世界の憂鬱 海外・韓国の反応

  • Twitter
  • RSS
> はやぶさ

    はやぶさ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    日本の小惑星探査機はやぶさ2号が、小惑星「リュウグウ」から採取した標本(土)の新しい写真が公開された。 最近、日本宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、最大1センチに達する黒い標本を含め、これまで1ミリ以上の黒い粒子が多く発見されたと明らかにした。 はやぶさ2号がリュウグウから持ってきた標本は計5.4グラム程度で、これは目標値の50倍を上回る。

    今月24日にJAXAが公開したリュウグの標本を見ると、まるで炭の塊でいっぱいに成って居る様に見えるが、これは光学顕微鏡で撮影された為だ。

    関連:


    1

    はやぶさ2号は、世界で初めて小惑星「イトカワ」の微粒子をもたらしたはやぶさの問題点を補完・開発し、2014年12月に打ち上げられた。 その後、はやぶさ2号は昨年7月、地球から約3億4000万キロ離れた小惑星リュウグウに接近し、金属弾丸でクレーターを作った後、内部物質を採取するのに成功した。

    同年11月、龍谷を出発して再び地球に向かったはやぶさ2号は5日、採取した標本入りカプセルを分離してオーストラリア西部の砂漠に落とし、新しい探査地である地球と火星の間を回る小惑星「1998KY26」に向かった。
    【韓国人「また日本がやってくれた!」はやぶさ2が小惑星から持ち帰った標本の新しい画像が公開される!計5.4グラム程度で、これは目標値の50倍以上! 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    日本の宇宙探査機はやぶさ2号が、3億kmの小惑星リュウグウから持って帰った標本は計5.4gにのぼることが確認された。

    日本宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、神奈川県相模原宇宙科学研究所に保管中の小惑星標本カプセルの重量を測定した結果、当初の収集目標値である0.1グラムの50倍を上回る試料が入っていることが分かったと、18日発表した。



    1

    標本質量測定はカプセルの地球出発時の重量と戻った後の重量を比較する方式で行われた。カプセルには3つの保管室があるが、A保管室には表面物質が、C保管室には地中物質が入っている。JAXAは今後、3つの保管室をすべて開き、表面物質と地中物質がそれぞれどれだけ入っているかを確認する予定だ。

    また、この日発表した質量には、14日に確認したカプセル容器の表面に付着した標本は含まれていなかった。したがって、これまで含めると標本的な重さはさらに増すものとみられる。

    JAXAはこれに先立ち、はやぶさ1号で2010年、火星と木星の間の小惑星ベルトにあるイトカワ小惑星の標本極微量(粒子15340個)を確認した。しかし、標本分析を遂行するにはあまりにも少ない量だった。
    【韓国人「はやぶさ2が持ち帰ったカプセルに『目標値の50倍』の試料が入って居た!『外界の宝』で溢れ返る」 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    「カプセル内に黒い砂粒子を多数確認」

    日本の小惑星探査機「はやぶさ2」のカプセルが14日に公開された。カプセルには小惑星「リュウグウ」から採取したとみられる多数の砂が確認された

    NHKによると、神奈川県相模原市にある日本宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究所では、はやぶさ2カプセルのふたを開ける作業が進められている。



    1

    カプセルの開封結果、容器の中には黒い砂の粒子が多数確認された。はやぶさ2は、昨年2月と7月、竜宮への着陸に成功した。この時、地表・地中砂を採取したものと観測された。

    カプセルの中に実際の砂の姿が確認されたのは今回が初めてだ。

    JAXA分析チームは、今後約6ヵ月にわたってリュウグウ砂に対する本格的な分析を実施する予定だ。 封切りの結果は具体的に記録する方針だ。
    【韓国人「はやぶさ2のカプセルを開封!小惑星採取と推定される砂が多数発見される」 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    最近、小惑星のサンプル採取に成功した日本の探査船「はやぶさ2」で、宇宙航空業界が賑わっています。 米航空宇宙局(NASA)の副局長トーマス・ザブーケン氏は「貴重なサンプルが到着した歴史的な日」と述べ、スペースXのCEO、イーロン・マスク氏も祝賀の知らせを伝えました。

    はやぶさ2が行ってきた小惑星「リュウグウ」は、地球から3億4000万キロほど離れています。直径が900mほどの小惑星です。

    この程度なら、日本から地球の反対側にあるブラジルの小さなハエを銃で射る程度です。はやぶさ2はそれに加えてサンプルをとって、帰還までしたんですからもっとすごいですね。



    1

    日本の快挙が一度に成し遂げられたわけではありません。17年前から着々とデータを積み重ね、研究を進めてきた科学界の執念があります。

    失敗から成功へはやぶさ1の奇跡

    日本の小惑星探査は、17年前の2003年、探査機「はやぶさ1」の打ち上げから始まります。当時目的地の小惑星「イトカワ」は、地球から3億キロ離れた直径500メートルの小惑星、いろいろな面ではやぶさ2が行ってきた「リュウグウ」に似ていました。
    【韓国人「イーロン·マスクも『はやぶさ』の偉業に祝賀!」17年間の執念、日本の宇宙探査機「はやぶさ」の物語 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    小惑星に人工穴を作り内部の物質採取など
    日本専門家「技術的に欧米より10年進んでいる」


    小惑星「リュウグウ」の砂が入ったカプセルを地球に運ぶのに成功した日本の探査機「はやぶさ2」が、7つの世界初を達成した。

    同紙によると、はやぶさ2が達成した世界初は▲小惑星に人工クレーター(くぼみ)を作る▲小型ロボットを利用した小惑星移動探査▲複数の探査ロボット投下▲同じ小惑星2地点に着陸▲誤差60センチの精度が必要な地点着陸▲地球圏外全体の内部調査▲複数の小天体の周囲を回る人工衛星の実現--などだ。



    1

    特に、小惑星リュウグウに金属弾を発射し、人工クレーターを作り、人類初の小惑星地表面の下の物質を採取するのに成功したのが、最大の成果といわれている。

    カプセルに入っている小惑星内部の物質は、太陽系誕生の起源に近づく鍵を提供するものと学界は期待している。
    【東大教授「日本の小惑星探査技術は欧米より10年先を進んで居る」はやぶさ2が世界初の7つの記録を達成!その7つの記録とは‥ 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    【アンカー】
    日本の無人探査機が6年ぶりに小惑星の土壌を盛って地球に戻ってきました。

    人類が確保した最初の小惑星内部物質だと、日本中が盛り上がって居ますが、一方中国では月探査機と帰還船が初のドッキングに成功しました。



    1

    【記者】
    暗い夜空、一つの物体が長い尻尾を描いて大気圏に進入します。

    日本の小惑星探査船「はやぶさ2号」から分離したカプセルです。カプセルに入って居るのは小惑星リュウグの土壌標本です。2014年探査船を打ち上げてから6年ぶりに地球に到着しました。
    【韓国人「日本が人類初「小惑星物質」確保の快挙!中国は月探査機のドッキングに成功!」 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    休日6日朝の「宇宙ニュース」に中国と日本の国民は熱狂した。

    この日、中国の嫦娥5号が月の月周回軌道で軌道船-帰還船が成功裏にドッキング(結合)したという便りが伝えられた。月面の土壌サンプルをのせて離陸した無人月探査船だ。国営新華通信は中国の宇宙船が月周回軌道でドッキングに成功したのは初めてだと伝えた。

    日本ではこの日午前2時30分、小惑星探査船「はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ」の土壌を採取したカプセルをオーストラリア南部の砂漠に落としたという「朗報」が入ってきた。共同通信は小惑星サンプルが確認されれば世界で初めて確保した小惑星の地表面下物質だと報じた。



    1

    嫦娥5号のドッキング成功は中国の「宇宙崛起」を改めて想起させるニュースだ。嫦娥5号は旧ソ連崩壊後、米国に対敵できる唯一の国が中国であることを証明している。

    中国国家航天局(CNSA)によると、嫦娥5号は3日午後11時10分、月の土壌・岩石サンプル約2キロをのせて舞い上がった。離陸直前には、地球から準備して行った横200センチ、縦90センチの中国の国旗(五星紅旗)を月の表面に立てた。

    これまで月に国旗を残した国家は米国と旧ソ連だけだった。中国は今後、独自技術を通した月の有人基地建設や火星探査を宇宙崛起の目標にしている。

    日本は米国・中国・ロシアよりは宇宙探査の歴史は短いが、小惑星探査では世界一だ。小惑星探査という「ニッチ(隙間)」に集中的に投資したおかげだ。
    【韓国人「日本と中国が先を争って宇宙探査で快挙を上げているが、韓国は?」 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    日本は1985年から宇宙探査を本格化した。日本初の惑星間宇宙探査のための「魁(Sakigake)」と「スイセイ(Suisei)」探査船を打ち上げた。1990年には日本初の月探査船「ヒテン」を打ち上げた。 00年代以降、日本宇宙航空研究開発機構(JAXA)が発足し、宇宙開発に主導的な役割を果たした。

    JAXAは、国立宇宙科学研究所(ISAS)に宇宙開発事業団(NASDA)、航空宇宙技術研究所(NAL)を合わせて03年に発足した。設立初年度にはやぶさ1号を打ち上げ、2006年には太陽探査船「ひので」、2007年には月探査船「かぐや」を相次いで打ち上げた。 2010年には金星軌道探査船暁(Akatsuki)と太陽の反対側を探査するイカロス(Ikaros)も送り、探査活動を続けてきた。



    1

    しかし、危機もあった。 2005年に小惑星イトカワに接近したはやぶさ1号が緊急着陸を試みる過程で外部衝撃を受け、通信が途絶えた。 地上局での努力や太陽光パネルなどを活用した制御により、奇跡的に地球に帰還して試料を投下し、探査船は大気圏で消滅した。 この過程は映画などで製作され、宇宙に対する国民の関心を誘導した。 はやぶさ1号の任務遂行が不透明になったことから、予算確保に困難だった局面を転換し、2014年、はやぶさ2号の打ち上げ成功の土台となった。

    国際協力も支援軍になった。 日本は2008年には国際宇宙ステーション(ISS)に協力国のうち最大規模の実験室モジュール「KIBO」をはじめ、計2つのモジュールを運営している。 このような国際協力を足がかりに、先月スペースXが打ち上げた史上初の有人宇宙船の打ち上げに唯一の東洋人として、野口聡一宇宙飛行士を送った。 同じく今回のはやぶさ2号にはフランス国立宇宙研究センター(CNES)、ドイツ航空宇宙センター(DLR)が開発した着陸船「マスコット」も一緒に載せられ、今回のプロジェクトの成功を助けた。
    【韓国人「日本の宇宙探査への執念!はやぶさ1に続くもう一つの奇跡を日本が成し遂げる!」→「日本が羨ましい」 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    日本の無人探査機「はやぶさ」2号が採集した小惑星土壌試料が地球に到着した。2014年に地球を出発してから6年ぶりの帰還だ。

    カプセルの中には太陽系の形成初期状態をそのまま維持したリュウグウの土壌が含まれている。リュウグウは炭素成分の小惑星であるため、太陽系の形成過程はもちろん、炭素で構成された生命の進化を追跡するのにも有用と期待される。



    2

    小惑星探査機はやぶさ2号の地球帰還

    はやぶさ2は、はやぶさ1号に続く日本の2番目の小惑星探査船だ。03年に打ち上げられたはやぶさ1号は、ケイ素質小惑星「イトカワ」で土壌試料を採取し、10年ぶりの13年に地球に帰還した。

    はやぶさ2号は1号帰還の翌年の2014年12月3日、三菱重工業が共同で作った宇宙ロケットH2Aに搭載されて打ち上げられた。その後6年間、地球と竜宮の間を往復しながら計52億キロを飛行した。

    はやぶさ2号は3億4000万キロ外の琉球軌道に到着し、昨年2月と7月の2回にわたってリュウグウの土と岩石の試料を収集した。まず、火薬が入っている衝突装置を爆発させて小さな衝突球を作り、試料を採取した。カプセルを落としたはやぶさ2号は再び宇宙へ向かう。今後11年間、さらに100億キロを飛行し、他の小惑星の探査に乗り出す。
    【韓国人「世界初の快挙!46億年の小惑星の試料を地球に持ち帰り、太陽系や生命進化の究明に期待」 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    日本の無人探査機「はやぶさ」2号が採集した小惑星土壌試料が地球に到着した。2014年に地球を出発してから6年ぶりの帰還だ。

    日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)は6日午前2時50分(韓国時間)、小惑星の土壌試料の入ったカプセルがオーストラリア西部の砂漠ウメラ制限区域(WPA)に着陸したと発表した。公式記者会見は6日午後行われる予定だ。




    1

    カプセルの中には太陽系の形成初期状態をそのまま維持したリュウグウの土壌が含まれている。リュウグウは炭素成分の小惑星であるため、太陽系の形成過程はもちろん、炭素で構成された生命の進化を追跡するのにも有用と期待される。

    地球の大気圏摩擦熱で流星のように輝く

    はやぶさ2号は5日午後2時35分、地球から約22万キロ離れた宇宙空間でカプセルを分離した。その後、カプセルは6日午前2時28分に秒速12キロで大気圏に進入し、高度11キロで落下線を広げながら地上に接近した。カプセルは大気圏に進入し、摩擦熱で流星のように輝く軌跡を残した。
    【韓国人「はやぶさ2が持ち帰ったカプセルを発見し回収に成功!」6年ぶりに小惑星土壌試料が地球に到着 韓国の反応】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング