海外の反応 韓国


マスク5部制施行2日目の10日午前11時ごろ、京畿道河南市のある薬局に40代の男性Aさんが入った。 この日は出生年度の末尾が2・7の人がマスクを買える日だった。A氏は、自分に該当事項がないにもかかわらずマスクを買おうとしたが、薬剤師が拒否すると、薬局の出入り口を一度足で蹴り、ドアのガラスにひびが入るようにした。


1

同日午後2時ごろ、京畿道富川市のある薬局では、酒に酔った50代の男性Bが「マスク購入の日ではない」と尋ねると、「それなら、私はコロナにかかれというのか」「ばれたら責任を取るのか」と大声で叫び、別の客を追い出すなど、30分間騒ぎを起こし、通報を受けて出動した警察につかまった。

これに先立ち、5部制施行初日の今月9日、光州市では農業従事者のC氏(63)がマスクが売り切れになると、持っていた鎌で薬剤師を脅した疑い(特殊脅迫)で警察に検挙された。C容疑者は当時、「誰でもばれさえしなければ〇す」と話していたという。 薬剤師は怪我をせず、当時、薬局内に他の客はいなかった。
【【火病】韓国人「韓国でマスクを買えない人が激怒し「鎌で脅し」「ドアを破壊し」暴れて薬剤師に八つ当たりする人間が相次ぐ!」 韓国の反応】の続きを読む