世界の憂鬱 海外・韓国の反応

  • Twitter
  • RSS
> トヨタ

    トヨタ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    激怒したアップル…「トヨタと電気車をめぐる議論も」

    ブルームバーグ通信が6日、匿名の消息筋の言葉を引用して、アップルと現代の電気自動車生産議論が最近中断したと報道した。

    ブルームバーグは「現代起亜車がアップルとの協議内容を間接的に認め、こうしたことがアップルとの協議をゆがめた」と伝えた。

    関連:


    1

    アップルは電気車の開発を数年間秘密にしながら、協力会社を効率的に支配するためのシステムを構築している。ブルームバーグは、アップルと現代がいつ協議を再開するかは不明だと伝えた。

    一方、ブルームバーグの報道に先立って5日、ウォールストリートジャーナル(WSJ)は、起亜車が米ジョージア工場でアップルカーを組み立てる計画と関連し、潜在的パートナーと接触していると伝えた。 WSJによると、起亜車の親会社である現代車は、アップルと交渉を行い、30億ドルを投資し、起亜車が早ければ24年から、アップルブランドの自動車生産を開始する案について議論している。
    【韓国人「口軽な現代自動車にアップルが激怒!」アップルがトヨタと電気自動車生産で交渉中か? 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    中国自動車市場で日本車の突風が恐ろしい、昨年、中国で販売された車5台のうち1台は日本車だったほどだ。 トヨタ、ホンダなど日本車の突風が目立つのは、韓国の現代車・起亜が中国市場で後退しているためだ。

    30日、ロイター通信と自動車業界などによると、中国自動車製造協会(CAAM)は、世界最大規模の中国自動車市場内での昨年の販売台数が2530万台だと明らかにした。日本車メーカーは中国で現地法人が生産した車と日本から中国へ輸出した車を合わせて520万台ぐらいを販売した。これはベンツ、BMW、アウディなどドイツ車(509万台)を上回る水準だ。

    関連:


    1

    日本車ブランド別に明暗が分かれた。トヨタとホンダは成長の勢いを牽引し、中国内の日本車市場突風の主演になったが、日産とマツダは販売が減った。トヨタの昨年の中国販売台数は180万台と、19年より10.9%伸びた。 ホンダは163万台を販売して4.7%成長した。

    一方、日産は146万台を販売した5.8%減少しており、マツダは5.8%減の5.8%を販売した。日本車の中国市場での520万台の販売は、昨年の日本全体の新車販売台数(460万台)よりも多く、米国での昨年の日本車販売(534万台)に匹敵するレベルだ。

    日本車の善戦とは違い、現代車・起亜の2020年の中国販売は66万5000台だった。現代自・起亜自は2016年に中国で179万2000台を販売してピークに達し、2017年に韓国のサード配備による反韓感情の拡散で販売が落ち込んで以来、下降傾向にある。17年114万5000台、18年116万1000台、19年94万6000台を記録した。
    【韓国人「中国でトヨタとホンダが大人気に!」同じ反日国家なのに、日本車が中国で売れまくる理由がコチラ‥ 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    日本自動車メーカーの中国市場での上昇の勢いが尋常ではない。日本の日経オートモーティブは2021年1月8日、日本自動車5社による2020年の中国市場新車販売台数は2019年比1.7%増の517万6,000台だったと報じた。

    これは「2年連続500万台を超えたものだ」と伝えている。コロナ19拡大の影響で、2020年春に販売は大きく落ち込んだが、下半期には新車需要が回復し、トヨタとホンダが2019年に続き史上最高値を更新したという。一方、日産、マツダ、三菱は下落傾向を示した。

    関連:


    1

    トヨタは10.9%増加した179万7500台から8年連続史上最高値を記録し、ホンダも4.7%増加した162万6972台へ2年連続史上最高値を更新した。両社ともに人気車種を多く取り揃えて燃費性能など品質に対する信頼感を高め、ライバルブランドに比べて中古車で販売する時の価格が高いということも販売増加の要因だと、同社は伝えた。
    【韓国人「日本車が中国で売れまくり、中国乗用車市場シェア24.2%に!」→「南京大虐殺など日帝国主義時代の蛮行を中国人は忘れたの?」 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国



    スレ主

    2行まとめ

    全個体電池を
    トヨタ2021年の商用化  
    現代自動車は2025年ごろの計画

    (以下ニュース記事)
    販売量基準で世界最大の完成車メーカーである日本のトヨタ自動車は12月11日、現代車より4年早い2021年中に全固体バッテリーを搭載した電気車プロトタイプ(試作品)を公開すると発表した。トヨタは21年代初頭、全固体バッテリーを量産する世界初の完成車メーカーになるという抱負も明らかにした。

    これに対し、米自動車専門誌モータートレンドは12月14日(以下現地時間)、「2021年に発売するトヨタの全固体バッテリー電気車は、世界の電気車市場の「ゲームチェンジャー」になる可能性がある」と報じた。

    関連:


    1

    日本経済新聞と日経アジアの最新報道によると、トヨタは2021年に世界で初めて全固体バッテリーを装着した電気自動車の試作品を公開し、2 - 3年で本格的な販売を開始する。日本経済新聞は「トヨタが2017年に本格着手した全固体バッテリー開発の実を結ぶ時期が近づいている」と指摘した。

    報道によると、来年公開される試作品は10分ほどで充電が完了し、1回の充電で約500キロ走行する。また、既存のリチウムイオンバッテリーに比べて安全である。このようなトヨタの計画は、現在までグローバル完成車やバッテリーメーカーが明らかにした全固体バッテリーの公開時点の中で最も早いものだ。

    ドイツのフォルクスワーゲンは、米国のバッテリースタートアップのクォンタムスケープへの投資や共同開発で、 25年前の固体バッテリー搭載電気車を披露する計画だ。クォンタムスケープは12月8日、「開発中の全固体バッテリーが、15分内に80%を充電できる水準に達した」と明らかにした。
    【韓国人「トヨタが夢のバッテリーを開発!」10分充電・500キロ走行が出来る全固体バッテリーを量産へ 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国



    スレ主

    全固体電池は日本が韓国より5年進んで居ます。

    トヨタは今、電気自動車を余り出していないが、それは、トヨタがリチウムイオンバッテリー車に懐疑的だからです。

    トヨタが全固体電池研究は圧倒的なトップランナーだということはよく知られています。



    1
    2010年に初めてトヨタが硫化物系全固体バッテリー研究試作品を公開しましたが、その後、世界で全固体電池研究がトヨタに沿って本格的に始まり、トヨタはすでに他の国より研究を5-10年先んじて始めている。

    そこで、全世界の全固体バッテリーの特許出願の40%ほどがトヨタであり、後発走者が特許逃れをしにくいようにトヨタが特許をたくさん申請したと言う。
    【韓国人「日本の全固体電池の技術力が凄すぎる!」全個体電池の特許をサムスンSDIはトヨタの数十分の1しか持って居ない‥ 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    スレ主

    日本にはサムスンほどの企業はないですね、全てサムソンの下です。




    1
    【韓国人「日本にはサムスンほどの企業は無いのですか?全てサムソンの下ですね」 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    日本パナソニックとトヨタが合弁工場を通じてハイブリッド車用バッテリー生産協力に乗り出す。自国のバッテリーと完成車メーカー間の協力で韓国と中国のバッテリー業界に対応しようとする動きと解釈される。

    11日、業界によると、パナソニックは来年からトヨタとの合弁会社を通じ、ハイブリッドバッテリーを生産する計画だ。年間50万台規模のバッテリーを生産する。


    1

    合弁会社は、ハイブリッドバッテリーセルと共に、電気自動車向け高性能バッテリーセルなどを生産する予定だ。パナソニックが主に供給する円筒型バッテリーから全固体バッテリーへ電池のラインアップを強化する計画だ。

    両社は電気車市場の競争力強化に向け、バッテリー開発に乗り出している。バッテリー性能を強化し、製造単価は最大限引き下げて電気車の価格を引き下げようとしているものと解釈される。パナソニックは日本1位のバッテリーメーカーで、トヨタは1位の自動車メーカーだ。グローバル電気車市場を先取りするため、バッテリー開発を推進しているというのが両社の説明だ。
    【韓国人「パナソニックが全固体バッテリーへ電池のラインアップを強化」韓国と中国に押されてパナソニックとトヨタがバッテリー生産で協力! 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    全固体電池のオリジナル技術「ネイチャーエネルギー」掲載
    リチウムイオン電池より性能2倍↑
    1000回以上リフレッシュ可能
    市場の勢力図を変える核心技術を期待


    サムスン電子(005930)が次世代バッテリーと呼ばれる全固体バッテリーの源泉技術を確保した。全固体バッテリーは、バッテリーの両極と陰極の間にある液体電解質を固体に代替して出力およびエネルギー密度を押し上げて安定性を高めたバッテリーで、主に電気自動車に使われる見通しだ。サムスン電子の全固体バッテリーは中小型車基準で1回の充電で800キロ走行が可能で、1、000回以上充電できる。


    1

    サムスン電子総合技術院は全固体バッテリーの寿命と安全性を高めながら、大きさは半分に減らせる源泉技術を世界的学術誌「ネイチャーエネルギー」に掲載したと発表した。ネイチャーエナジーは、学術情報サービス会社のクラリベート・アナリティクスが選定した論文・ジャーナル引用指数(Journal impact factor)で7位規模の著名な学術誌だ。

    サムスン電子総合技術院がサムスン電子日本研究所と共同で開発した全固体バッテリーは、現在の電気自動車バッテリーの2倍以上性能を改善した。 現在、中小型電気車に搭載される「リチウム-イオンバッテリー」は一度充電すれば400キロほど走行が可能で、500回以上充電した後はバッテリーの性能が落ちる。
    【韓国人「サムスン電子日本研究所と共同で開発!」サムスンが全個体バッテリーを開発!1回の充電で800キロ走行可能 韓国の反応】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング