報道した。

    1500年代末に活躍した朝鮮の亀甲船が米国、英国などの近・現代現代の軍艦と肩を並べてしたのだ。

    亀甲船についてUSNIニュースは「突き出たカバーで船体を覆って亀の甲羅と似た模様だった」、「(敵軍の船内)の侵入が事実上不可能だっただけでなく、速度が速く、機動性も良かった」と説明した。
    【【亀甲船】韓国人「米軍事専門メディアが“亀甲船”を世界海軍史上7大のブランドの軍艦の一つに選ぶ!当時の日本の船は弱く、亀甲船が触れただけでも沈没」】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング