今週月曜日、愛知県新城市で初めての中学生議会が開かれた。

生徒会の役員をはじめ各中学校を代表する生徒が、期限までに質問内容を通告した上、市の執行部に質問。市側も、通常の議会と同様に、穂積市長をはじめ市幹部が、真剣勝負で答弁した。

新城市中学生議会

中学生の主な質問内容

◎私たちの学区では、新東名高速道路建設工事が着々と進んでいますが、工事が開始された頃から、私たちの学校では、夏場にハエやコバエが大量に発生するようになりました。私は3年生になったら勉強に力を入れたいと思っているのですが、ハエがまた大量に発生するのかと思うと気が重くなります。皆様方のお力でハエやコバエ発生の原因を突き止め、早急に対策を立てていただけないでしょうか。

 


◎昨年の夏、野球部の先輩が練習中に足首の骨を折る大けがをしました。その時も、かなりの時間が過ぎてから、市内では治療できる病院がないことがわかり、豊川市民病院まで搬送されました。私が所属するバスケットボール部もけがの多いスポーツなので、その話を聞いてとても不安になりました。これは、けがや病気をする確率が高いお年寄りはなおさらだと思います。今後の医療政策や育児政策をどのようにお考えでしょうか。


◎私が通う作手中学校は築48年の学校で、母も同じ校舎に通ったと思うとその歴史の重みを感じ、愛着を感じます。しかし、その反面、老朽化が目立ってきたことも事実です。教室の床と壁の間には隙間があって外が見え、この季節は寒い風が吹き込みます。背面の黒板は未だにマグネットが使えず、でこぼこしていて書きづらいです。そこで、
作手中学校の建て替えの計画はあるのか、あるならいつごろか、教えてください。



◎一昨年の台風で国道301号線が通行止めになりました。これは私の生活に大きく影響し、作手地区の不便さを感じたできごとでした。私の住む協和学区から新城市街へ出るには一度山道を上がり、作手の高里から旧鳳来町を回る必要がありました。多くの人が不便な生活をしていたのにもっと早く復旧することはできなかったのでしょうか。もっと工事業者を入れ、効率的にやることはできなかったのでしょうか。

 


◎新城にインターチェンジができます。今後の新城市の都市計画を考える時、どのエリアを中心に発展させていく予定なのか教えて下さい。例えば、新城駅中心に行うのか、新しい庁舎中心なのか、1 5 1 のバイパス中心なのか、インターチェンジ中心なのか、それとも複合的にエリアをつなぎ合わせていく予定なのか。どこも重要なエリアばかりですが、特に中心とするエリアはあるのでしょうか。



◎私たち生徒会役員は、東北を訪問しました。そこで現地の中学生や被災した方に出会い、実際に体験談を聞き、現地を訪問する前と後では、私自身の災害への考え方、防災への意識が大きく変わりました。被災地の情報だけなら、テレビやインターネットで知ることができます。しかし、実際に被災地を訪問し、現地の人たちの体験を聴いたり、被災地でみたりしたことを中学生の言葉で伝えることで、市民の皆さんの防災意識を高めることができるのではないでしょうか。市が主催して中学生の被災地訪問を実施することは可能でしょうか。おたずねします。


最近、中学生議会が、東京都町田市や奈良県野迫川村をはじめ全国各地で広がりつつあるが、行政や議会の仕組みを知ってもらうための取組、我が街に愛着を持ってもらうための取組として、とても面白い試みだと思う。


自分のまわりにある問題から少しずつ論点を掘り下げ、我が町の歴史や、背後にある制度にも自然と関心を持つことができる。社会科って、受験勉強では暗記科目の最たるものと捉えられがちだが、本来は、そういうものだったんだなと改めて思う。


新城市の担当者は「「時間」と「場所」を共有することが大切」と語っていたが、こういう取組をぜひ続けてほしい。


地方自治は民主主義の学校である。


(関連記事)新城市市民総会「座れる町」新城
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/67104247.html