先日の長島町議会で、7月1日から副町長(地方創生担当)に就任することにつきまして、全会一致で同意いただきました。

長島町役場

人とお会いするのが何より好きで、「地域で活動する人はそのホームグラウンドでこそ輝く」という信念の基、東京で働いているときは、毎週末私費で北海道から九州まで現場を訪ね歩いてきました。

地域で活動する人は自分の地域のことはよく知っているが、よその地域や業界のことは知らないことが少なくありません。僕がご縁をいただいた人・場・事例をつなげることで、新しい花が咲くのではないかと思い、地域のミツバチ.活動を続けてきました。

こうした活動を続けていると、湧き上がるのが「地方行政の最先端である市町村で働きたい」という気持ちです。だからこそ、今、長島町で地方創生を任されていることは、天命・天職だと受け止めています。

全国を訪ね歩いたときにお世話になった方々が、今度は、逆に長島町を訪ねてくださります。それが今の僕の、そして長島町のパワーの源泉です。

29歳。全国最年少の副町長の責任をかみしめながら、地元の住民・職員・議員の皆様と一緒に、そして外の皆様の力も最大限生かして、全国最先端の取組を進めていきたいです。

これからも何卒よろしくお願いいたします。

※先の議会では、地域おこし協力隊の予算も可決いただきました※
  長島町に住んで一緒に地方創生をやりたい方はぜひご連絡ください。

地域づくりは楽しい二行