世界の憂鬱 海外・韓国の反応

  • Twitter
  • RSS
> ジムロジャーズ

    ジムロジャーズ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    世界的投資家のジム・ロジャーズ・ホールディングス会長が、大型技術株やビットコインのバブルを懸念した。

    20日(現地時間)のビジネスインサイダー(BI)によると、ロジャーズ会長はあるインタビューで「アップル、アマゾン、グーグル、テンセント、サムスンなど一部の銘柄が完全なバブルではないが、バブルに変わっている」と述べた。

    関連:


    1

    同氏は「韓国や米国、英国、日本などに行けばみんな株式市場に飛び込んでいる」とし「市場について何も知らない人が市場に入って買い付けている」と指摘した。

    続いて「歴史上こうしたことは何度もあり、今また起きている」とし「一部の国家の資産群からバブルが現われるのを目撃できる」と強調した。

    ロジャーズは「世界中銀の政策で少なくとも今年大部分は株価が上昇を続けるだろうが、今年末や来年上旬には急落するだろう」との見通しを示した。
    【ジム·ロジャーズ「サムスン株はバブルに成りつつある!」ビットコインと大型技術株がバブルに成りそうだと警告!→「この爺さんは最近まで日本が滅びるって‥」 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    スレ主

    ジム・ロジャーズが語る「日本が滅びる」理由。

    80年代末~91年の間、日本の日経指数暴落と共に、米国不動産バブル崩壊事態が来た。

    日本経済を支えていた二つの柱が崩壊し、失われた10年の元年が始まる。

    関連:


    1

    当時の日本政府は、不良企業の整理の代わりに、ゼロ金利を導入し、2001年度に量的緩和を実行し、延命を選択する。

    その後15年間、GDPの14%に当たる87兆6239億円の紙幣の印刷を行う。

    2011年の福島原発事故など、2012年の日本のGDPが1994年のGDP水準に下がると、2012年末の日本の総選挙は民主党審判論に包まれ自民連の安倍政権スタート。






    【ジム·ロジャーズ「日本は滅びる」彼が語る『日本が滅びる』理由とは? 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    世界的な投資家ジム・ロジャース氏と「正義とは何か」の著者マイケル・サンデル・ハーバード大学教授のインタビューが再照明されている。TVN「月刊コネクト」を通じてジム・ロジャーズは株価上昇率に対して慎重な立場を示し、サンデル教授は米国と韓国の大学入試制度は不公平だと指摘した。

    ジム・ロジャーズ氏「慎重な投資体制が必要」終わりが近づいている」

    ジム・ロジャーズは7日に放送されたTVN『月刊コネクト』で国内で起きている株式投資ブームについて「ありきたりなことだ。歴史を見れば分かる様に、終わりが近づいていると感じる」と述べた。
    また「すぐに売り払ったり、空売りをしたりはしない」とし「今終わったのではなく信号のことだ。終わりが近づいているということを認識していなければならない」と警告した。

    関連:


    1

    ジム・ロジャーズは投資家に「慎重な態度が必要だ。 株価はすでにたくさん上がり、最高値を更新してきており、近いうちに止まるだろう」とし「よく知らないところに投資するな。 よく分かるところにだけ投資してほしい」とアドバイスした。

    ジム・ロジャーズはバブル崩壊の時期について「分からない、もちろん上昇基調が終わっているという信号は読める」とし「しかし、まだその時点は来ていないと思う」と述べた。
    【ジム·ロジャーズ「韓国の株価はすでに最高値で、終わりが近づいている」→「こいつの予測は殆ど外れる」 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    ◀アンカー▶
    恐らく個人投資家全員がお金を稼ぐわけではないかもしれません。ところでその様な見解に同意と言うでしょうか>力を与える専門家の発言も出たということです。 この人「ジム・ロジャーズ」という有名な方ですよね。



    1

    ◀ジョン・チョルジン経済評論家▶
    そうです。ジム・ロジャーズ、今ジム・ロジャーズの言葉、分析のせいで悪質な書き込みも非常にジム・ロジャーズに書き込まれているんです。ちょっと待って「ジム・ロジャーズ」は誰か?我々が、世界3大投資家、こんな言葉をたくさん聞いたのですが、 現在価値投資の伝説、ウォーレン・バフェットがあります。 イギリスのポンドを攻撃してイギリスの中央銀行を困らせ、英国の英蘭銀行を屈服させたジョージ・ソロス。 ジョージ・ソロスは、いわゆる悪い方で非常に有名な投資家です。

    ◀ジョン・チョルジン経済評論家▶

    次の一人がジム・ロジャーズ。 このように3人を3大投資家と言いますが、ジム・ロジャーズが一種の韓国個人投資家、東学の個人投資家とは・・
    【ジム·ロジャーズ「韓国の証券市場はバブルだ」「国家·個人債務が急増、株式市場のバブルが本格化し、個人投資家は大金を失う」→「何を言って居るんだこの老害は」 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    「韓国は常に新しい革新が生まれる国だ。韓国の未来のために、もっと開放的でなければならない。」

    ウォーレン・バフェット、ジョージ・ソロス氏とともに「世界3大投資家」に挙げられるジム・ロジャーズ・ホールディングス会長は11日、産業通商資源部が主催した「2020外国人投資週間・地域重点産業フォーラム」に参加し、「投資(適格)地としての韓国:なぜ韓国でなければならないのか」というテーマで対談を行った。

    対談でロジャース会長は「現在関心を持っている韓国の投資先としては旅行と観光分野の企業と新しいテクノロジーでグラフェン(Graphene)分野、韓国は(グラフェン分野の)技術と人的資源があり適正な能力を持っている」と診断した。



    1

    ロジャーズ会長が注目したグラフェンは、蜂の巣の形の平面構造で結合した炭素(C)からなるナノ物質だ。 鋼より200倍強く、熱伝導度はダイヤモンドの2倍以上、電気伝導度は銅より約100倍以上高い。 サッカー競技場全体を覆うには、3.2グラムのグラフェンだけで十分だ。そのため産業界では「夢の素材」「奇跡の物質」と呼ばれる。

    ロジャーズ会長は「グラフェンは科学者によると21世紀最高の革新の一つになると見通している分野」とし「特に現在北朝鮮はグラフェン素材の黒鉛埋蔵量が多く、今後統一すれば韓国は確かにグラフェンという新しい産業の先頭走者として登場するだろう」と展望した。

    韓国の経済自由区域の造成にも深い関心を示した。彼は「韓国の未来のためにもっと開放的でなければならない必要があるので、韓国の経済自由区域指定について関心がある」とし、「より多くの経済自由区域を造成するほど役に立つと思う」と述べた。
    【ジム·ロジャース「韓国は常に新しい革新が生まれる国」→「統一すれば北朝鮮の資源と韓国の技術で世界を治める」 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    世界的な投資専門家であるジム・ロジャーズ・ホールディングス会長が、日本の若者らに対し、直ちに母国を離れるようアドバイスした。先月、新たに赴任した菅義偉首相が、アベノミクスをそのまま継承し、若者らの社会・経済的困難のみ増すことになるだろうという見方だ。

    5日、朝日新聞系オンラインメディア「アエラドット」によると、ロジャーズ会長は最近のインタビューで、「日本が好きなので、日本人に厳しいメッセージを伝えたい」と明らかにした。そして「安倍晋三元首相が一刻も早く退くべきだと強調してきた」と前政権を振り返った後、「問題は後継者の菅首相が「アベノミクス」という誤った政策を続けるという点だ。日本にこれほど不幸なことはない」と猛攻した。アベノミクスとは、資金を供給して景気を刺激する安倍元首相の経済政策だ。


    1

    世界的投資専門家のロジャーズ会長はアベノミクスについて「金融緩和で円安を誘導し、日本株を押し上げた。日本銀行が紙幣を発行し、そのお金で株や国債をむやみに買い付ければ、株価が上がるのが当然だ」とし「逆に日本円の価値が下落し、いつか物価が上がれば日本人が苦しむことになる」と見込んだ。とくに「通貨切り下げ政策で中長期的な経済成長を成し遂げた国は歴史上一つもない。一部のトレーダーや大企業だけに恩恵が回る」と批判した。

    ロジャーズ会長はまた「財政出動も日本を破壊するための政策としか見えない」とし「国家債務が増え続ける中で誤った経済政策が続いた」と指摘した。彼はこうした理由から「10代は早く日本を飛び出さなければならない」と付け加えた。
    【ジム・ロジャーズ「日本は滅びる」「日本の若者は直ぐに韓国に逃げろ!」日本の若者らに母国を離れる様厳しい警告‥ 韓国の反応】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング