世界の憂鬱 海外・韓国の反応

  • Twitter
  • RSS
> ロケット・ミサイル

    ロケット・ミサイル

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

     海外の反応 


    KAIST航空宇宙工学科のクォン・セジン教授研究チームが4日、KAIST人工衛星研究所と共同で開発した小型科学ロケット「ウリセ-2号」の打ち上げをセマングム干拓地で行ったと発表した。

    ウリセ-2号

    これに先立って先月28日に行われた1回目の打ち上げに続く2度目の打ち上げで、前回に続き技術力を改めて立証した。

    小型科学ロケット「ウリセ2号」は長さ2.2メートル、直径0.2メートル、重さ20キロで高濃度過酸化水素を酸化剤として使うハイブリッドロケットを推進機関として使う。打ち上げ時、エンジンが10秒間作動した後、20秒あまりの間慣性飛行を行い、最大高度3キロまで到達した後パラシュートを使って地上から回収するように設計された。

    【韓国人「韓国がロケット発射実験に成功!KAIST航空宇宙工学科研究チームが小型科学ロケット「ウリセ2号」の打ち上げ成功 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

     海外の反応 


    韓国科学技術院(KAIST)は28日午前、全羅北道のセマングム干拓地で小型科学ロケット「ウリセ2号」を試験的に打ち上げると26日発表した。

    「ウリセ2号」は、KAIST航空宇宙工学科のクォン·セジン教授研究チームがKAIST人工衛星研究所とともに開発した。

    ウリセ2号

    長さ2.2メートル,直径0.2メートル,重さ20キロの規模だ。 固体燃料と高濃度液体過酸化水素を酸化剤に使うハイブリッドロケット(推力100キロ)を推進機関としてつけた。

    打ち上げ時,エンジンが10秒間作動した後,20秒あまりの間,慣性飛行を行い,最大高度3キロに到達できる。 今回の打ち上げでは,空域使用の許可を受けた1キロ上空まで飛んだ後,パラシュートで落下し,地上から回収するよう設計された。

    今回の日程は昨年7月、全羅南道高興(チョルラナムド·コフン)の航空センターから打ち上げようとしたが、飛行空域使用の承認を受けることができずキャンセルとなった打ち上げの後続措置だ。

    【韓国人「韓国科学技術院が小型科学ロケット“ウリセ2号”を試験打ち上げへ」 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

     海外の反応 


    日本防衛省が沖縄県、尖閣諸島等に対する防衛能力の強化に向けて、超音速滑空弾開発を急いで2026年に実用化することにしたと、時事通信が24日伝えた。

    1

    この超音速滑空弾はロケットモーターで推進され、高度が数十キロに達した時に弾頭が分離されて超音速で地上の目標を打撃する。

    スピードが速く、敵から簡単に迎撃されないというのが長所だ。 発射装置は移動式を採択するものとみた。

    陸上自衛隊はこの超音速滑空弾を日本本島から離れた離島が敵に占領された場合、これを奪還するための主要戦力にするという方針だ。

    【韓国人「日本が離島防衛の名目で“超音速滑空弾”の開発を繰り上げる‥周辺国の反発の可能性も」韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

     海外の反応 


    約1ヶ月後に、韓国型ロケットに搭載されている75トンの液体エンジン1基構成されたエンジンの試験発射が行われる。 3回の挑戦の末、2013年1月30日打ち上げに成功した「羅老」以降、国内での宇宙ロケットが発射されるのは5年9ヶ月ぶりだ。

    1

    2010年3月から2021年3月までに合計3段階事業に着手された「韓国型ロケット開発事業」の重要な関門であり、最初の試験舞台だ。

    韓国型ロケットと試験ロケットは、他の概念であり、2021年に打ち上げ予定の韓国型ロケットは3段ロケットで1段は75トン級の液体エンジン4基を縛っ300トン級のエンジンを構成し、2段目は75トン級の液体エンジン1基、3段は7トン級の液体エンジン1基で構成されている。高度600~800kmの太陽同期軌道に重量1.5トンの実用衛星を上げておくのが目標だ。

    【韓国人「来月韓国型ロケットの発射実験へ!一方で発射実験の意味についての懸念が高まる」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

     海外の反応 


    韓国型ロケットである「ヌリ号」のエンジンの飛行検証のための試験ロケット発射が来月25日に確定した。

    科学技術情報通信部は16日、「外部の専門家を中心に構成された「韓国型ロケット開発事業推進委員会」でヌリ号試験ロケットの技術的な発射準備状況と最適の発射条件などを総合的に検討した結果、来る10月25日と31日の間、午後3~7時に発射を推進することを決定した」と明らかにした。

    1

    科学技術情報通信部は、「最終的な打ち上げ日打ち上げ時刻は、今後の気象状況などを考慮して発射予定日に迫って決定する計画である。準備に問題がない場合は、10月25日に打ち上げ予定」と付け加えた。科学技術情報通信部は、気候状況の変化等に応じたスケジュールの変更などを考慮した発射準備日26~31日を設定した。打ち上げ日程など近い将来、関係国と国際機関に通達される予定である。

    【海外「これで韓国も宇宙大国に‥」韓国初の韓国型ロケット「ヌリ号」が10月25日に発射へ!】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング