世界の憂鬱 海外・韓国の反応

  • Twitter
  • RSS
> カプセル

    カプセル

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    日本の宇宙探査機はやぶさ2号が、3億kmの小惑星リュウグウから持って帰った標本は計5.4gにのぼることが確認された。

    日本宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、神奈川県相模原宇宙科学研究所に保管中の小惑星標本カプセルの重量を測定した結果、当初の収集目標値である0.1グラムの50倍を上回る試料が入っていることが分かったと、18日発表した。



    1

    標本質量測定はカプセルの地球出発時の重量と戻った後の重量を比較する方式で行われた。カプセルには3つの保管室があるが、A保管室には表面物質が、C保管室には地中物質が入っている。JAXAは今後、3つの保管室をすべて開き、表面物質と地中物質がそれぞれどれだけ入っているかを確認する予定だ。

    また、この日発表した質量には、14日に確認したカプセル容器の表面に付着した標本は含まれていなかった。したがって、これまで含めると標本的な重さはさらに増すものとみられる。

    JAXAはこれに先立ち、はやぶさ1号で2010年、火星と木星の間の小惑星ベルトにあるイトカワ小惑星の標本極微量(粒子15340個)を確認した。しかし、標本分析を遂行するにはあまりにも少ない量だった。
    【韓国人「はやぶさ2が持ち帰ったカプセルに『目標値の50倍』の試料が入って居た!『外界の宝』で溢れ返る」 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    「カプセル内に黒い砂粒子を多数確認」

    日本の小惑星探査機「はやぶさ2」のカプセルが14日に公開された。カプセルには小惑星「リュウグウ」から採取したとみられる多数の砂が確認された

    NHKによると、神奈川県相模原市にある日本宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究所では、はやぶさ2カプセルのふたを開ける作業が進められている。



    1

    カプセルの開封結果、容器の中には黒い砂の粒子が多数確認された。はやぶさ2は、昨年2月と7月、竜宮への着陸に成功した。この時、地表・地中砂を採取したものと観測された。

    カプセルの中に実際の砂の姿が確認されたのは今回が初めてだ。

    JAXA分析チームは、今後約6ヵ月にわたってリュウグウ砂に対する本格的な分析を実施する予定だ。 封切りの結果は具体的に記録する方針だ。
    【韓国人「はやぶさ2のカプセルを開封!小惑星採取と推定される砂が多数発見される」 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    日本の無人探査機「はやぶさ」2号が採集した小惑星土壌試料が地球に到着した。2014年に地球を出発してから6年ぶりの帰還だ。

    日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)は6日午前2時50分(韓国時間)、小惑星の土壌試料の入ったカプセルがオーストラリア西部の砂漠ウメラ制限区域(WPA)に着陸したと発表した。公式記者会見は6日午後行われる予定だ。




    1

    カプセルの中には太陽系の形成初期状態をそのまま維持したリュウグウの土壌が含まれている。リュウグウは炭素成分の小惑星であるため、太陽系の形成過程はもちろん、炭素で構成された生命の進化を追跡するのにも有用と期待される。

    地球の大気圏摩擦熱で流星のように輝く

    はやぶさ2号は5日午後2時35分、地球から約22万キロ離れた宇宙空間でカプセルを分離した。その後、カプセルは6日午前2時28分に秒速12キロで大気圏に進入し、高度11キロで落下線を広げながら地上に接近した。カプセルは大気圏に進入し、摩擦熱で流星のように輝く軌跡を残した。
    【韓国人「はやぶさ2が持ち帰ったカプセルを発見し回収に成功!」6年ぶりに小惑星土壌試料が地球に到着 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    日本の小惑星探査機「はやぶさ2」から分離したカプセルが地球に安着した。

    日本宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、小惑星リュウグウの内部物質が含まれているとみられる「はやぶさ2」のカプセルが同日、オーストラリア南部の砂漠に着陸し、位置を把握したと発表した。

    前日午後、地球から約22万キロ離れた宇宙空間から分離したカプセルはこの日午前2時30分ごろ、秒速12キロの速度で大気圏に「火の玉」状態で入り、オーストラリア南部の砂漠に着陸した。



    1

    JAXAは日の出の後、カプセルに取り付けられた位置送信装置から出る信号を基に、捜索を行って回収する予定だ。

    JAXAはカプセルを回収した直後に近隣施設に運搬し、小惑星内部物質の試料が十分に入っているか確認する計画だ。直径40センチのこのカプセルに入れられる小惑星物質の質量は0.1グラムほどだ。

    学界は、この物質が46億年前と比べて変性していないとみて、生命の起源と太陽系の進化過程に関する研究にこれを活用できるものと期待している。
    【韓国人「はやぶさ2のカプセルがオーストラリア南部の砂漠に着陸成功!位置を把握し回収へ」 韓国の反応】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング