IMG_8886

「CITY GIRL CITY BOY」 東京編。 

ライブは2本のみでしたが、千秋楽ということで。

赤坂BLITZというところで、
こちらも満員御礼、できてよかったです。

ブリッツって、ほんともう外タレさんが来たりするイメージで、
まさか自分がやるとは思わなかった場所で、
そこでワンマンライブができてよかったです。
(っていうことを、これからもっともっと大きい場所になっても言いたい) 


2階に指定席あるでしょ。
個人的なお話を書いてしまって申し訳ないのですが

本当はワンマンがブリッツ!ってなったときから決めてたんだけど、
照れくさくてなかなか「観にきてよ」なんて言えなかったですね…。
私の家族が観にきてくれました。父母弟みんなで!笑

きのこ帝国のライブは結成したばかりの時に地元でライブがあった時に観にきてくれて以来だと思う。
映像とかは何となくみてくれてるかもしれないけど。

あるときから雑誌やテレビに出ても、
もう報告しなくなったんだけど、
どうやらバンドのホームページをチェックしてるみたいで。

実家はいつでも行けるような距離だから、
母のごはんをちょくちょく食べにいくんだけど(それが楽しみって言ってくれてるし)、
私が報告しなくても、バンドが載せていただいた雑誌がたくさんあった。
ミュージックビデオも、パソコンに疎いはずなのに
弟かなんかの力でみてくれているみたい。

ライブハウスに呼ぶのも、
たばこくさいしお酒は飲まないだろうしドリンクチケットの仕組みもよくわからないと思うし
だからちょっと大きい所でやれるようになったら観にきてもらおうと決めてました。

もう本編序盤でギターを持ち上げて「イェーイ」みたいなことやってたら
家族らしき姿が視界のなかに入ってきたので笑、
なんかエモくなって集中できなくなりそうだからギターとメンバーとお客さんをたくさん見た。
それいつも通りか

IMG_8887
 
一人できたブリッツは入り口が全然わからなくて
スタッフに電話して入り口まで迎えにきてもらった。
次に出ることがあればもう大丈夫覚えた

IMG_8601

IMG_8602

もうなんの写真かわからないけどたぶん入りの時に撮ったやつ。
でもこんな広い所に、
あんなにたくさんの人たちが来てくれるっていうのはもうほんとね

このライブが終わったら制作作業があるから
しばらくみなさんにお会いできないのだなぁとおもうと
なんだか余裕なんてなかったですね
東京ライブでの写真は全然ないし上手いことが全然書けないです、すみません。

そのかわりライブ中の写真が、いろんなところに上がっているので
よかったら見てほしいです。

引きの全体写真も
佐藤さんもしげもこんちゃんもとてもかっこよく写ってます。

http://ukproject.com/column/2015/02/7291/


本番のセットリストはレビューにも載っているのだけど、こちらです。

1.intro
2.海と花束
3.WHIRLPOOL
4.ラストデイ
5.クロノスタシス
6.ヴァージン・スーサイド
7.あるゆえ
8.風化する教室
9.You outside my window
10.国道スロープ
11.パラノイドパレード
12.ユーリカ
13.夜鷹
14.退屈しのぎ
15.夜が明けたら
16.疾走
17.明日にはすべてが終わるとして
18.東京
19.フェイクワールドワンダーランド

encore
20.Telepathy/Overdrive



大阪と違うのはWHIRLPOOLと風化する教室。

WHIRLPOOLという曲はデビューアルバム「渦になる」という作品の1曲目です。
その作品の曲では新曲。
でもこの作品が初めての全国流通。
あの音源を持ってくれている方にとっては、この曲から始まったと思うので、とても大事に思っている1曲目だった曲です。

風化する教室という曲は久しぶりにやったけど(個人的にかなり好きな曲)、
ライブでやるたびに、あの部分で手拍子をして下さる方が増えていったように思い、とてもうれしいです。

「あるゆえ」は音源通りピアニカを使いました。両日とても緊張しました!


本編最後の曲「フェイクワールドワンダーランド」、今回出したアルバムのタイトルにもなっていますが、きっと、これなんです。たぶん、結論が。

「一瞬の世界の美しさに騙されてきみと歩きたいのです」
と、私はこの曲をレコーディングしているときからとても良い歌詞だなって、
佐藤さんに何度も伝えました。

これは家族とか親友とか恋人とかメンバーとか、
みんなの大切な人に向けられるような歌詞だと思います。


取材や前に書いたブログ記事などいろんな所で言っていることでしたが、
私は東京生まれだから、
たぶんみんなの思っている「東京」への思いがちょっと違うのかもしれないけど、
ここに生まれたからいろんなことや大切なひとたちに出会えたので、
私もあの曲が大好きです。


これは、私の勝手な解釈ですが、
「あなたに出会えたこの街」で「歩きたいのです」って、
なんか上手く言えないんですけど
「東京」から「フェイクワールドワンダーランド」につながって良かったなって思いました。
(もっと言うと、「明日にはすべてが終わるとして」も、最後はあの2曲に行くんだよー的な流れがかなりエモかったです)


ブリッツのアンコールはどんな面白いことが起こるんだろう、と思っていたのですが、
あれでしたね。
テレパシーの曲中、メンバー3人キャップ投げてましたよね!笑
正直に言うと、私は普段もかぶりたいなと思ってしまったので、投げる勇気がありませんでした。
みみっちい女でごめんなさい…。

しげが投げたキャップが私の目の前を飛んでいって、下手の最前列の柵の前で落ちていったのを見ました。あれ誰か拾えたのかな、結局どうなったんだろう。


私はライブでいつもお守りのようにマイクスタンドに付けているピックを4枚投げました。
みなさん取ってくれていたみたいでうれしかったです。
投げるんだったらなんか書いておけば良かった。でもそれなんか予定調和な感じがしていやらしいな笑


先程も書きましたが
私たちにとっては
春までライブをお休みするので区切りのような日だったのですが、
さみしいとかではなく、みなさんと楽しく過ごすことができてよかったです。
3ヶ月ですからね。時間の経過的にはすぐです。


3月卒業、4月から新生活っていう方もきっと多くいらっしゃると思います。
環境が変わって
楽しいこともさみしいこともたくさんあると思います。
でも自分のなかで変わらないポリシーとか
大事なことはずっと持っていられますように、
自分も含めて。


チームKをはじめ、たくさんの人が私たちに関わって下さったり、
リスナーのみなさんにきのこ帝国の音楽を聴いて好きだと言って応援していただける
ということは文字通り有り難いことだと思います。
みなさんの熱い魂を常々感じられているきのこ帝国は本当に幸せ者です!
いつもほんとうにありがとうございます。




最近は
春に新しい作品を皆様の元にお届けできるように、
制作真っ最中です。

すぐステージに戻ってきます!
それまで元気でいて下さいね。 

また皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。 


有り難うございました!