媛県西条市の商店街の元気な皆様と意見交換し、その場の流れで、お店を紹介してもらいました。


「ガラガラガラ」、夜にたった1店シャッターを開ける音や、何かの秘密を教えてもらうような感覚が、とても面白かったです。


案内いただいたのは、洋服屋さんリバティ
https://www.facebook.com/dressyliberty/


リバティの特長は、ショーウインドウに、敢えて服を飾らないこと


IMG_5252

月替わりで、地元の方が制作したさまざまな作品を展示。

「毎月、ふさわしい作品を見つけるのは大変ですが、私自身地元を知るきっかけになるし、作者が友達を連れてお店に来てくれます。」と店主の十亀かね代さん。


「お店の中もネイルアート、足つぼマッサージ、・・・日替わりでショップインショップを開催しています。地元の素晴らしいものの委託販売も始めてます。お店に人や情報が集まるのが嬉しいです。」

IMG_5264


IMG_5259

商店街における個展の経営戦略の一つは、お菓子屋に象徴されるように、
・自分が作ったものを、自分が決めた値段で販売する
ことにあると言われていますが、


他人が作ったものを扱う洋服屋さんでも、場づくりや来店のきっかけは、工夫次第でいくらでも作ることができる。「服を飾らない洋服屋」リバティは、そのことを強烈な個性で伝えているような気がします。


もっと知りたい!
気が付けば商店街の空き店舗がゼロに(みまーも)

日南市油津商店街の木藤亮太さんが語る商店街再生の極意「隙間を埋めるのではなく隙間をつくる」

4eb2faa6[2]
<井上貴至のプロフィール>
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68458684.html


<井上貴至の働き方・公私一致>
東京大学校友会ニュース「社会課題に挑戦する卒業生たち
学生・卒業生への熱いメッセージです!
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68581524.html



<井上貴至の提言>
間抜けな行政に、旬の秋刀魚を!