世界の憂鬱

  • Twitter
  • RSS
    トップページ > 車

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    現代自動車が購入したが、一週間で車体不良が起こり、パワートレイン(動力系統)異常が生じた新型「グレンジャーIG」を新車へと交換を認められた。

    1

    現代車が新車に対する不良を認め、部品交換がない車両自体の交換に応じたのは今回が初めてだ。

    現代車は今月初め、出庫したグレンジャーIG 2.4プレミアムスペシャル車両にファンベルト(Fan belt)の不良でエンジンに異常が発生し、新車へと交換した事を24日明らかにした。

    車体交換は稀で、部品交換、無償修理、サービスパッケージの提供などで合意するものがほとんどである。
    【韓国人「現代自動車グレンジャーIGに車体不良‥納車一週間でエンジン劣化、オイル漏、チューブ類劣化などでエンジンルーム全体に異常が発生し、史上初の新車交換に応じる」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    現代自動車が開発したガソリン直噴(GDI)エンジンの耐久性の欠陥が水面上に上った。2010年GDIエンジンの開発以降、初めて適用した準中型セダンアバンテMDでエンジンオイル減少をはじめとするエンジンの騒音現象が続出しているためだ。GDIエンジンはシリンダー内に燃料を直接噴射して燃焼させる方式を借用して出力と燃費を引き上げたエンジンだ。

    1

    特に鉄を打つ音を伴ったエンジンオイルの減少が走行10万キロを超えた車両を中心に発生しており、GDIエンジンが持った構造的な耐久性限界が明らかになったという指摘が出ている。それでも現代車は、一部車両での問題として認識したままの原因究明にも乗り出していない、現代車がエンジンの欠陥を故意に回避しているという批判が強い。

    11日時事ジャーナルeが過ぎた一年間、自動車欠陥申告センターに受け付けられた4732件の苦情の件を分析した結果によると、アバンテMDエンジンオイル減少の欠陥申告は昨年9月以降急増していることが分かった。 昨年8月2件を皮切りに9月1件にとどまったエンジンオイル減少の欠陥申告は10月から12月まで3ヵ月間10件に増えた。
    【韓国人「現代自動車GDIエンジンに欠落!アバンテGDIエンジンから騒音とエンジンオイル減少問題が発生」 韓国経済ニュース】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    (聯合ニュース)起亜自動車の新型クロスオーバー(CUV)2017年型・ニーロ(Niro)が、米国市場で発売された全車種の中で最も高い燃費を記録し、国際ギネスブックに登載された。

    1

    15日(以下現地時間)、起亜自動車、米国販売法人(KMA)によると、ニーロは今月4日、ロサンゼルス(LA)市を出発して11日にニューヨーク市役所に到着した。

    8日間の3714.5マイル(約5977.9㎞)を走行するのに消費されたガソリンはわずか48.5ガロン(183.6ℓ)。平均燃費記録は76.6マイル(123.3㎞)である。

    特にギネスブック燃費記録を達成したニーロは、部品一つ改造していない市販モデルと同じ車両であったとKMA側は伝えた。
    【韓国人「プリウスに勝利!キア・ニーロが燃費記録でギネスブックに登録される」 韓国ニュース】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    スポーツカー愛好家のジェームズさんが、自分の愛車である改造済み(1000馬力)の日産GTRに娘を乗せました。このまだ半分赤ちゃんである娘さんは、お父さんと一緒にスポーツカーで猛スピードでドライブするのが大好きです。そこで、女の子はお母さんに内緒にするという約束で、お父さんに猛スピードで走る事をお願いしました。しかし、家に帰ってドアを開けると、直ぐにお母さんに全てを話したそうです

    1
    1

    【ロシア人「日産GTRに白人美少女を乗せた結果‥」 海外の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    今年に入って韓国輸入車市場で日本ブランドの躍進が目立っている。 日本のブランドは先月までに計2万4,783台を売り、前年同期比18.9%が増えた。同じ期間、米国ブランドの増加率が1.9%に止まってドイツ・ブランドは18.1%減少した。 このような日本ブランドの躍進はフォルクスワーゲンディーゼルゲートの影響による反射利益を享受したためでもあるが、品質とサービス競争力を着実に高めた結果だという分析だ。

    1

    25日、業界によると、自動車専門調査機関のコンシューマーインサイトが最近実施した「2016年の年次自動車の企画調査」で日本ブランド各社は販売サービス満足度、AS満足度、品質評価など、主要項目の指標が上昇し、上位を占めた。

    販売サービス満足度で日本ブランドは1,000点満点に791点を獲得し、欧州(769点)、米国(738点)ブランドをリードした。 日本ブランドの販売サービス満足度は昨年より20点がさらに上昇した。


    【韓国人「日本車が一番良いです‥」「韓国輸入車の満足度調査:レクサス1位・トヨタ2位・ベンツ3位に」 韓国経済ニュース】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング