December 30, 2017

サンティアゴ写真集

PC271762




































旧市街のカテドラル スペインから入ったこともあり通じるものを感じる

PC271763




















チキンの丸ごと焼き チリではファーストフード感覚

PC271765




















魚市場でいただいた魚介のごった煮 ダシが出ていて美味

PC271767




















新鮮な魚介が並ぶ 市場は活気があって大好き

PC271769




















市内を走る連接バス 南国ムードも漂う木々が

PC271775




































GHにいたワンコ めちゃなついてかわいい

PC281776




































花ひとつとっても遠い遠い国にきた気分♪


sekainohiromami at 17:39|PermalinkComments(0)

チリ サンティアゴ

12月26日晴れ
深夜0時マドリッド発。夕食にワイン用のショットグラスがあり、スチュワードがボトルを持って注いで回っていた、さすがスペイン。15時間飛び10時にサンティアゴ着。イミグレからこんにちはとかウエルカムチリ、とすごくウェルカムモード、南米に来たって感じ。免税店でランコムのクレンジングゲット。外に出ると長袖じゃ暑い、冬から一気に夏。
タクシーの客引きを難なく振り払いローカルバスで街中へ、首都の割にのどかな街。途中反対側に歩いたりしつつも何とか到着。住所をメモしたからよかったものの看板がない、人の家みたいでピンポンも勇気がいる。でも中はすごく開放的でネットも4台あるしリビングテラス、キッチンダイニングとゆったり広々。2時間ほどネットやり、マドリッドで英訳でしか見れなかったメールを確認して一気に返事をする。フリーのバナナやリンゴをいただきジェノベーゼパスタを作る。
シエスタのつもりが20時!そして明るい。買い物袋持って歩いてくる人々を逆にたどりスーパーへ、肉コーナーが充実しているけれど魚コーナーはいまいち。夕食はピザにする。ポテチは350グラム、ジュースは2リットルから2.5リットルとヨーロッパをしのぐでかさ☆宿で食べているとワンコが寄ってきた、懐っこくて可愛い。
〜Hostel de Sammy〜12,000CL

12月27日晴れ
8時起き、ネットサーフィンで今年の日本を振り返る。スポーツはオリンピックとイチロー、エンターテイメント系はついていけない…イスラエルとパレスチナの戦争が始まった、ちょうど1ヶ月前にいた。変な緊張感はずっとあったけれどほんとに危ない状態だったことを知る、忌憚なくに行くことができた。
朝食は9時からりんごとバナナを混ぜてあるパンケーキ取り放題&スクランブルエッグ♫10時外へ出ると少し肌寒い、でも心地よい。旧市街へ行きカテドラルへ、今日のお目当て中央市場ではサーモンいっぱい!陽気なお兄さんの食堂でサーモンのグリルと12種の魚介類のごった煮、サーモンはふわふわでおいしい☆ 食前に魚介エキスのレースと音スープのサービスもあったが臓物形できつい…
ホコ天を歩きつつ民芸市をブラブラ、小さなお店がいっぱいで破れたハーパんかの代わりやモアイ、ポストカード、ラピスラズリなど途中から何見たらいいかわかんなくなる。直感で行動できればな…お土産選びは時間がかかります。
新市街まで行ってみてショッピングセンターへ、1,000円から2,000円の大安売り。2つ見たけど結局旧市街のセールしているショップで黒のダボパンゲット、ひろが一生懸命選んでくれた。暗くなり始める20時スーパーで買い出し、あっという間に21時、夕食は茄子トマト玉ねぎ炒めて野菜不足を解消。

12月28日晴れ
8時起き、くるみパンもあり満腹。ほとんどのmuseoがフリーのため旧市街を歩いていたら遠くから久しぶりーって言われる、誰かと思ったらなんとトモくん!坊主でタンクじゃないし痩せてて全然わかんなかった、しかもパタゴニアにいると思ってた。バーガーキングで旅話、カメラなどをスられたいきさつを聞いたり南米や今後の話をする。一緒にプレコロンビア博物館、民芸市、現代アートのビスアレスへ。マヤやインカ文明の面白い像にたくさん会う。ともくんは相変わらずガイドブックなしの旅、なんとかなる精神は凄い。
そのチキン一羽とアイスを一緒に食べて明日も会う約束をする。付き合いが浅い分気疲れもするけど、考え方とか共感するところも多々あって純粋に一緒にいて面白い。そして2度目の偶然、出会いに運命的なものを感じる。その時、その場所になければ重なることがないそれぞれの時間…スピリチュアル…☆

12月29日晴れ
8時起き、リマの宿を押さえペルーの他の宿もチェック。街へ出てひたすらショッピング。モアイのはがき、女性陣にはラピスラズリ、ピアス、モアイ像やショットグラスなど。ひろが水色のとっても綺麗なネックレスをプレゼントしてくれた。
昼は魚肉のホットドッグ、味はいまいち。イースター島へ向け食べ物ゲットしトモくんと夕食を買いに。トマトとズッキーニのパスタ&600gの牛肉、肉はしっかりしていておいしい!ジュース2本とワイン2本で豪華な食卓。夜中の2時まで昔の話や旅行、今後の話などをする。トモくんは明日シドニーへ、私たちはイースターへ…
朝に10ドルチャージしたSkypeで電話してみる。10分0.2ドル、普通に話せて50円いかないのはかなりありがたい!タイぶりのひでちゃんの声、懐かしい☆

☆サーモン美味しい、柔らかすぎ〜
☆意外と安いファーストフード、ラピスラズリも
☆スーパーはSanta isabel
☆エンパナーダ、アトゥンのローカルフード旨
☆ブラックチェリーにプラムがお買い得
☆チリ→アルゼンチンペソは驚くほどレート良し

sekainohiromami at 17:26|PermalinkComments(0)

マドリッド写真集

PC221724




















マドリッドのクリスマスイルミネーション たくさんの建物がこんな感じに

PC231728




















ショートトリップ チンチョンの街 中心にあるマヨール広場

PC241748




















スーパーに売られる豚 クリスマス用なのか丸ごと。。。

PC241750




















スペイン最後の外食 前菜のトマトとナスのミルフィーユ 最高☆

PC241756




















ヨーロッパのカフェはどこも雰囲気があり素敵

PC241760




















ヨーロッパ最後のGH キッチンバスタブ付きに感激

PC251761




















ニューイヤー近づくカサデカンポのレゴ湖 静かな朝


sekainohiromami at 12:13|PermalinkComments(0)

December 09, 2017

トレド写真集

PC201656




















マドリッドのバルでいただいたランチのメイン 豚肉と牛フィレ

PC211658




















古都トレドの古城ユース 趣のあるエントランスにうきうき

PC201657




































古城の中は現代風に改装 きれいなツインルーム 奥の白いのは暖房装置

PC211667




































冬の青空に映える市街のカテドラル

PC211668




















見るからに甘々のスイーツ&パン

PC211669




















スペインと言ったら生ハムメロン 生ハムジューシーで最高☆

PC211672




















トレド名物ウズラ料理 くせがなく身がしまっている

PC211685




















古城ユースのライトアップ 12月の夜に静かにたたずむ

PC221699 




















タホ川の外側から眺めるトレド旧市街


sekainohiromami at 22:37|PermalinkComments(0)

古都トレドからクリスマスのマドリッド

12月20日晴
早朝4時マドリッド着、なんなく入国できるヨーロッパに感謝☆ラン航空のカウンターが開くのを寝ながら待つ、他は開いたのに10時になってもランだけ開かないのでイベリア航空で次のリコンファームをする。ランは夜のフライトばっかだからまだ開かないらしい。メトロでソフィアを目指す、それにしても寒すぎ!スーパーリドルとレストラン探し、結局ソフィア美術館近くのバルのようなところでアーティチョークやミックスパエリア、メインは肉厚の豚と牛肉、プリンとチョコタルトのデザートもハズレなしでグッド☆ワインもピッチャーで出てきてひろ大満足!エジプトの安いのもいいけれど手頃に手の込んだものも心から満足できる。
14時半から無料のソフィアへ。1番印象に残ったのはピカソのゲルニカ、2番はダリ、ミロはほんと不可解…その他現代アートが興味持てず、男女のヌード写真もあり衝撃。歩いて南ターミナルへ行くと別のターミナルを教えられ、5分前にチケットゲットし熟睡しながらトレドへ。古城は清潔なほてる並みのツインルーム、丘の上でライトアップされとても雰囲気良し。やっぱり大好きヨーロッパ♫
〜Castillo de San Servando〜€19.5

12月21日晴
朝8時少しずつ夜が明ける、10時霜が降りている。昨日ひろが洗ってくれたフリースはちょっと濡れてるけどないとやっていけない。日のあたる道はとても気持ちが良い、川に沿って街の外側を進む。ユダヤとイスラムが融合したトランシト教会に入りいざグレコの家!と思ったら改装中で入れず涙。カテドラルをみつつ広場へ、おじさん中心の楽隊がクリスマスソングを奏でてとても素敵☆
トレド名物うずらを求めレストラン探し、雰囲気のよいところかウズラか迷いウズラに。路地のにぎわっているところ、Menu del Dia本日のメニューの中に発見!生ハムメロン、カスティーリャスープ、ウズラのトレド風、マスのトマト煮。スープはパンとベーコン、ニンニク卵入りのブロードであったまる。ウズラは玉ねぎと煮込まれ身がしまって、マスも臭みがなく柔らかい。デザートのライスプディングだけは…アップルパイに変えてもらう。
サンマルティン橋を越えて街並みをビューポイントへ、アルカサルから下の住居まで1つのフレームに収まる最高の眺め。イルミネーションが見れるまで待ち再度街中へ、ろうそくやリボン、もみの木などとてもきれい☆ハサミを借りてお互いの散髪。1日1日近づくクリスマス、静かに流れていく時間がとても気づかせてくれる。きれいな街にきれいな空気。

12月22日晴れ
8時半起き、トレドの外側を一周お散歩、タホ川の対岸から眺める。日陰は凍っていて超寒い。1時間歩き無料のサンタクルス博物館へ行くと最後の最後にグレコがあった!誠意剥奪と聖母昇天が見れるとはトリハダ感激☆衣服の赤色、しわ、空の様子が印象的。
マドリッドへ戻る、トレドよりあったかく救われる。宿のパソコンは日本語使えずDiaに買い出し、豚肉500g2€と破格でついつい買ってしまう…イルミネーションを見に街へ出るとマヨール広場はクリスマスの屋台だらけ。ソルから伸びるストリートは全てキラキラ☆たくさんの人、ワクワク、残りわずかのヨーロッパ。
〜Mad hostel〜€26

12月23日晴れ
8時半起き、クロワッサンとシリアル、パンジャムコーヒー、ホットチョコなど久しぶりの朝食付き、スペインいち豪華。La ROZのバス停まで歩きチンチョンへショートトリップ。11時2分に到着すると11時発のバスはない、さすがヨーロッパ時間に厳しい。11時半のバスもきっちり時間通りに出発、心地よいバス。
闘牛場にもなるマヨール広場、こじんまりしていて可愛い。教会近くでハムエッグサンドイッチを食べインフォで見所を聞きアトリエのようなところへおじゃまさせてもらう、モダンな絵画あり。お城へ行きオリーブ畑と街を見下ろす、サフランボルみたいに小さくて赤い屋根に白壁。18時30分に開く教会でゴヤの聖母昇天が見れるのでそれまで待つか迷いながらも諦め、16時のバスで戻る。
プラドに入る前に時間があってレティーロ公園で夕日を眺める。3度目ラストのプラド、ベラスケス、グレコ、ゴヤ、ルーベンスとお気に入りのみ見て帰る。昨日買った豚肉はバルサミコソースでいただく、甘くておいしい。22時に駆け足でイルミネーションを見に出る。冬の寒さと心の温かさが交わるクリスマス、みんな笑顔☆

12月24日晴れ
8時起き、朝食はドーナツクロワッサンの他にベーコンエックを作り素敵な食事にする。同部屋のコリアン(予想)はずっとネットやっててコードが引っかかる… 10人ぐらいのグループもいたりいろんなイヴの迎え方があるんだ。
街へ繰り出す、映画をチェックしに行くとスペインは夕方からしかやらないことに気づく、そしてイヴは1本しかやらない。キアヌリーブスの地球が静止する日に決まり。デパートやスーパー、エルイングレスでのクリスマス気分を味わう。化粧品と食材は高いだけあって種類が豊富、魚コーナーのエビカニが人気。丸焼き用の子豚も10体くらい並ぶ。
ケーキコーナーも下見し、カフェイルーニャとイロギを記憶と人を頼りに見つけ出すもクローズ…ソル近くのおしゃれなカフェで10.5ユーロのデルディアを頼むと、これが大当たり!今まではおおざっぱな味のものが多かったけれど、ここのら手のこんでいるフレンチのよう。ミハス野菜はトマトとナスをミルフィーユ状に重ね、まろやかなチーズや豆のようなソースで上品に。豆とチョリソのスープもボリュームたっぷり。メインはスペアリブ、ジューシーで最高☆デザートにライスプリンはなく超おいしいとろとろアップルパイ&チョコクレープ。窓辺でふいんきも良くクリスマスムード全開♡
水曜割引でキアヌの映画を見る、スペイン語なのでほとんど分からない…近未来&多分親子愛、迫力があった。18時過ぎてリドルに行くと閉まっちゃっていて、大手デパートでアイスやチョコなど最小限の買い物をする。少し外れたところにあるアパートホステルに宿替え、部屋に入ってびっくり!キッチンにバスタブまで。バリぶり5ヶ月ぶりのお風呂でアカスリ、ソファーでくつろぐ。寒い冬暖かい場所で温まる心、ランチに部屋に、思いがけないスペインからのクリスマスプレゼント☆
〜A &H Apartments International 〜€49

12月25日晴れ
8時半起き、大渡の部屋で朝からフレンチトーストを作りアイスをのせて激うま。食材とキッチンがあればいろんな楽しみ方ができる。ドラゴンボールやキャプテンつばさ、ドラえもんなどをやっていた。ひろの絶品カルボナーラでちょっと早いランチをとりチェックアウト。特にあてもなくお散歩、車も人も少なく日本のお正月のよう。ソルやマヨール広場も人が少なめ。
スペインで食べ残したチュロス&ショコラテを探し、おばさんが親切に教えてくれた方向へ行く。ホテルとつながっている落ち着いたカフェで、パウンドケーキとカフェオレもオーダーしカウンターでいただく。チュロスはカリカリ、ショコラではドロドロ、砂糖でお好みの甘さに調整できめちゃうま。パウンドケーキもシンプルでグー、カフェオレはまろやかでグー♪とても贅沢で素敵なひととき。
カサデカンポのレゴ湖まで歩き尽くす、南米人らしき人々が煮込み料理やら肉を焼いたりしていた。メトロで宿、そのまま空港へ早めの19時着。今後のフライトのリコンファームをする、乱高下が親切でいい人そう。平和で幸せなクリスマスを一緒に迎えられてよかった。
スペインを大満喫、ヨーロッパやっぱり素敵なことを再確認。また絶対来なきゃ、いつになっても憧れの場所。

☆男女ために世話小さめ、女の子が細〜い
☆超質素なブレックファースト ビスケット&カフェが基本
☆南はシエスタ、他国の南部に比べてはるかにきれいな街
☆教会の祭壇が豪華に、キリストが紫か黒の服を着ている
☆レコンキスタのおかげの豚肉、生ハム
☆お世話になったスーパーDia

sekainohiromami at 22:18|PermalinkComments(0)