キリンビール原宿本社跡地に日本最大級のリハビリテーション病院がオープン
僕も開院式典に参加してきました。

DSCN1310

運営する一般社団法人「巨樹の会」は、日本最大のリハビリテーショングループ。全国70、000床のうち約2、000床が、「巨樹の会」のリハビリ病床(シェア3%)。

佐賀県武雄市の市民病院を譲り受けた
ことでも有名です。

DSCN1322

1泊50、000円の差額ベッド代がかかる最上階は、まるでホテル!

部屋着やリハビリ用の服も好みにあわせて選ぶことができます。星野リゾートみたいです。ベッドも、もちろん最高級のフランスベッド。腰や背中への負担が小さく、床ずれが起きにくいのが特長です。

DSCN1323

DSCN1324

窓から見下ろすNHKホールも爽快!

DSCN1317

原宿リハビリテーション病院がすごいのは、もちろん部屋だけではありません。
急性期病院と自宅をつなぐのがリハビリ病院の役目部屋から出たくなるための仕掛けも充実しています。

お洒落なラウンジだけでなく、本格的な茶室まで。これには驚きました。

DSCN1313


DSCN1315

もちろん、この病院は、お金持ちだけをターゲットにしているわけではありません。

差額ベッド代なしの部屋はこちら。十分に快適です。

DSCN1342

お風呂は入院した方の楽しみ。

大浴場ではなく、小さなジャグジーをたくさん用意。ゆっくりと入浴することができます。(こちらも差額ベッド代なしです。)

DSCN1347

食事も美味しそう。

DSCN1328

差額ベッド代をいただくことで経営が安定
職員を手厚く配置することができました。

そうすると、他の施設では週1・2回のお風呂も、原宿リハビリテーション病院では週3回。マンツーマンのリハビリも全国平均の1.5倍の1日3時間を確保することができます。

そして、こうした手厚い対応は、患者さんの自宅への復帰率の向上に直結します。系列病院では、全国平均(約70%)を大きく上回る約80%が自宅へ復帰。

DSCN1336

自宅は必ずしもバリアフリーではありません。自宅にも対応できるよう敢えて「バリアアリー」のリハビリ施設も設けられています。これも規模が大きいからこそできること。

DSCN1339

世界初のサイボーグ型ロボットHALもレンタル

身体にHALを装着することで、身体の不自由な方をアシストしたり、いつもより大きなチカラを出したり、さらに、脳・神経系への運動学習を促すことができます。

こうしたことも、規模が大きいからこそできることです。

DSCN1335

規模の拡大が、質の向上につながる好循環を生みたい。」と巨樹の会理事の桑木晋さん。

やはり職員も、最先端の設備が整ったところや、綺麗な環境で働きたいと思うのが人情。そして、手厚い職員の対応が、患者さんのサービスに還元されていきます。

DSCN1312
(スタッフステーションも充実)

職員がたくさんいるからこそ、研修段階ごとの昇進システムも充実。職員のモチベーションをあげる仕組みが構築されています。

原宿リハビリテーション病院いろいろと面白い病院です。
皆様もぜひ!

原宿リハビリテーション病院
http://www.harajuku-reha.com/

<関連記事>
天国に一番近い霊安室を覗いてみました(千葉県鴨川市・亀田総合病院)
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68123185.html

『病院がトヨタを超える日』(東京都八王子市・北原国際病院)
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/67072099.html

「星野リゾート」アンジンに学ぶ感動する場の作り方
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68261792.html
地域づくりは楽しい二行