世界の憂鬱

  • Twitter
  • RSS
    トップページ > 鉄道

    鉄道

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    タイとマレーシア政府が「両国の首都を接続する総延長約1500㎞の高速鉄道建設協議をいつでもすぐに開始する」と、日本経済新聞が6日報道した。東南アジア高速鉄道市場をめぐり、中国と日本の間の受注戦がより一層熱くなる展望だ。

    1


    両方の政府がクアラルンプールとバンコクを結ぶ高速鉄道の建設に合意すれば、マレー半島を縦断する大規模な高速鉄道が誕生することになる。先にマレーシアとシンガポール政府は、2026年までに、クアラルンプール~シンガポール間の総延長約350㎞の高速鉄道建設に合意した。
    【韓国人「日本と中国が東南アジア高速鉄道の「受注戦」激化!」 韓国経済ニュース】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    開通して2ヵ月の水西(スソ)高速鉄道(SRT)の客室振動が激しいという利用客の不満が続いている。 運営会社SRは安全問題はないとしながらも、乗客の不便には公式に謝罪した。

    2

    最近、SRT、客室内振動が激しい不安という搭乗客の苦情が相次いでいることが分かった。

    搭乗した人たちは動揺で、吐き気や乗り物酔いを感じたり、棚に上げておいた荷物が落ちそうになったという経験談を伝えている。同じ区間を通う途中にもSRTがKTXより振動が激しいという意見や安全性を疑う指摘が提起された。

    しかし、SRはまだ線路、衝撃吸収装置、車輪の密着力など様々な要因を置いて調査するだけで、正確な振動誘発原因はつかめなかった。

    運営会社のSRは安全には問題がないと説明しながらも乗り心地改善に向けて、列車の車輪の管理を強化することにした。
    【韓国人「韓国の高速鉄道SRTで激しい振動!吐き気、むかつき、船酔いを感じる利用客の不満が続出!運営会社SRが公式謝罪」 韓国ニュース】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    (ジディネッコリア)真空管の中トンネルを時速1000kmで走る夢の超高速列車、「ハイパーループ」を国内研究機関と大学が共同で開発する。

    1

    未来の交通手段として注目されているハイパーループ技術はすでに米国、カナダ、ヨーロッパ、中国などで本格的なシステム開発に突入しながら、世界各国が超高速未来交通手段を先取りするためにしのぎを削っている。

    ■真空管で音速で走る

    ハイパーループは、リニアモーターカーが真空に近いチューブトンネルの中で空気抵抗を無くし、時速1000km以上で走る未来交通手段である。


    【韓国人「韓国が時速1000Km、飛行機より早い列車を作る!」リニア式ハイパーループの研究に着手、将来は韓国・中国・ロシア-欧州を連結 韓国ニュース】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    韓国でも時速1000㎞の高速列車の技術開発が可能だろうか?

    韓国機械研究院が政府外郭研究機関・大学と手をつないで時速1000㎞の高速列車ハイパーループの開発に乗り出す。

    1

    機械研究院と建設技術研究院、交通研究院、電気研究院、電子通信研究院(ETRI)、鉄道技術研究院、蔚山科学技術院(UNIST)、漢陽大学など8つの機関は17日、鉄道研究でハイパーループ技術の開発のための研究協力協定を締結した。

    8つの機関は、今後3年間カプセル車両の推進や怪我の技術、チューブインフラ、運行制御などのハイパーループ運行に必要な核心技術を実験室レベルで検証するための研究開発に協力することにした。


    【韓国人「時速1000㎞の高速列車ハイパーループの開発に乗り出す!」韓国でも時速1000㎞の高速列車の技術開発が可能だろうか? 韓国ニュース】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    現在、ハイパーループ技術を先導するところは、スペースX、ハイパーループといった米国の民間企業だ。 韓国も今後9年内にこれを追い越して試験路線まで製造できる技術的基盤を備えていると国内機関は自信を示している。

    1

    チューブ型の低気圧のトンネルの中に超高速で空気を吹いてその力で乗客や貨物を乗せたカプセル形の車両を最高時速1,220キロまで加速させる方式だ。

    しかし、この方式は空気摩擦に勝たなければならないなど、莫大なエネルギーが消耗され、経済性に欠けるという点が国内外の専門家たちの評価だ。

    これによって代案として浮上するのがリニア方式だ。磁気浮上技術分野で、大韓民国は世界最高水準の技術と経験を持っている。機械研究院が28年前から磁気浮上列車技術を開発してトップクラスの技術を確保した状態だ。
    【韓国人「韓国のリニア方式ハイパーループ技術が世界最高水準に!9年以内に米国技術を韓国が追い越す見込み」 韓国ニュース】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング