世界の憂鬱 海外・韓国の反応

  • Twitter
  • RSS
> ビッグヒット

    ビッグヒット

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国



    グローバルヒットボーイズグループ・BTSの所属事務所「ビックヒット」が、大きな期待とは裏腹に、新規上場後は下落振りを続けている。30日、株価は9.6%下落し、公募価格の13万5000ウォンでわずか5%上回る水準だ。すでに取引開始価格(27万ウォン)を下回っており、もはや公募価格すら危うい。

    15日にKOSPI市場に上場したビッグヒットは、SKバイオファーム、カカオゲームズなど他のIPO人気株と違い、上場初日にいわゆる「タサン」の締め切りもできず下落傾向にある。すると一部の投資家は「BTSを信じて融資まで受けて投資したのにつぶれた」「BTSに裏切られた」などと鬱憤をぶちまけている。 それなら、ビッグヒットの投資失敗の責任は誰にあるのだろうか?今年新規上場した他のIPO株も全てビッグヒットのように失敗に終わっただろうか。



    1

    実際、ビッグヒット公募株を割り当てられた投資家が上場後に売りさばいていたら、相当な利益を得ることができたはずだ。現在も、ビックヒットの株価は、公募価格より5%ほど高いため、今にでも売り渡せば、少なくとも損失は受けない。

    しかし、一般の個人投資家のうち、新規公募株が簡単に割り振られる人はそれほど多くない。特に、ビックヒットのように大きな人気を集めたIPOに対する競争率が高く、1億ウォンを申し込んでも、ぎりぎり数週間割り当てられるのがせいぜいだ。それも運が良くなければならない。
    【韓国人「BTSに裏切られた『ビッグヒット投資失敗』は誰の責任か?」 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    取引所、上場直後に株価急落の過程を見る

    最近上場した後に株価が急落したビッグ・ヒット・エンターテイメントに関連、韓国取引所が株を大量に売った私募ファンドに不公正取引がなかったかどうかを調べる。同ファンドが保有株を売ったことで株価が急落したが、この過程で株価操作や内部者情報の利用があったかどうかを確認するということだ。証券業界では「個人の被害が大きかっただけに徹底的に確認する必要がある」という意見と、「証券関連機関が世論に振り回されるのは問題」という懸念の声が出ている。

    韓国取引所の関係者は29日、「ビッグヒットが上場後に急落する過程で大株主の不公正取引関連の規定違反がなかったかを集中的に調べる」とし「公募直後に株価が上昇した事例は多いが、急落したケースはなかったため、具体的な内容を調べる必要があると判断した」と述べた。株価が急落した新規銘柄について取引所が不公正取引の有無を調べるのは初めて。遅くとも年末までに結論を出す予定だ。



    1

    取引所が調べる疑惑の一つは株価操作。ビッグヒットは上場直後にしばらくストップ高となったが、その後すぐに急落した。4大大株主の投資会社スティックインベストメント(当初の持ち株比率9.7%)とメインストーン(7.0%)の売りが主な原因だった。しかしこれに関連して容疑を見つけるのは難しいという見方が多い。イ・サンミン弁護士は「一般的に株価操作は数日間にわたり人為的に株価を上げた後、個人が追いつけば売りに転じて差益を実現する形で行われる」とし「ビッグヒットはすぐに急落し、上場前から公募価格があまりにも高いという声が多かったため、そのような可能性は低いと考えられる」と述べた。
    【韓国人「BTS事務所株が急落‥」ビッグヒット大株主の売り爆弾…取引所が不公正取引調査へ 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    上場後1日を除いては全て下落26日も9.57%急落、15.6万ウォンで取引を終了
    個人の買い越しにも機関・その他の売り物を負担

    ビッグヒット(352820)エンターテインメントが同日、9%以上急落し、16万ウォン台を下回った。上場初日の「タサン」(公募価格が2倍から初値を形成した後、ストップ高)で記録した最高値と比べて半分になった。 義務保有確約をかけていないベンチャーキャピタルなどが上場初期から大量に売り渡したことが分かった上、まもなく保護仮受から解かれる物量も待機中であるため、投資心理が冷え込んだものと見られる。



    1

    26日、マーケットポイントによると、ビックヒットエンターテインメントは前営業日比9.57%(1万6500ウォン)安の15万6000ウォンで取引を終えた。 連日、新安値の記録を塗り替え、下り坂をたどっている。

    ビックヒットは今月15日に総合株価指数(コスピ)に上場して以来、今月22日に0.56%上昇したことを除き、下落の勢いが続いている。これに先立ちビッグヒットは公募価格を希望バンド最上段の13万5000ウォンに確定し、取引初日に一時的に「タサン」を記録し、31万5000ウォンまで上昇したが、3分後に「タサン」が緩み、初日が対比下落傾向で終了した。
    【韓国人「ビッグヒット株が暴落!」機関による売り注文が殺到し、最高値から半額まで暴落する 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    ビッグヒットエンターテインメントが26日、新安値を更新した。

    ビックヒットは同日10時24分現在、前営業日より5.51%(9500ウォン)安の16万3000ウォンで取引されている。 前取引日の取引中、取引中一時の新安値である17万1500ウォンを一日で更新した。

    現在の株価は、公募価格(13万5000ウォン)を約21.5%上回る水準まで落ちた。


    1

    これに先立って、ビックヒットは、公募価格を希望バンド最上段の13万5000ウォンに確定した。取引初日の15日、公募価格の160%水準の35万1000ウォンまで値上がりした後、ストップ高が解けて急落し始めた。 以後、今月22日を除いては下落傾向が続いている。

    個人投資家は単独で上場してから同日まで、5637億ウォン分のビッグヒット株を買い入れたが、外国人と機関投資家は売り攻勢を見せている。スティックインベストメントなど、ビッグヒットの主要株主らの相次ぐ持分売却も、同様に下落に拍車をかけたものと見られる。
    【【悲報】韓国人「個人投資家が死んで行く‥BTS事務所株、さらに暴落し16万ウォン台に」 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    ビッグヒットエンターテインメントが有価証券市場上場以後、大幅に下落した中、ビッグヒットの公募価格算定をめぐって疑惑を提起する大統領府国民請願文が掲載された。

    青瓦台(大統領府)の国民請願掲示板によると、19日に「ビッグヒットエンターテインメントの公募価格がどう決定したのか明らかにしてください」という請願文が掲載された。該当請願の締切日は来月18日、現在参加した人数は122人だ。


    1

    当該請願文の作成者は「ビッグヒット所属歌手BTS(BTS)は世界で最も有名で影響力のある大韓民国の歌手」とし「ビッグヒットとは会社が見事にコスピに上場し、BTSを大切に愛するファンや投資家が多くの関心と支持を示している」と書き込みを始めた。

    また「しかし上場2日目にマスコミはビッグヒットバブルという記事とともにBTS軍隊問題などを問題視して記事化している」とし「投資の責任は当然本人が負うのが正しいが、今回の場合はかなり違うようだ」と疑惑を提起した。

    彼は「アイドルおよび芸能人の軍入隊関連法改正など非常に敏感な状況が含まれた問題のようだ」とし「まるで計画でもされたかのように問題点を知っていながら公募価格は水増しされ、ファンは単に会社とマスコミを信じて2日で投資金額の半分を失った」と吐露した。
    【韓国人「BTS株が5日連続で急落!」株価が大幅下落する中、国民請願文まで登場! 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    上場後、株価が連日急落したBIGHT(352820)エンターテインメントに対し、証券会社が相次いで安値買いの意見を出している。上場後、殺到する売り注文がある程度解消され、年末の本格的な業績改善が期待されるというのが主な理由だ。

    19日、有価証券市場で、ビックヒットは外国人と機関の売りに押され、前営業日比5.74%(1万1,5000ウォン)安の18万9,000ウォンで取引を終えた。今月15日に上場したビッグヒットは、オープンと同時に公募価格が2倍に上昇した後、2連続ストップ高を記録した。


    1

    しかし、数日後、差益を実現するための売りが殺到し、同日の終値は取引開始価格(27万ウォン)安の25万8,000ウォンまで下がった。以後、ビッグヒットは3営業日連続下落し、取引開始対比30%下落した。

    しかし、市場の雰囲気とは違って、証券業界は、「ビッグヒットの上昇余力は十分ある」とし、むしろ、「今こそ、買いのタイミングだ」という意見を出している。この日、現代自証券はビッグヒットに対する売り注文がかなり解消され、第4・四半期に本格的な業績改善が行われるとし、買いを勧めた。
    【韓国人「BTS所属事務所の株価が4日連続で急落‥」一方韓国証券会社各社が「今こそ、買いのタイミングだ」と買いを推奨!その理由とは? 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    公募価格が13万5000ウォンだったビッグヒットは同日、取引開始と同時に「タサン」(公募価格が2倍になってからストップ高)を記録し、35万1000ウォンまで急騰したが、すぐに差益実現のための売りが殺到し、結局、取引開始価格(27万ウォン)にも及ばない25万8000ウォンで取引を終えた。

    株価下落を主導したのは「その他の法人」で、同グループが売り越したビッグヒット株は3091億ウォンに達した。 その他の法人とは、金融会社や年金基金など、機関投資家に分類されない一般企業を意味する。 金融投資を本業としない企業が、ビッグヒットの申し込みに大勢乗り出した後、上場後株価が上昇すると、いち早く株を売りさばいたのだ。


    1

     「エンター株は大当たりか、それともゼロか」という言葉があるほど投資リスクが高い上、今後のビッグヒットがBTSのようなグローバル歌手をまた排出できるかどうか不確実であるため、追加上昇要因が少ないと判断したとみられる。

    彼らが売った株式を受け取ったのは、もっぱら個人投資家だった。 個人は2日間、ビッグヒット株4038億ウォン分を買い越した。 上場日以降、ビックヒットを買った個人の平均買い付け価格は計26万3000ウォン台と、16日基準の収益率ではマイナス24%と試算される。 最高値の35万1000ウォンで取引された株式も約64万株に達する。
    【韓国人「BTS所属事務所の株価暴落で家庭崩壊‥」個人投資家「ビッグヒット株のため離婚の危機」 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    BTSの所属会社・ビックヒットエンターテインメントが、上場後3営業日連続で下落した。 JYPやYG、SMの国内エンターテインメント3社の株価も力を発揮できなかった。

    19日、ビックヒットは前営業日比5.74%(1万1500ウォン)安の18万9000ウォンで取引を終えた。

    同日、19万8500ウォンで取引を始めたビックヒットは、午後に入って下げ幅を拡大し、18万ウォン台へと下がった。 時価総額6兆3969億ウォンを記録し、総合株価指数(コスピ)順位40位(優先株除外)を記録した。


    1
    【【悲報】韓国人「BTS所属事務所の株価が19万ウォン崩壊!上場後3営業連続で下落し、18万9000ウォンで取引を終える‥」 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    「株式を初めてした者なんですが、払い戻しは可能でしょうか?」

    大ヒットの株価がすんなりと下落し、大儲けを夢見ていた個人投資家らは「血、汗、涙」が流れる。 株の初心者も多く、「ひょっとして払い戻しできるか」と聞く個人投資家まで出ているほどだ。

    損失を受けた個人投資家らは気が気でないが、証券街では、「今の価格でも高い」という意見が相当ある。 損失の復旧まで望まない長期投資をすることになりかねない。


    1

    韓国取引所が17日に明らかにしたところによると、今月16日のビッグヒットの株価は前日比5万7500ウォン(22.29%)安の20万500ウォンを記録した。 上場初日の15日に記録した取引中、最高価格が35万1000ウォンより40%以上急落した。

    ビッグヒットはグローバルスターに浮上したBTSの所属会社として大きな関心を集めた。グローバルファンダムを基にした高成長の勢いが続く中、最近はBTSが、米国のビルボードホット100チャートでトップにつき、ビックヒットにより関心が集まっている。

    「タサン」(タブルのストップ高)を夢見た個人投資家らは、今月15日に取引が始まるや否や大ヒットした。 「タサン」とは、上場初日の取引開始価格が公募価格の2倍に決まった後、取引中一時、上限価格(30%)まで値上がりすることを意味する証券街の隠語だ。厳しい状態で買収しても強い買いが続けば、高い収益率を上げられるという期待が大きかった。
    【【発狂】韓国人「BTS事務所株価大暴落で、個人投資家が『血、汗、涙』を流す大損失!株の払い戻しを質問する人も‥」 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    下半期の大物IPOと目されたビッグヒット(352820)が上場2日目の下落、取引開始後下げ幅を拡大している中、取引開始直後の23万ウォン割れに続き、21万ウォン前半を上回っている。

    16日午前9時基準で、ビッグヒットエンターテインメントは前日比5000ウォン(1.94%)安の25万3000ウォンで取引を開始した。その後、下げ幅を拡大し、次第に株価は下がり始め、21万ウォン台まで下がった。午前11時51分基準のビッグヒットは、前日比4万6500ウォン(18.02%)安の21万1500ウォンで取引を行っている。


    1

    最近、大物級として注目を集めている企業の場合、上場後、相次いで上昇の勢いを見せ、供給より需要が高まる傾向が強い。しかし、株式市場が上場初日にストップ高を維持できないまま取引を終えると、前日に売りに出せなかった投資心理が集中し、株安をさらにあおったものとみられる。

    この日の株価下落は、個人投資家による大量の売り注文と外国人投資家による売り注文が相次いだためとみられる。一方、機関投資家らは出回った売り物を買い越している。
    【韓国人「BTS所属事務所の株価が暴落!」→「これはBTSを使った食い逃げだ!」株価20万ウォン台崩壊間近‥ 韓国の反応】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング