世界の憂鬱 海外・韓国の反応

  • Twitter
  • RSS
> ロケット・ミサイル

    ロケット・ミサイル

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

     韓国の反応 


    [アンカー]

    羅老号発射後、独自に開発した韓国型ロケットの初の試験発射が、今年10月に予定されています。

    設計から製作まですべて韓国技術で作られた試験ロケットの姿、KBSが単独で伝えます。

    1

    [レポート]

    エンジンを装着したロケット、下部が動いて、本体と組み立てが行われます。

    【[韓国」姿を現わした韓国型ロケット、設計・製作全て韓国の独自の技術!今年10月にテスト発射予定 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

     韓国の反応 


    -下半期に韓国型ロケット適用75トン級液体エンジン性能検証
    -性能高めた気象衛星、千里眼2A号発射、月探査は2020年推進

    [ヘラルド経済]最近、米国が有人月探査計画を発表し、2018年に宇宙探査競争の序幕を知らせた。 米国の月計画には日本と欧州をはじめ、ロシアも参加することが分かった。それだけでなく、中国やインドなど宇宙強国も独自の宇宙任務遂行能力をさらに拡大強化している。

    関連投稿:
    韓国人「来年宇宙に行く」韓国型ロケットエンジンの開発を完成!来年10月の打ち上げを目指す! 韓国経済ニュース
    韓国人「日本が宇宙から韓国を監視?」日本が世界で最も低い軌道を周る 超低高度衛星「つばめ」 の発射に成功! 韓国の反応

    韓国型ロケット

    2018年には、このように宇宙進出に向けた世界の挑戦と協力がさらに加速化する見通しだ。 今年わが国は下半期に韓国型試験ロケットと天理眼衛星2A号の打ち上げを控えているため、関心が集中している。

    現在、羅老宇宙センターでは試験ロケット認証モデルが組み立てられている。 試験発射体は体系開発モデル、認証モデル、飛行モデルの順でそれぞれ1基ずつ計3基のモデルが開発されるが、現在、組み立て中の認証モデルはロケットの性能と機能、インタフェース、運用などの要求条件が設計通りに作動するのかどうかを地上で確認する機体だ。 実際に発射することになる試験発射体の飛行モデルと同一となっている。

    【今年韓国型試ロケットが発射予定!千里眼衛星が発射される!月探査は2020年推進  韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

     韓国の反応 


    (聯合ニュース)中国最初の実験用宇宙ステーション天宮1号が統制不能の状態になって、今年3月末に地球に墜落する危険があると米CNN放送が6日(現地時間)報道した。

    関連投稿:
    韓国人「日本が宇宙から韓国を監視?」日本が世界で最も低い軌道を周る 超低高度衛星「つばめ」 の発射に成功! 韓国の反応
    韓国人「中国の宇宙ステーションが韓国に落ちる可能性‥」中国の「天宮1号」がコントロール不能!年末に地上に落下か? 韓国の反応

    1

    重さ8.5t、長さ10.5mの天宮1号は2020年までに火星に探査船を送る宇宙超大国を夢見る中国の野心に満ちた計画によって2011年9月に打ち上げられた。

    宇宙飛行士が2013年に最後に使用したこの宇宙ステーションは2016年3月機能を止めた。 中国は同年5月に国連に理由を明らかにしないままこれを通報した。

    【韓国人「中国と日本は世界の迷惑国家」中国宇宙ステーションが3月に地球墜落へ 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

     韓国の反応 


    宇宙から北朝鮮ミサイル基地まで見るだろうか?日本が世界で最も低い軌道を周回する人工衛星を発射した。 衛星の高度が低いとも地上をもっとよく見られる。 日本政府は災難に備えた用と明らかにしたが、専門家らは、北朝鮮のミサイル基地の偵察にも十分に活用できると分析した。

    関連投稿:
    韓国人「日本が覗き見をしている‥」日本人はどうして韓国人も知らない韓国を知って居るのか?日本の韓国情報番組をご覧ください 韓国の反応

     超低高度衛星「つばめ」

    日本宇宙航空研究開発機構(JAXA)は先月23日午前10時26分、鹿児島県種子島宇宙センターにおいて、地球観測衛星'燕'をH2Aロケットに搭載して発射することに成功したと明らかにした。

    日本語で燕という意味の「つばめ」は超低高度衛星技術をテストするために開発された。 我が国が保有した多目的実用衛星アリラン衛星といった地球観測衛星は普通高度600~800キロで地球を回るが、燕はこれよりはるかに低い180~268キロの軌道を回る。 今まではヨーロッパ宇宙局(ESA)の固体(GOCE)衛星が2012~2013年の高度224キロの軌道を回ったのが超低高度記録だった。 つばめは最初に480キロの軌道に進入して、今後2年間、高度を180キロまで引き下げる計画だ。
    【韓国人「日本が宇宙から韓国を監視?」日本が世界で最も低い軌道を周る 超低高度衛星「つばめ」 の発射に成功! 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

     韓国の反応 韓国独自開発ロケットの収益効果が微々たるものに・・


    ◀アンカー▶

    韓国政府が独自の月探査に向けて次世代の新技術を開発していますが、数年間大規模な予算を投入したが、実際に開発した新技術による収益創出効果は期待に及ばないという指摘です。

    韓国の月探査ロボット

    ◀レポート▶

    ロケットエンジン噴射口から激しい炎が放たれます。

    政府が2022年を目標に推進中の独自の「月探査」計画のために開発しているいわゆる「韓国型ロケット」です。

    【韓国人「韓国が独自開発した月探査ロケット開発が危機!新技術の収益効果が期待に及ばず‥」 韓国反応】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング