世界の憂鬱 海外・韓国の反応

  • Twitter
  • RSS
> 車

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国



    1



    自動車メーカーの継続的な電気自動車開発にもかかわらず、電気自動車の需要が日々減少している。 最近、米国自動車協会(AAA)のアンケート調査の結果は、この状況をより赤裸々に示している。

    海外「泣きまくった!」日本のヒーローを描いたハリウッド映画に感動の声が殺到中

    調査によると、回答者のわずか18%だけが新しい電気自動車や中古電気自動車を購入する可能性が「非常に高い」または「高い」と答えた。 これは前年度対比5%P減少した数値だ。

    さらに深刻なのは、回答者の63%が次の車として電気自動車を購入する可能性が「低い」または「非常に低い」と回答した点である。 この数値は1年ぶりに10%P増加した。

    このような結果は、自動車メーカーに警戒心を呼び起こしかねない。 また、「購入の可能性も低く、購入不可能性も低い」と答えた中立的な回答者の割合が2023年の24%から今年は19%に減少したことから、消費者は電気自動車に対する立場を確実にしたという意味にも解釈される。 言い換えれば、消費者は電気自動車の購入について明らかに「否定的」だということだ。

    消費者が電気自動車の購入をためらう理由は、費用、走行距離の不安、充電インフラの不足など、従来の問題のためだ。 AAA自動車研究所のディレクターであるグレッグ·ブランノン(Greg Brannon)は「電気自動車を望んだ初期の収容者はすでに電気自動車を保有している。 電気自動車をまだ選択していない残りの人々は、実用性、費用、利便性、所有経験などを考慮しており、このような要因が電気自動車への転換をためらう大きな障壁として作用している」と述べた。

    一方、消費者は電気自動車に比べてハイブリッド車に対してよりオープンであることが分かった。 31%の回答者がハイブリッド車を購入する可能性が「非常に高い」または「高い」と答えた。

    自動車メーカーもこのような変化を感知したようだ。 多くのメーカーが今、ハイブリッド車とプラグインハイブリッド車の開発に集中している。 これは一時、このような車両を「過渡期」または「一部分」とし、大したことないように見ていた過去とは大きく変わった変化だ。

    引用元記事:https://x.gd/Lk651
    この記事へのコメントはこちらからお願いします。

    【韓国人「米国で電気自動車を購入しない消費者が急増中···一番大きな理由は?」 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国



    1


    現代自動車、超高速充電器事業「急ブレーキ」

    韓国人「悲報:韓国のガス田、将来性が無く海外企業も既に撤退済みだったことが発覚…」→「夢も希望もない…(ブルブル」

    現代自動車グループが超急速充電器「イーピット(E-pit)」の普及に急ブレーキをかけた。 単独入札で事実上受注が確定した高速道路超急速充電器事業を放棄したことが確認された。 事業提案書を提出してわずか数日で手を引き、背景について業界の関心が集まっている。

    9日、業界によると、韓国電気自動車充電サービスは最近、韓国道路公社に入札放棄の意思を伝えたことが分かった。 これは4日に行われた事業提案書プレゼンテーション(PT)評価を数日後に控えて行われた。

    韓国電気自動車充電サービスは、現代自動車グループが2021年に経営権を確保した電気自動車充電サービス業者である。 現代自動車グループは、同社を通じて超高速充電器を普及している。

    韓国電気自動車充電サービスは韓国道路公社が発注した「2024年電気自動車充電器設置·運営民間事業者公募」に参加した。 これは全国の高速道路のサービスエリア89カ所に200kW以上の急速充電器404基を構築する事業で、ソウル京畿道·大田忠南·全北·光州全南·昌寧密陽(1単位)、江原·忠北·大邱慶北·釜山慶南(2単位)に分けて推進された。

    韓国電気自動車充電サービスは2単位に単独入札した。 事業規模は46カ所、209基に上る。 現代車グループが来年までに構築すると明らかにした目標(500期)の41.8%に当たる規模だ。 これまで電気自動車の充電器普及事業を営んできたこと、大手企業の系列会社として資本力があることなどを考慮すると、無難な事業受注が予想された。

    しかし、韓国電気自動車充電サービスは、内部の電気自動車充電器の普及戦略に対する全般的な見直しが必要で、受注を諦めたという。 また、現代自動車·起亜自動車、韓国電気自動車充電サービス(運営)、現代エンジニアリング(インフラ構築)が協力してきたが、今回の電気自動車充電器事業の進行に協業問題も発生した。 現代自動車グループ側は、入札放棄の理由について立場を明らかにしなかった。

    業界では敷地使用料も負担として作用したと見ている。 事業者は、売上高に投札した使用料率を乗じた額を敷地使用料として納めなければならない。 一般的に20%台とされている。 今回の事業は投資規模が大きいだけでなく、電気自動車販売の鈍化、電気自動車充電器補助金の縮小などにより、高い敷地使用料が負担として作用したものと見られる。

    引用元記事:https://x.gd/IwgHv
    この記事へのコメントはこちらからお願いします。

    【韓国人「現代自動車、超高速充電器事業入札を放棄!」その理由がこちらです‥ブルブル 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国



    1


    スレ主

    日本車17%増加・・

    記事内容「今年1~5月の日本車登録台数も、前年同期比17.0%増の1万260台であることが分かった。 この期間、国内に登録された日本車が1万台を超えるのも2019年以降5年ぶりだ。」

    近海に海底油田があると言い張って掘削を計画中の韓国、オーストラリアの世界的企業に事業性なしと判断され逃げられる

    最近日本車、アサヒ生ビール、ユニクロなど日本ブランドの広告がすごく増えた。

    大韓民国の大統領が親日売国をするから、国に隠れていた親日派がぞろぞろ現れて活動しだす。

    引用元記事:https://x.gd/YbqaZ
    この記事へのコメントはこちらからお願いします。

    【韓国人「半日の韓国で日本車シェアが17%増加・・今年1~5月の日本車登録台数が1万260台に‥(ブルブル」→「最近日本車やユニクロの広告が増えた」 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国



    1


    現代自動車・起亜自動車、電気自動車とハイブリッドカーのグローバル販売台数ともに上位に

    今年第1四半期、現代自動車・起亜自動車の電気自動車とハイブリッドカーのグローバル販売台数が上位に入ったことが明らかになりました。

    韓国人「世界自動車販売ランキングでトヨタや日本車の強さが一発で分かる動画がこちらです‥」→「現代・起亜連合も‥(ブルブル」 韓国の反応

    2日、SK証券が引用した世界自動車市場専門調査機関マークラインズによると、現代自動車・起亜自動車は今年第1四半期に全世界でハイブリッドカーを17万5979台販売しました。

    1位はトヨタ(69万3343台)で、次いでルノー・日産アライアンス(20万2561台)、スズキ(18万1320台)、ホンダ(17万6267台)の4社の日本の主要自動車メーカーが続きました。現代自動車・起亜自動車は5位を記録しました。

    現代自動車・起亜自動車は電気自動車のグローバル販売台数でも上位に入りました。

    中国ブランドを除くと、現代自動車・起亜自動車は全世界で10万3970台の電気自動車を販売し、「トップ4」に入りました。

    1位はテスラ(25万5615台)で、フォルクスワーゲン(14万7293台)、ステランティス(13万2888台)が後に続きました。

    グローバル自動車メーカーの中で電気自動車とハイブリッドカーの販売台数が上位5位内に入ったメーカーは、現代自動車・起亜自動車が唯一です。

    ハイブリッドカーの販売上位圏にある日本の主要自動車メーカーは、電気自動車の競争力で相対的に評価が低いとされています。

    特に、現代自動車グループが米国ジョージア州に建設中の電気自動車専用工場HMGMAが今年第4四半期に完成すると、現代自動車・起亜自動車の電気自動車およびハイブリッドカーの競争力がさらに高まると期待されています。

    引用元記事:https://x.gd/1wcwv
    この記事へのコメントはこちらからお願いします。

    【韓国人「全世界でハイブリッドカー販売台数ランキングでトヨタが1位!スズキが3位‥」現代自動車は何位ですか? 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国



    1


    トヨタ、スーパー耐久レースで革新的な技術を披露

    トヨタが25日、韓国記者団に公開した「スーパー耐久レース」で特に注目を集めたのは、豊田章男会長がスターティングメンバーとして参加したGRカローラでした。GRカローラは、レースに参加した他の内燃機関ベースの車に対しても非常に優れた性能を示しました。

    海外「信じられない!」日本は東京中心でも暮らしやすいことに海外がびっくり仰天

    GRカローラには、昨年トヨタが使用した気体水素エンジンから進化した液化水素エンジンが初めて搭載されました。このエンジンは、比較的低圧のタンク使用が可能になり、燃料の搭載量が2.5倍に増加、走行距離も25%延びました。さらに「デュアルドライブ」の技術が追加され、耐久性が30%向上し、出力も12%増加しました。

    液化水素エンジンは、従来の内燃機関駆動方式で燃料だけを水素に置き換えたもので、既存の技術とインフラをそのまま活用できるのが長所です。このエンジンは、燃料電池を使って水素と酸素を反応させて発生した電気エネルギーでモーターを回す現代自動車の水素電気自動車とは異なります。トヨタは、内燃機関を最大限に活用したハイブリッド車で成功した戦略を水素自動車にも適用しようとしています。

    24時間レースで車の試験

    スーパー耐久レースは、トヨタの中核的なテストベッドの一つです。24時間の「高速マラソン」を通じて耐久性や燃費などの総合的な測定が行われ、極限環境での試験結果を量産車に反映させるのがトヨタの最終目標です。

    引用元記事:https://x.gd/CRHOT
    この記事へのコメントはこちらからお願いします。

    【韓国人「トヨタが液化水素車の革新的な技術を披露!」従来の内燃機関駆動方式をそのまま使用‥ブルブル 韓国の反応】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング