世界の憂鬱 海外・韓国の反応

  • Twitter
  • RSS
> 少女像

    少女像

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    ソウル城北区管内の学生を中心に住民3千人余りがドイツ国民に「平和の少女像」を守ってくれてありがとうという内容の手紙を書いた。

    ソウル城北区は15日、今月13日午後、区庁長室で学生代表らと城北洞名誉洞長のハンス・クナイダー韓国外大名誉教授が出席した中、ドイツ現地を映像で連結して手紙の伝達式を行ったと発表した。

    手紙は、少女像撤去命令のニュースが伝わった先月、吉音洞(キルウムドン)のケソン高校の生徒らが書き始めた。その後、近隣の学校の生徒や大人まで参加し、約3600通まで増えた。



    1

    城北区は手紙の一部を選んで冊子にし、原本とともにドイツに郵便で発送する予定だ。

    ドイツ現地で少女像の設置を主管した市民団体コリア協議会のハン・ジョンファ代表は映像伝達式で「学生たちにも歴史認識を高める良い機会になった」とし「コロナ19が終焉したら手紙を準備した方々と必ずお会いしたい」と話した。

    9月末に建てられたベルリン平和の少女像は、日本側の抗議で先月撤去命令が下された。 ベルリン・ミッテ区役所は、コリア協議会が撤去命令に対して効力停止仮処分申請を出すと、撤去を保留した。
    【韓国人「韓国人がドイツに手紙を3600通送る!」ドイツの皆さん慰安婦少女像を守ってくれてありがとう!感謝します! 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    [アンカー]
    ベルリンの少女像撤去に反対する声が高まっています。少女像が位置するベルリン市ミッテ区のドイツ社会民主党委員長が撤去命令を取り消すよう要求したという現地メディアの報道が出ました。日本の市民団体も撤去反対の声を出しています。


    1

    [記者]
    ベルリン市ミッテ区に設置された「平和の少女像」が撤去されてはならないという主張がドイツの政界でも出始めました。

    ドイツの進歩政党である社会民主党側は「平和の少女像を維持すべきだ」とし、撤去命令を取り消すよう要求したと現地メディアが報道しました。

    ベルリン市ミッテ区所属の社民党委員長は、「少女像が女性に対する戦争暴力関連で重要な貢献をしている」と述べました。
    【韓国人「ドイツ政界もベルリン慰安婦少女像撤去に反対!」ドイツ政界「少女像を撤去するな!」日本の市民団体も反対 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    日本軍「慰安婦」被害者を称えるため、ドイツ首都ベルリンの中心街に建設された「平和の少女像」が撤去される危険に直面すると、国会議員110人余りが在韓ドイツ大使館にこれを阻止してほしいと要請した。

    過去、韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)と正義記憶連帯の理事長を務め、民主党の尹美香(ユン・ミヒャン)議員を含む国会議員113人は13日午前8時50分、ソウル中区の駐韓ドイツ大使館にこの様な書簡を伝えた。ユン議員を中心に同党の李守珍(イ・スジン)議員、尹俊炳(ユン・ジュンビョン)議員、李圭敏(イ・ギュミン)議員ら4人の議員は大使館を訪れ、大使館側と面談した。


    1

    議員らは書簡で「先月28日、ベルリンに少女像が建設されたと言う嬉しい知らせに接した。これはベルリン市民と世界の人々が戦争の中で残酷に蹂躙された女性の人権の歴史を記憶し、勇気をもって闘争してきた被害者たちの精神を継承する崇高なことだった」とし、「しかし、わずか数日後にミッテ区が少女像に対する撤去命令を下したという衝撃的な知らせに接さなければならなかった」と明らかにした。

    また、「少女像の撤去を命じた公文書には、「ミッテ区が韓国と日本の間に葛藤を引き起こし、日本に反対する印象を与えるなどの内容が含まれていると聞いている。これに深い懸念と遺憾を表する」とし「戦時性的暴力として究明された女性人権運動がミッテ区から韓日両国の利害関係事案と見なされ、縮小され、けなされた。これは歴史的事実を否認し責任を回避したことで被害者たちの苦痛を加重させてきた日本政府の立場を代弁するものだ」と指摘した。
    【韓国人「ユン·ミヒャン議員が在韓ドイツ大使館に『少女像』を撤去しないで欲しいと要請!」韓国の国会議員113人が「少女像を守る」書簡を伝達 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    ドイツ・ベルリン当局が都心に設置された「平和の少女像」撤去命令と期間内に強制撤去すると脅しをかけた中、韓国のネットユーザーが「ドイツ自動車不買しよう」と怒りをあらわにしている。

    ドイツ・ベルリンのミッテ区に設置された「平和の少女像」は先月末、現地の市民団体「コリア協議会」が設置したものだ。ドイツでは初めて公共の場に設置されたもので、複雑な手続きを経た結果、今年7月に官庁で承認を得た。

    銅像を設立するためには作品の芸術性と社会的意味がなければならず、地域住民の同意も必要だ。市民団体コリア協議会(Korea Verband)は昨年から少女像の設立を推進してきた。日本大使館が知ることになれば妨害になるのではないか心配で、計画は徹底的にセキュリティが維持された。


    1

    しかし、ドイツ・ミッテ区役所は7日、突然少女像を撤去するよう行政命令公文を送った。申請当時、知らせなかった説明文を設置し、ドイツと日本間の緊張が造成されたという理由だった。当初、ミッテ区では少女像を政治的に中立的な芸術作品と考え、1年間設置を許可したが、そうでないという事実を後になって確認し、撤去決定を下したのだ。

    シュテフェン・フォン・ダセル・ミッテ区庁長は「ミッテ区は寛大で開放的で、平和で尊重する態度で互いに接する100カ国出身の人々が住んでおり、この様な団結性を害さないために歴史的葛藤で一方の肩を持つことを慎むべきだ」とし「一方的な公共場所の道具化を拒否する」と明らかにした。
    【韓国人「韓国ネチズンが激怒!」ドイツ車を不買しよう!ドイツの慰安婦少女像撤去の指示に韓国ネットユーザーが怒りを露わに! 韓国の反応】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング