世界の憂鬱 海外・韓国の反応

  • Twitter
  • RSS
> 犬

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    スレ主

    韓国の犬肉を批判したフィリピン俳優が書いた文章。

    「70%の犬国が韓国で消費されている」

    犬は駄目でも、豚肉は良いの?



    1
    【韓国人「フィリピン人が韓国を侮辱!」フィリピン人俳優が韓国の犬肉食を批判! 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    英国のある女性ラジオの司会者が、「過去、韓国旅行中に犬肉をチキンと勘違いして誤って食べてしまった」と発言し、論議を呼んでいる。これに対してネチズンは「犬の肉をフライで食べる料理はない」と主張した。


    1

    英国のメディア「ミラー」によると、BBC2ラジオの司会者サラ・コックス(46)は最近、あるポッドキャストに出演し、19歳の頃、モデルとして活動していた韓国を訪問することになったエピソードを伝えた。 「19歳の時、韓国でモデルを務めながら犬を食べた経験があった」とし「チキンのようにかごに入っていて、骨が見えるまで食べてから鶏肉ではないということが分かった。 (私が食べた部位は)ひじのようだった」と振り返った。

    「わざわざ犬を食べに韓国に行かなかった」と言った彼女は「ご存知の様にどこでも起こり得るミス」と付け加えた。 これは、外国人なら誰でも自分と同じミスをしたに違いないと釈明したのだ。
    【【悲報】韓国人「韓国を侮辱したイギリス女に『嘘』疑惑!」韓国には『犬肉フライ』という料理は無い→「英国は日本の様に二重性のある民族」 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    19日、英国日刊紙「ザ・ミラー」によると最近、サラ・コックス(46)はあるポッドキャスト放送に出演し「チキンだと思って誤って犬肉を食べた」と述べた。

    コックスは英国の代表的な動物保護団体で主催産の募金行事に参加したことがある。

    報道によると、コックスは19歳の時にモデル経歴を積むためにソウルを訪れ、この時フライドチキンだと思って食べた肉が「犬肉」だったという。


    1

    コックスは「私はわざと犬を食べに韓国に行かなかった」とし「小さな食べ物の事故だった。 フライドチキンのようなバスケットの中に入っていた。これはどこでも起こりうるミスだ」と述べた。

    コックスは続いて、「肉の肉の部分を切り取って骨の部分が見えた時、初めて犬の肉だと分かった」と言った。
    【【悲報】イギリス人女性が「韓国で犬フライを食べた」と発言し、韓国で炎上!英国女性「フライドチキンだと思ったら、犬肉の天ぷらでした」 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    44億円の最高価格で売れたドージNFT…19年前の韓国の「ケジュギ」は0円、なぜ?

    ドージコインは「ドージミーム」から出発した。ミーム(meme)はインターネットで多くの人が楽しみながら、その意味を共有する行為と文化を意味する。

    「ドージ・ミーム」を基盤としたNFT(Non-Fungible Token=代替不可トークン)技術が適用された作品が400万ドルで売れた。


    1

    米NBC放送は11日(現地時間)、オンライン競売サイト「ゾラ」で、この作品が仮想通貨のイーサリアム1696.9イーサ(約400万ドル)で落札されたと報道した。インターネットパロディー写真や映像創作物のミーム関連NFT販売額としては歴代最高記録だ。

    見かけはただ一般的な犬の写真に見える。 韓国にも、19年前の02年、同様の話題を呼んだ犬の写真がある。竹によじ登っている犬の写真は「ケジュギ」と呼ばれ、インターネットの遊び文化に多様に活用された。

    社会文化的には「ドージ」に劣らず人気を集め注目されたが、「ドージ」と違って経済的な価値はそれほど得られなかった。
    【韓国人「また韓国が日本に完全敗北‥」ドージコインの柴犬に「44億円」の価値!韓国の犬は「0円」‥何故なのか? 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    全羅北道井邑市(チョルラブクド・チョンウプシ)の動物保護センターが、捨て犬を周辺の犬農場に売ってきた情況が明らかになった。

    家を失った動物を救助し、保護しなければならない有機動物保護センターが、犬たちを犬殺しの農場に売ってきた情況が明らかになった。

    井邑七宝邑(チルボウプ)所在の「A動物病院」は、保護所に入所した犬を養子縁組または安楽死処理した後、食用犬農場に売り渡したことが分かった。市が支給する1頭当たりの支援金12万ウォンを貰う為、捨て犬に手を加えたという疑惑も提起された。


    1

    井邑市の委託保護所の実情は、入所動物の養子縁組を手伝った市民からの情報提供で明らかになった。 ビーグル救助ネットワーク(比丘協)のキム・セヒョン理事は27日、「24日、A動物病院がこれまで非公開で運営してきた保護所を井邑市担当公務員と一緒に訪問した。保護所の環境が他の犬農場より劣悪だった。 狭い檻1つに3、4匹の犬たちが過ごしていた。 水の器は腐って苔が生えており、ネズミが出ていた」と伝えた。

    キム・セヒョン理事はこれまで、井邑ペット団体の会員らと一緒に有機動物の公告を見て、動物の臨時保護や養子縁組などを推進してきた。自治体の動物保護所は、捨てられた動物が入所すれば保護者が動物を見つけられるよう農林畜産検疫本部動物保護管理システム(APMS)に7日以上公告を出すことになっている。 通常、保護所は10~15日ほど公告期限を設け、期限内に保護者が現われなければ保護所は一定期間保護を続けた後、新しいペットに養子縁組を送るか、安楽死を進める。
    【【極悪非道】韓国人「動物保護センターが犬を屠殺場に販売!」保護された捨て犬を犬屠殺農場に販売し犬肉にしていた事が判明! 韓国の反応】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング