世界の憂鬱 海外・韓国の反応

  • Twitter
  • RSS
> 起源

    起源

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    味コラムニストのファン・キョイク氏

    プルパンまたは菊パンと呼ばれる屋台の料理の花模様が、日本皇室の紋章に由来するかも知れないという指摘をずいぶん前にしたことがある。プルパンには貧しい時代の思い出が宿っており、菊の模様も少し違うように見えて、敢えて問題にするものではないと考えていた。 ところが、これはひどすぎる。 日本皇室の納品菓子でもいいのか?


    1

    人類学者のルース・ベネディクトは、日本の象徴として「菊と刀」を挙げた。 菊は盲目的な忠誠対象の天皇を、刀は無慈悲な暴力の侍を象徴する。

    日本はあらゆる物に日本皇室の紋章である菊の模様を刻む。 菓子類にも例外ではない、日本の伝統は日本皇室にあり、日本のお菓子類の中で伝統を標榜するなら菊の花模様を使うべきだと思う。

    菊の模様は菊のある地域であれば作れる。韓国の伝統文様にも菊がある。しかし、その文様が一地域の文化の象徴として定着し、日常に広く使われることは違う。朝鮮半島でも菊の模様が存在するが、これを韓国の文化の象徴とは考えていない。












    【韓国人「日本の天皇は韓国起源なのだけど‥」韓国の「菊パン」の模様が日本皇室の模様に由来する可能性! 韓国の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     海外の反応 韓国


    「桜は日本による植民地時代に多く植えられた。それで我々がよく見る日本のソメイヨシノは、実は済州島のソメイヨシノに起源を持つ」

    この学説は、韓国人が桜を楽しみながら「日帝の残滓ではないか」という民族主義的罪責感を便利に抑えてくれた。桜祭りが韓国の代表的な春祭りとなり、関連商品が数多く登場する中で、論争が起きるたびに民族主義的な盾として出てくるのが「済州島原産地説」だった。


    1

    しかし、その防御論理はおかしかった。花の原産地とその花を楽しむ文化の発生地は別だからだ。例え世界桜の起源が済州島だとしても、私たちの祖先が桜を楽しんだ例は昔の詩と絵に全く見られない。

    その代わり先祖は梅、つつじ、桃の花をずっと愛し、詩と絵で礼賛し梅の音に酔ってつつじの花煎遊びをした。桜に恋して夜灯をつけて桜を見る夜桜大会、桜の和菓子などを作ったのは日本だった。桜についての俳句詩や浮世絵の木版画も数え切れないほど多い。

    一言で原産地がどこであれ、今日韓国で桜を楽しむ風習は私たちの伝統ではなく、日本による植民地時代を経て日本から来たということだ。
    【【悲報】韓国人「ソメイヨシノの起源は日本」「桜の花見の起源も日本」日本の桜、済州島原産地説は間違いだった‥ 韓国の反応】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング