海外の反応 韓国


韓国銀行が今週中に米連邦準備制度(Fed、連準)と二国間通貨スワップ本契約を締結し、来週中に各金融機関に40億ドル以上の資金を供給すると、25日明らかにした。

FRBとの実務協議を総括している柳相大(ユ・サンデ)韓銀副総裁補は「現在、米FRBと実務協議を進めている」とし「今週中に本契約書を作成し、来週中に資金を供給する日程を目標にしている」と述べた。


1

韓国銀行は19日、FRBと600億ドル規模の二国間通貨スワップ契約を締結したと発表した。今回の韓米通貨スワップは、グローバル金融危機時の08年10月30日に締結した300億ドル規模の通貨スワップに続き、史上2番目だ。

現在、韓銀は、連準や1次供給金額、供給方式、金利などについて協議している。 韓銀は600億ドルを数回に分けて供給する計画だ。 ただ、韓銀は1回目の時に相当額を供給できるよう力を入れている。

2008年当時、韓国銀行は5回にわたり入札を行い、総額164億ドルを供給したが、第1次供給額は40億ドルだった。 通貨スワップ締結規模が2倍に膨らんだだけに、1次供給額も08年当時の40億ドルより大きくなるものと見られる。
【韓国人「この韓米通貨スワップって利子を取られるのですか?」韓米通貨スワップ、ドル来週供給へ、1次供給金額は40億ドルより大きい 韓国の反応】の続きを読む