先週の地域力おっはークラブでは、豊橋の商店街マネージャー長坂尚登さんにお話しいただきました。

地域力おっはークラブは、地域の現場で活動する人の想い、経験、知恵をみんなで共有する勉強会。長坂さんからも示唆に富んだお話を伺うことができました。
DSCF2607

長坂さんは、
●豊橋のまちなかイベント情報をまとめたサイトの作成
●豊橋まちなかお店マップ、まちなか看板娘など地図の作成
●空き店舗・空き家見学ツアー
●商店街の空きスペースをリノベーションしたHANACOYAの運営
●豊橋に日本一の図書館をつくろうプロジェクト
など地に足のついた斬新な取組を続けられている今、注目の人です。

IMGP1471はなこや
(豊橋まちなかマップ(左)  HANACOYA(右))
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/67809740.html

その長坂さんが、豊橋に戻って最初にやったのが「ひとりテレフォンショッキング

まちなかのキーパーソンにお会いして、笑っていいともの「テレフォンショッキング」のようにその場で電話で紹介いただき、次から次にキーパーソンに会いに行かれたという。

その結果、
●まちなかを知る
●僕(長坂さん)自身を知ってもらう
●まちなかの人間関係を知る
ことができたそうだ。

かつて、地域力おっはークラブで、
鯖江市地域活性化プランコンテストを企画する竹部美樹さんも、
●地元のお祭りなどに積極的に参加して中心的な方々に声を掛ける
●地元新聞に掲載されている学生に会いに行く
ということを積み重ねたことが、今のコンテストにつながっていると言われていた。
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/67718277.html
竹部美樹様

また、ユーグレナの出雲充社長も、世界初のユーグレナの屋外大量培養を実現するため、日本中のユーグレナ研究者に、夜行バスに乗って会いに行かれたという。そのネットワークが今の強みだと言われる。

IMGP1911
<出雲さん講演録~世の中にくだらないものはない~>
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/67892607.html
今回、長坂さんのお話を聴いて、まずは出向いてに会うこと、そして人間関係を築くこと、これが成功への王道のひとつだと、改めて実感しました。長坂さんの斬新な取組の背景に、愚直な行動の積み重ねがあるというのは興味深かったです。

DSC_0511
<関連記事。長坂さんの取組の紹介はこちら>
◎長坂尚登さんが地域活性化伝道師に〜これからも若者を地域活性化伝道師に推薦します
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/67894724.html

◎これが商店街がつくった地図!?まちなか看板娘
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68065090.html

◎豊橋まちなかお店マップが完成~869人が教えるおすすめ52店
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/67809740.html

◎長坂尚登さん~地元豊橋の商店街を振興する
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/67593714.html