方創生に携わられる皆様、朗報です!

「ぶり奨学金」、「生産者とシェフの交流」、「獅子島の子落とし塾」、「インターネット求人大手を活用した地域おこし協力隊の募集」など長島大陸の全ての取組は、
パクリ大歓迎。どんどん真似てください。

長島大陸から
社会を良くしたい日本を元気にしたい
という気持ちだけは失いたくない。むしろ真似てくれた方が嬉しいです。


役場だけが公共を担う時代は既に終わり、長島大陸の多くの取組は、
志がある企業や人と連携して進めています。連携するからこそスピード感があり、仕組みとして継続しやすくなっています。長島大陸から他の地域にsocial-goodな取組が広がることは連携する企業や人にとっても、チャンスが広がるということであり、とてもありがたいことです。


そして、それは、
オリジナルの長島大陸の価値を高めることにもつながります。

人口10,000人強の長島大陸「だけ」の取組ならば、企業も多くの資源を投入することが難しいですが、
広がる可能性が高まることで、より多くの資源を投入することができます。また、その循環は、次に長島大陸で新しいことをやることにつながってきます。

パクリは、好循環を生み出す
そういう意味からも皆様、どんどん真似してくださいね。

【関連記事】
日本の高等教育に大
きなうねり「ぶり奨学金」
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68492971.html

それでも若手官僚が実名でブログを続ける理由!
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68511137.html


 
<井上貴至(長島町副町長(地方創生担当)プロフィール>
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68458684.html

公私一致」という働き方 実践中
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68507744.html
地域づくりは楽しい二行