世界の憂鬱

  • Twitter
  • RSS
    トップページ > 車

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    【ニューシース】空想科学小説や映画の中で登場していた空飛ぶ自動車が、早期に現実化されるものとみられる。

    空飛ぶ自動車

    ドイツ・ミュンヘンにあるLilium社が今年4月、世界で初めて垂直離着陸型5人乗り電気自動車の飛行テストに成功したのに続き、今度はトヨタ自動車がジェット推進飛行自動車開発に投資している。

    日経アジアンレビューは14日、トヨタが「スカイドライブ(Skydrive)」という名の飛行自動車プロジェクトに初期資金として27万4000ドルを投資する計画だと報道した。 まだ試験モデル段階である同飛行自動車は、3つのエンジンが搭載されたドローンと似た形だ。 プロジェクトはカティベーター(Cartivator)という名前のクラウドファンドグループが率いており、トヨタ技術者の一部が自発的に参加している。



    【韓国人「韓国は?」空飛ぶ自動車開発競争が過熱!トヨタ自動車も加勢 韓国反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    ホンダの新しい高性能前輪駆動のハッチバック5世代シビックタイプR(FK8)がニュルブルクリンクで前輪駆動のベストラップタイムを記録した。

    シビックタイプR

    新型シビックタイプRのラップタイムは7分43秒8.これはポルシェの高性能ミッドシップ・クーペケイマンGT4街記録した7分42秒に迫る記録だ。 パガーニ・ゾンダSやメルセデス・ベンツSLS AMG(7分44秒)のようなスーパーカーより速い記録を作成した。

    【【動画あり】韓国「ホンダ・シビックタイプRが、ニュルブルクリンクの新記録を樹立!」 韓国反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    ヤン・ウンチョル現代(ヒョンデ)自動車グループ副会長が現代・起亜車電気車技術力がテスラ、ゼネラル・モーターズ(GM)よりも進んでいると自負した。 アイオニク・エレクトリックが米国、欧州で燃料効率性が最も優れた車両で選定されただけに、今年国内市場で正面勝負でも勝利を予想した。

    アイオニク・エレクトリック

    ヤン・ウンチョル現代車副会長は17日、済州道西帰浦ヨミジ植物園で開かれた「2017国際電気自動車エキスポ(2017 iEVE)」で電子新聞と会って「テスラ、ボルトなど他の電気車は走行距離だけを強調するが、電気自動車は運行で効率性がより重要だ」、「現代・起亜車は、ライバル会社より電気車技術力でリードしている」と話した。
    【韓国:現代自動車副社長「現代自動車は、テスラより電気自動車技術力が優れている」アイオニク・エレクトリックが欧米で燃料効率性が最も優れた車両に選定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    現代自動車が購入したが、一週間で車体不良が起こり、パワートレイン(動力系統)異常が生じた新型「グレンジャーIG」を新車へと交換を認められた。

    1

    現代車が新車に対する不良を認め、部品交換がない車両自体の交換に応じたのは今回が初めてだ。

    現代車は今月初め、出庫したグレンジャーIG 2.4プレミアムスペシャル車両にファンベルト(Fan belt)の不良でエンジンに異常が発生し、新車へと交換した事を24日明らかにした。

    車体交換は稀で、部品交換、無償修理、サービスパッケージの提供などで合意するものがほとんどである。
    【韓国人「現代自動車グレンジャーIGに車体不良‥納車一週間でエンジン劣化、オイル漏、チューブ類劣化などでエンジンルーム全体に異常が発生し、史上初の新車交換に応じる」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    現代自動車が開発したガソリン直噴(GDI)エンジンの耐久性の欠陥が水面上に上った。2010年GDIエンジンの開発以降、初めて適用した準中型セダンアバンテMDでエンジンオイル減少をはじめとするエンジンの騒音現象が続出しているためだ。GDIエンジンはシリンダー内に燃料を直接噴射して燃焼させる方式を借用して出力と燃費を引き上げたエンジンだ。

    1

    特に鉄を打つ音を伴ったエンジンオイルの減少が走行10万キロを超えた車両を中心に発生しており、GDIエンジンが持った構造的な耐久性限界が明らかになったという指摘が出ている。それでも現代車は、一部車両での問題として認識したままの原因究明にも乗り出していない、現代車がエンジンの欠陥を故意に回避しているという批判が強い。

    11日時事ジャーナルeが過ぎた一年間、自動車欠陥申告センターに受け付けられた4732件の苦情の件を分析した結果によると、アバンテMDエンジンオイル減少の欠陥申告は昨年9月以降急増していることが分かった。 昨年8月2件を皮切りに9月1件にとどまったエンジンオイル減少の欠陥申告は10月から12月まで3ヵ月間10件に増えた。
    【韓国人「現代自動車GDIエンジンに欠落!アバンテGDIエンジンから騒音とエンジンオイル減少問題が発生」 韓国経済ニュース】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング