海外の反応 韓国


定診断者治療を引き受けた主治医らで構成される中央臨床委員会は、アビガンを「コロナ19治療に使うだけの根拠が十分でない」と見ている。

彼らは国際学術誌「ネイチャー」などに掲載された論文を分析した結果、アビガンがコロナ19ウイルス抑制効果がなく、副作用も深刻で使いづらいという結論を下した。


1

「アビガンは試験管研究でコロナ19ウイルス抑制効果がなかっただけでなく、患者に臨床試験を行ったデータもない」

「動物実験で胎児の毒性と死亡が報告されるなど深刻な副作用がある薬物」

「中国で治療剤として許可されたというニュースが流れたが、該当記事の根拠として言及されたネイチャー論文では、単に臨床試験患者を募集するとされているだけ」
【韓国人「日本は何でも捏造国」アビガンに深刻な副作用!コロナ治療に効果無し 韓国の反応】の続きを読む