今年4月にリニューアルした愛知県の蒲郡競艇場を見学しました。

蒲郡競艇場は、これまでも最先端の取組を続けてきましたが、大改装でますます面白くなりました!まさに「競艇界のディズニーシー」です。
DSCF2490

●蒲郡競艇場のこれまでの主な取組
昭和57年 蒲郡競艇場の舟券を尼崎・若松競艇場において場外発売(競艇界初)
平成10年 インターネット・ホームページ開設
平成18年 年間180日間オールナイターで開催(競艇界初)

➡ 夜に(仕事帰りに)場外でインターネットで舟券を購入できる環境を整備することで、ファンの層を大幅に拡大することに成功。

また、競艇場の本場に足を運んでもらうためにも、さまざまな取組が進められています。
昭和39年 冷暖房完備の特別観覧席完成(競艇界初)
平成11年 競艇場内に回転寿司店をオープン(競艇界初)

これらの結果、平成21年には売上高が1, 005億円となり、全国1位に!

全国の他の人気競艇場(埼玉の戸田競艇場、東京の平和島競艇場、大阪の住之江競艇場あるいは福岡競艇場など)がどれも都心の近くにある一方、蒲郡競艇場は名古屋から1時間近くかかる(その上、名古屋からは常滑競艇場も近く、蒲郡の東にはすぐ浜名湖競艇があり競争が厳しい)ことを考えると、売上高1位は、まさに工夫の賜物です。

今回の蒲郡競艇場の大改修では、全国1位の知恵が惜しげもなく、つぎ込まれています。

DSCF2461

メイクアップ教室とタイアップ
 まねメイクの元祖・梶恵理子さんを招いて、メイクアップ教室を開催。美容師さんなど若い女性の方がたくさん集まります。
 メイクアップ教室の開講中にも、レースの開始を伝えるファンファーレが鳴り響くのがとても印象的。
 その後、初心者向け競艇講座で、競艇の魅力を簡単に伝えた後、実際にみんなで予想して、賭けてみます。

 このすごく綺麗な空間では、特に若い女性を呼ぶためのさまざまなイベントが企画・開催されますが、なんと結婚式が開かれたこともあるそうです。

DSCF2464DSCF2471
季節に応じた飾りつけ
  僕が見学した時は、ちょうどハロウィーンの飾りつけ。皆さんも、わくわくしてきませんか。
 案内いただいた蒲郡競艇場の経営企画課長さんは、「こういう企画は行政が考えても面白くない。全て委託企業に任せています。」とのこと。

DSCF2477
ごみが一つも落ちていない
 多くの競艇場は、出走表や外れ舟券が散らかっていますが、蒲郡競艇場では頻繁に清掃。ごみが一つも落ちていません!
DSCF2489
 また、マナーアップキャンペーン期間中は、専門のスタッフが明るい笑顔で声掛けをするとともに、場所取りのため、席の上に置かれた出走表もすべて回収します。

 他の競艇場では周りが汚れているのでついつい汚してしまいがちですが、蒲郡競艇場ではまれに落ちているごみを自分で拾いたくなります。

床は木の温もり
 多くの競艇場では、床はコンクリートの打ちっぱなしですが、蒲郡競艇場は木。木の温もりを感じます。また一部を取り外し可能で、汚れた場合・傷ついた場合にはすぐに対応できます。

DSCF2488
イベントが充実。
 ステージでは、歌手やダンスなどのイベントが充実。家族連れで座って楽しむことができます。

DSCF2484
キッズルームも整備
 ガラスに書かれたキャラクターは、ゆるキャラの先駆けトトまる君。1990年代から活躍しています。

DSCF2481DSCF2493

これらの結果、蒲郡競艇場には、高齢の年金受給者だけではなく、カップルや子供連れもたくさん来ています。まさに「競艇界のディズニーシー」、蒲郡競艇場ではいずれパレードが始まるかもしれません。

また、行政施設は「建てたら終わり」というところが少なくありませんが、投資や仕掛けをうまく循環させるという意味でも、蒲郡競艇場は「競艇界のディズニーシー」だと思います。


●そして、蒲郡競艇場はディズニーシーより、とてもリーズナブル
蒲郡競艇場の一般席の入場料はわずか100円!(ちなみにディズニーシーは、6,400円)

フードコートも充実しています。
蒲郡特産の海鮮丼、赤出汁までついて、こんなに大盛りで500円!
DSCF2486DSCF2485

DSC_1060

ぜひ皆様も蒲郡競艇場へ。
 
<関連記事>
蒲郡競艇場 売上高日本一の秘密
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/67001802.html

蒲郡三谷祭 ♪あいよ~ おいよぉぉぉ~ やぁねぇ~♪
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/66992062.html

蒲郡市民病院の公開講座「脱メタボリック宣言in蒲郡」~病院と患者をつなぐ~
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/67591758.html