世界の憂鬱 海外・韓国の反応

  • Twitter
  • RSS
> 百済

    百済

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    スレ主

    今、日本の大阪にある百済王神社

    古代日本史は百済を除いては説明できないほど百済の影響が非常に強いので、この神社は百済王族が日本に渡って過ごしたことで、百済王族を称える為に作られた神社だそうです。

    関連:


    1
    【韓国人「日本の神社の狛犬は百済(日本語発音:コマ)が起源ですか?」大阪にある「百済王神社」をご覧下さい 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国



    スレ主

    日本のプリンセスであるマコ姫。しかし、彼女は一般人と結婚したら皇室を離れなければならない。




    1
    【韓国人「天皇家は百済の子孫なので、韓国とは遠い親戚ですね‥」日本のプリンセスをご覧ください 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    スレ主

    6世紀の高句麗、百済、新羅、日本の衣服

    韓服が中国の影響を受けたというが、日本人が着ている着物はどこの影響を受けたのでしょうか?



    1
    【韓国人「6世紀の高句麗、百済、新羅、日本の衣服を比較した結果‥」倭寇は裸足で未開でしたね 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    古代日本の氏族の系譜、『新撰姓氏録』訳注本を発刊

    古代日本の氏族1182氏のうち、韓国系氏族150氏が追加で発見された。従来明らかになった韓国系氏族163氏と合わせると、古代日本氏族全体の26%が韓国系になる。

    東北アジア歴史財団は11日、古代日本の氏族の系譜書「新撰姓氏録」の訳注本を出版したことを明らかにした。本は上中下3冊、2200ページの膨大な分量を盛り込んでいる。



    1

    古代日本の王京とその周辺地域に居住する1182氏の氏族誌を集成したもので、8世紀末平安時代を開いた桓武天皇の勅命で始まり、815年に完成した。古代日本の氏族の本館、史跡、祖先の由来など、実態を理解する上で重要な史料となっている。

    系図と類似の面はあるが、祖先の事跡、特に天皇家が奉事の淵源、由来を記録したという点で政治性の強い系図書と呼ばれる。

    今回の訳注本には、新たに明らかになった韓国系氏族150氏に関する情報が追加された。
    【韓国人「朝鮮人と日本人は同じ民族」古代日本氏族全体の26%が韓国系、百済系が圧倒的である事が明らかに 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    百済の歴史の扉が開けられるだろうか。
    国立扶余博物館と文化財庁国立扶余文化財研究所が103年ぶりに百済最後の都である扶余陵山里古墳群(写真。史跡第14号)の再発掘に乗り出す。

    両機関は今月23日、陵山里百済王陵園で発掘調査のための告由祭を行った。

    1917年、扶余・陵山里から朝鮮総督府の古跡調査委員会所属の谷井済一により1号などが発掘調査されて以来、初めて百済王陵院の中心部で再発掘作業が行われた。


    1

    扶余・陵山里古墳群は1915年と1917年、朝鮮総督府博物館で6基の古墳を調査した後、正式な報告なしに整備したことがある。その後、1966年の補修工事中に発見された7号墳とともに、現在は計7基の古墳が確認された状態だ。

    その後、2016年6月から2018年7月まで韓国伝統文化大学校が陵山里西古墳群4基を調査し、墓群の立地と造成過程、礎石の建物址などの資料を確保した。
    【韓国人「天皇の先祖が埋まって居るかも」百済の歴史の秘密は解けるだろうか?扶余陵山里古墳群を103年ぶりに再発掘へ! 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    7世紀百済美術の傑作「百済金銅観音菩薩立像」の返還が、日本の所蔵者の無理な価格要求により事実上実現しなかったという指摘が提起された。

    国会文化体育観光委員会所属の李ビョンフン(光州広域市東区南区乙)と共に民主党議員が11日、文化財庁から提出を受けた資料によると、文化財庁は購入価格問題で交渉が決裂した2018年以降、百済微笑菩薩の返還手続きを中断した。


    1

    百済の微笑み菩薩は1907年に2点が発見され、1点は国宝第293号で現在、国立扶余博物館に所蔵されている。もう1点は当時、日本の憲兵隊によって押収された。その後、日本人コレクターの市田次郎が買い付け、日本に持ち出された。

    学界では、日本に搬出された百済の微笑み菩薩が、国内に残っている国宝第293号より芸術性が高いと評価している。

    国立中央博物館と文化財庁は日本にある百済微笑菩薩を返還するための鑑定価格を反映し、返還金額42億ウォンを提示した。しかし、日本の所蔵者側は、約150億ウォンを希望したという。
    【韓国人「韓国から仏像を盗んだ倭寇が高額な金銭を要求!」百済の金銅観音菩薩立像返還ならず、日本人所蔵者が無理な価格を要求! 韓国の反応】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング