世界の憂鬱 海外・韓国の反応

  • Twitter
  • RSS
    トップページ > 鉄道

    鉄道

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

     海外の反応 韓国美女!


    4年前に行われた渋谷駅-代官山駅間の「東横線 地下化切替工事」の様子を撮影した動画です。この工事には1200人の作業員が投入され、終電から始発電車が発車する早朝5時までの、たった4時間で作業を完了する為に、「直下地下・直上高架切替工法 STRUM」という技術が用いられ、海外で注目を受けました。

    1
    1

    【海外「日本人は世界で最も賢い人々だ!」たったの4時間で完了した「東横線地下化切替工事」の様子が凄すぎる! 海外の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    [ハンギョレ]京釜(キョンブ)高速鉄道2段階区間(東大邱~釜山(プサン))で、高速鉄道のスピードを時速300キロに引き上げた後、線路設備破損が急増したことが明らかになった。 しかし、国土交通部は手抜き工事疑惑が提起されることを懸念して減速計画を立てていないことが分かった。

    韓国高速鉄道

    18日、国会国土交通委員会所属の安豪榮(アン・ホヨン)議員(共に民主党)が入手した国土部の内部資料を見ると、京釜(キョンブ)高速鉄道2段階区間で2015年9月、時速300キロに増速に運行を開始した後、線路切り替え機破損件数が今年5月まで1年9ヵ月間、116件も発生したことが分かった。

    線路切り替え機は、列車を他の軌道に移動させる線路四半期の施設を制御する核心装置である。 時速170キロに減速運行していた以前の期間(2013年9月~2015年8月)には24件発生したのと比較すると、月平均発生件数が5.5倍以上急増したのだ。

    【韓国高速鉄道で破損事故の急増‥東大邱~プサン間を時速300km営業になった後、線路設備破損が急増したのが明らかに 韓国反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    真空状態のチューブの中で太陽光エネルギーを利用して最大時速1300キロで走る未来運送手段「ハイパーループ」技術が目前に迫った。

    1

    ハイパーループ技術を一言で説明すると「真空チューブの中を飛ぶ飛行機」と言える。 イーロン・マスクスペースX会長が2013年「ハイパーループアルファ」というタイトルで、自分が運営するスペースXのホームページに掲載した論文が契機となった。

    論文の内容はこうだ。 米ロサンゼルス(LA)からサンフランシスコまで巨大なチューブを設置して内部空気を全て取り外して真空状態にする。 チューブの外壁には、太陽光エネルギーを電力に変える太陽光パネルがついている。

    真空状態のチューブ内部には40~50人の乗客を収容できる客車を入れる。 客車はエアポンプまたは磁場を利用して浮かんでいる。客車に加えられる抵抗や摩擦を極小化したために序盤に走るため加速しさえすれば、残りは慣性の法則に移動する。
    【韓国人「最大時速1300キロ!飛行機より早いハイパーループの安全性検証に乗り出す!」 韓国反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    中国が「一帯一路(シルクロード)」プロジェクトの基盤事業で海外で攻撃的に推進してきた高速鉄道建設事業に相次いでブレーキがかかっている。 現地政府との葛藤により契約自体が白紙化されたり、建設費用と人材採用、環境問題などをめぐる議論によって工事が中断される事例が続出している。中国の「高速鉄道雄飛」が危機にさらされているという評価が出ている。

    中国高速鉄道

    ◆随所で難関に直面した中国高速鉄道雄飛

    タイ首都バンコクと東北部ナコンラチャシマを連結する250キロの高速鉄道建設事業は、初の鍬入れを行う前にぶつかった。環境影響評価をめぐってタイ政府と中国側が摩擦を起こして最近同工事が再び延期された。

    中国は2014年から同事業を推進し、翌年起工式を行った。 しかし、技術移転と資金調達、開発の持分、人材採用手続きなどをめぐって対立が生じ、着工が見送られた。 紆余曲折の末に過ぎた7月、タイ政府が最終的に事業を承認したが、環境問題が浮上し、契約が破棄される可能性もあるという観測が出ている。

    【韓国人「中国の海外高速鉄道事業が相次いで急ブレーキ!」中国高速鉄道の海外事業が危機に‥ 韓国経済ニュース】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    安倍首相は14日、グジャラート州の州都ガンディナカルでモディ首相と首脳会談を行い、インド初の高速鉄道の建設や北東部の道路網改善事業などに1900億円の借款を提供すると発表した。 グジャラート州で、インド最大都市ムンバイまで508キロを結ぶ高速鉄道事業に1000億円の借款が投入され、日本の新幹線方式が適用される。2022年完成されればこの区間所要時間が7時間から3時間以内に短縮される。

    1

    両首脳は会談に先立ち、高速鉄道着工式にも一緒にした。 モディ首相は「日本が大きなプレゼントをくれた」、「弾丸列車(新幹線)プロジェクトがインドの成長速度を高める」と話した。 インド政府はこの区間を含めて7つの高速鉄道路線を計画中で、日本政府が残りの6つの路線の受注も狙っている。

    【海外「インドに日本人なんて殆ど住んでいないのにな‥」日本がインド初の高速鉄道の建設や北東部の道路網改善事業を受注!」 海外反応】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング