世界の憂鬱 海外・韓国の反応

  • Twitter
  • RSS
> 日本

    日本

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    スレ主

    日本がここまで壊れてしまった理由

    90年代初めまで、日本は越えられない壁でした。大韓民国が日本に追いつく日が来る?それも私の人生の中で?

    誰かがそんな話を当時持ち出したとしたら、妄想だと言ったでしょう。


    1

    ところが、2~30年が過ぎて本当に現実になっています。

    どうして日本がこの様になったんでしょうか? 大韓民国が目覚しく発展したせいもあるが... 確かに・・日本は壊れてしまいました。
    【韓国人「日本がここまで没落した理由とは?」何故日本はここまで滅んでしまったのですか? 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    スレ主

    韓国・ベトナムの民間関係が完全に駄目になってしまいました。

    もう両国国民の感情は取り返しがつきません、ベトナムの反応はよく分かりませんが、韓国の反応は、昨年日本が輸出規制した時、より反応がもっと悪いです。

    当時の日本に対しての嫌悪でもなく、ほとんど憎しみに満ちた憎しみです。それがベトナムとベトナム人に対する感情です。


    1
    【韓国人「日本よりベトナムが憎い‥」日本の輸出規制は“怒り”だったが、ベトナムの嫌韓に対しては“憎しみ”を彼らに感じる 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    スレ主

    売春婦として食べて行くには、ひとまず若くないといけないし、ビジュアルも、少なくとも平均程度無ければ売れないです。

    それでは大多数が20代で、その一部が30代だとして、その中で+以上、ビジュアルが中程度で27万人居るとすると、一体実際比率がいくらでしょうか?


    1
    【【悲報】韓国人「もし韓国人女性の売春婦が27万人だとしたら、一体どの程度の割合でしょうか?」→「日本に大勢遠征している」 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    「外貨準備高4000億ドルは不足「… 通貨スワップの拡大注文
    韓銀が金融安定機能を拡大すべき…社債の買い入れには食い違い


    武漢コロナウイルスの拡散によるグローバル金融市場のショックに耐える為には、政府や韓国銀行(韓銀)などが通貨スワップ協定などを多角的に拡大しなければならないと、元経済省庁長官、経済研究院長、学会長らが助言した。


    1

    韓国が外貨準備高を4000億ドル以上確保しており、今月22日に600億ドル規模の韓米通貨スワップを締結したが、十分な外貨防波堤というには不十分だというのが彼らの診断だ。

    国内では金融市場の安定の為、韓国銀行(韓銀)の積極的な役割が必要だという注文が殺到した。 無制限国債や社債の買い入れなど、量的緩和を実施している米連邦準備制度(Fed)のように、韓銀も資産買い入れを通じた流動性供給に積極的に乗り出すべきだという指摘だ。 しかし、連準のように韓銀が社債を買い入れるべきかなどについては意見が分かれた。
    【韓国人「滅び行く国日本と通貨スワップをする意味があるのですか?」日韓通貨スワップ再開の必要性‥韓銀も積極的に乗り出すべき 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    スレ主

    ベトナム当局は、日本の防疫水準とコロナ対処能力を高く評価し、ベトナムの精度の高いキットを日本と共有する意思もあると明らかにし、事実上、日・ベトナム両国間でコロナ合弁を開始する。

    日本を利用して韓国を刺激して競争させようとするのか?

    記事:「首相は、日本政府と国民がコロナ19伝染病を統制するための努力を高く評価し、疾病予防と統制に相互協力を強化することを提案したという。」


    1
    【韓国人「日本とベトナムは不意打ちをする似た物同士」ベトナムが日本とコロナ協力強化を提案! 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    3月23日、ベトナムのグエン・スアン・フック首相は、日本の安倍首相宛に書簡を送り、コロナ19伝染病により両国が直面している困難と経済的損失の状況を共有し、協力することを提案したという。

    首相は日本政府と国民がコロナ19伝染病を統制するための努力を高く評価し、疾病予防と統制に相互協力を強化することを提案したという。


    1

    また、ベトナムは2018~2021年の日本とASEAN対話の幹事国、2020年のASEAN議長国、2020~2021年の国連安全保障理事会の非常任理事国として、日本とASEANの協力関係を強化し、緊密な協力の下、政治と外交、投資、貿易、国民的な交流など、あらゆる分野でベトナムと日本の協力関係の強化に両国が努力して行く事を言及したという。
    【韓国人「ベトナムが韓国を後頭部打撃」ベトナム首相が日本の安倍首相に親書「コロナ対応協力強化」を要請! 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国



    スレ主

    ちなみに、この記事は現在ヤフーニュースアクセス1位のニュースです。そしてあのデイリー新潮というマスコミは極右チラシで有名。

    --------------------------------

    韓国政府がどうしようもないのが、為替――ウォンが売られまくっていることです。急激なウォン安を防ぐには、通貨当局がドルを使ってウォン買いにでるしかない。

     しかし、そのドルの弾薬庫である外貨準備が足りないと市場は見透かしている。外貨準備の不足を補うはずの米国とのスワップも、韓国売りに対抗するには威力が足りないと判明しました。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200324-00615756-shincho-kr&p=1


    1





    【日本メディア「韓国、米国の助けも不発で日本にスワップ要求!新型肺炎発韓国の通貨危機」 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    ブラジル代表出身のFWジョー(33、名古屋グランパス)が現在自分がプレーしている日本を称賛した。

    ジョー選手は20日(韓国時間)、ESPNブラジルとのインタビューで「日本はとてもきれいな国だ。そのため、状況が他の国ほど悪くない理由だろう。日本人はすでにコロナウイルスに対する予防法を実践している」と述べた。


    1

    実際、日本国内のコロナ感染者は相対的に少ない方だ。日本のNHKによると、21日午前現在、コロナ感染者は1016人で死者は35人だ。8652人の感染者が韓国より少ない数字を維持している。
    【ブラジル人Jリーガー「日本はすごく清潔な国、それがコロナ感染者が少ない理由だ」と称賛!→「日本サッカー協会会長が感染者だろㅋㅋㅋ」 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    スレ主

    カン・ギョンファは日韓通貨スワップしなければならないそうですね?

    韓米スワップが締結されて、次に「政治的に解決しなければならないことは韓日スワップ」だとwwwww

    本当に笑わせてくれる人ですね。


    1
    【韓国人「カン・ギョンファは日韓通貨スワップを締結しようとしている?」→「信頼出来ない日本の様な国家と結んでは成らない」 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国



    スレ主

    日本と通貨スワップも締結すればいいんですが、最も切実だったのは、米国との通貨スワップでした。

    しかし、これは米国連邦準備制度理事会が先立って経済危機の時に通貨スワップ締結した9カ国に対して一括締結したおかげで、簡単に解決されてしまいました。

    結果として本当に幸いなことです。

    ところで、ここで日本と通貨スワップまで締結したら、為替リスクがかなり解消されてしまいます。


    1

    こういう時、政府の外交政策が残念だったのです。

    現政権が反日感情を政治的に利用している為、対日外交は史上最悪の状態で、「助けてくれ」と頼むには「あまりにも恥ずかしい状況」になってしまったんです。

    本当に答えのない政府です。そんな中でも、日本に対して精神勝で扇動して居るその狂信者たちも情けないですね。
    【韓国人「韓国は日本とも通貨スワップを締結出来れば良いのですが‥日本と通貨スワップすれば為替リスクがかなり解消される」 韓国の反応】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング