世界の憂鬱 海外・韓国の反応

  • Twitter
  • RSS
> 日韓関係

    日韓関係

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    日本のマスコミは、日本政府が日本軍慰安婦被害者に慰謝料を支給しなければならないという韓国裁判所の判決を契機に韓日関係が一層難しくなるものと展望した。

    共同通信は8日、日本軍慰安婦被害者の勝訴判決が下された直後、関連のニュースを速報で伝えてから、韓日の外交関係が「一層激化する見通し」と報道した。

    通信は韓国裁判所の今回の判決が「日本政府の資産差し押さえという前例のない状況を法的に可能にするものである為、衝撃は日本の民間企業に賠償を命じた徴用訴訟を上回る」と予想した。

    関連:


    1

    公営放送NHKも「韓日関係がさらに硬直するのは避けられない見通し」と予想した。

    日本最大日刊紙読売は「元徴用工(日帝徴用労働者)訴訟問題などで「戦後最悪」という日韓関係が一層危機的状況に陥るだろう」と予想した。

    右翼性向の産経新聞も、日本政府を相手にした慰安婦賠償判決で「日韓関係はさらに危機的状況に陥った」と診断した。
    【日本メディア「慰安婦判決で日韓関係は一層の危機状況に陥るだろう」→「日本の国策が嫌韓なのに何を言って居るんだ?」 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    韓国、東京オリンピックなど他分野の協力を提案し、雰囲気を改善しよう
    日本、「強制徴用を先に解決」の立場固守、年内の韓中日首脳会談も事実上不可能

    政府が日本の輸出規制の撤回に向けた対話を条件に韓日軍事情報保護協定(GSOMIA)終了通知の効力を停止してから1年が過ぎたが、韓日関係は依然として改善の兆しが見えない。

    韓国が輸出管理制度で様々な措置を取ったにもかかわらず、日本の輸出規制は続いている上、韓日対立の原因である強制徴用賠償判決問題でも解決策づくりがほど遠い状態だ。



    1

    政府は強制徴用問題とは別に、他の分野で日本と協力を試みているが、「韓国の強制徴用問題の解決が先」という日本の立場が強く、突破口を見出すのは容易ではない。

    22日は、政府が最高裁の強制徴用賠償判決に対する日本の報復輸出規制問題を対話を解決する為に、条件付きでGSOMIA終了を延期して1年目になる日だ。

    この1年間、解決策を見出すことができなかった韓日外交当局は先月29日、日本の菅義偉首相就任後初めて、韓国局長級協議で対話を通じて強制徴用問題を解決しようという共感を再確認したが、立場の相違を縮めることはできなかった。

    このような中、最近、政府と与党の高官が日本を相次いで訪問し、ムードの反転をはかった。
    【韓国人「裏切りを日常茶飯事の様にする韓国を日本は相手にしない!」GSOMIA終了延期から1年‥一歩も進んでいない日韓関係 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    文在寅大統領が11日、青瓦台で行われた外交安全保障分野の元老・特別補佐官たちとの昼食懇談会で、韓日関係の改善と関連して「現在の状況では容易ではない」という趣旨で直接苦悩を吐露したことが分かった。

    文大統領は12日、ジョー・バイデン米次期大統領との通話を翌日に控え、外交安保特別補佐官の鄭義溶と任鍾晳、元駐米大使の安豪栄と趙潤済、ソウル大名誉教授の張達重と河英善を青瓦台常春斎に招き、正午から午後2時10分まで昼食懇談会を開催した。青瓦台からは盧英敏大統領秘書室長と徐薫国家安保室長が同席した。



    1

    複数の出席者によると、この日、外交安保元老と特別補佐官たちが「バイデン氏は『韓米日の協力体制』を強調し、韓日関係の改善を求めてくるだろう」などと話していると、文大統領は日本との関係改善について「強制徴用問題を解決するためには、被害者たちの意思と合意が何よりも重要だが、(韓日関係改善において)このハードルを乗り越えるのは容易ではない」という趣旨の話をしたという。これに対し、出席者たちは「菅内閣は安倍内閣よりも開かれているので、対話・意思疎通を続けていかなければならない」と助言した。
    【韓国人「お前が散々反日を煽って居たからだろ!」文在寅大統領「日韓関係の改善、容易ではない」と悩みを吐露 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国



    三菱売却命令審問書効力
    三菱商標権・特許権 8件
    12月30日以降に現金化が可能
    日本製鉄の資産は12月9日効力


    ◆岐路に立った日韓関係◆


    日本の徴用企業である三菱重工業に対する韓国裁判所の売却命令審問書公示送達手続きの効力が、10日付けで発生した。現在、別途進行中の差押命令決定文の公示送達まで完了すれば、日本が「レッドライン」として設定している差押資産の現金化が可能になる。

    現金化の実現可能な時点が年末頃と予想されるだけに、韓日政府としては至急強制徴用の解決策を講じなければならない状況に直面することになった。日本政府は、日本企業の資産に対する現金化が推進される場合、強力な報復措置を予告し、韓日両国関係に莫大な波及効果が憂慮される。



    1

    大田(テジョン)地裁は10日、審問書に対する公示送達の効力発生で、三菱重工業の差押資産に売却命令を下せる基本的な法的根拠を確保した。実務手続きに当たる差押命令決定文の公示送達の効力は、来月30日0時に発生する予定だ。これからはいつでも裁判所が現金化命令を下すことができるようになる。

    公示送達は、訴訟相手が書類を受け取ったという事実確認が難しい場合、裁判所の掲示板や官報などに関連内容を一定期間掲載し、当事者に伝達したものとみなす制度だ。これに先立って、強制徴用被害者らは昨年3月22日、大田地裁を通じ、三菱重工業の韓国内商標権2件と特許権6件を差し押さえる手続きを踏んだのに続き、売却命令申請を出している。
    【【日韓関係崩壊】韓国人「日本が韓国への報復処置を示唆」日本企業差し押さえ資産の現金化には報復措置‥岐路に立った日韓関係 韓国の反応】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング