世界の憂鬱 海外・韓国の反応

  • Twitter
  • RSS
> 銃・機関銃

    銃・機関銃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

     海外の反応 


    (動画の概要)

    日本では全く殆ど銃は存在していません。大都会東京であっても本物の銃を撃てる場所はありません、この銃も本物に見えますが、私の後ろの射撃音から分かる通り、これはエアガンです。

    関連投稿:
    世界各国の自動小銃画像を見ていこう
    韓国人「600年前朝鮮は世界最高級の火薬兵器を所持していた」機関銃にロケットランチャーまで‥世宗の驚くべき火薬兵器をご覧ください
    【旧日本軍も採用した伝説的名機】 第一次世界大戦で活躍した”ルイス軽機関銃”の画像をご覧下さい

    エアガンを射撃するイケメン

    では、もし日本人が本物の銃を買いたいと思った時、何処でどの様に買う事が出来るのでしょうか?我々は日本で1800年代から銃を販売している店を訪れました。しかしここで売られているのは、ライフルやショットガンだけで、拳銃は売られて居ません。何故なら拳銃は違法だからです。

    【海外「日本でショットガンが買える?」CNNが日本での銃の買い方をレポート 海外の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

     海外の反応 


    アメリカの軍事エキスパートが、戦時中に日本軍が使っていた38式歩兵銃から始まり、九九式小銃、96式軽機関銃、八九式重擲弾筒まで日本の武器を実際に使用し、性能や実用性を解説する当時の日本軍がどの様な武器を使っていたのか知る事の出来る興味深い動画です。動画のコメント欄には、何故か韓国や中国の方からのコメントが多く、日本の戦争責任に反省を求める声が寄せられて居ました。(※動画は日本語)

    関連投稿:
    韓国人「米軍も恐れた日本軍の残忍な蛮行を世界に‥韓国人とイギリス人が団結し慰安婦問題を再現するパフォーマンスがロンドン中心部で行われる」 韓国ニュース
    元慰安婦「日本兵は反抗をすると赤ちゃんを殺すと脅した‥」日本軍の悲惨で残酷な蛮行を描いた短編アニメが公開される 韓国反応

    38式歩兵銃

    【海外「これが日本軍の武器か‥」米国人が第二次世界大戦中の日本軍の銃器を実際に使用し解説する 海外の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    <アンカー>

    韓国軍の主力小銃、k2小銃を代替するために開発された、新型基本兵火器であるk2C1小銃です。k2小銃が導入され30年を越えて、これからは新たな銃が必要だという判断から開発されましたが、どういうことか、普及開始2ヵ月で供給が中断されました。

    1

    その理由が荒唐無稽なのです。銃を100発撃つと、あまりにも熱くなって取り扱いが出来ないという不満が続出したからです。

    <記者>

    長さ調節とストックの取り外し機能が追加されたk2C1新型小銃は、今年7月、前方部隊にまず、一万丁程度が支給されました


    【韓国人「韓国軍が新型自動小銃の開発に失敗!100発撃つと銃身が熱くなり触れなくなる」 韓国ニュース】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    韓国の掲示板で「世宗の火薬兵器」というスレッドが話題に成って居たので紹介します。1400年代、李氏朝鮮の第4代国王世宗の時代には、既に機関銃やロケットランチャー・RPGまで実用化されていたのです。

    1
    3
    【韓国人「600年前朝鮮は世界最高級の火薬兵器を所持していた」機関銃にロケットランチャーまで‥世宗の驚くべき火薬兵器をご覧ください】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    これ等画像集は、世界の有名なハンドガンやライフル、機関銃のミニチュア画像集です。ミニチュアとは言え本物に忠実な精巧さと質感があります。そしてそれだけではありません、一見ミニチュアのフェイクガンに見えますが、これらミニチュアガンは実弾を発射する事も、本物同様フルオートで実弾を発射する事も可能なのです。これらミニチュアガンが実際に実弾を発射している様子は動画で紹介されています。


    1
    1

    【ロシア人「実弾も撃てるミニチュアガンや、機関銃の画像をご覧下さい」 【画像・動画】】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング