ケテル自治体・日南市(宮崎県)に行ってきました。

きっかけは、社会起業家たちの天下一武道会
-SIC(アールシック)で、日南市のマーケティング専門官・田鹿倫基さんとの対談。


地域で活動する人はそのホームグラウンドこそ輝く」。あらかじめ現場に行かなければ、その良さが引き出せません。田鹿さんだけでなく、崎田恭平市長、油津商店街のテナントミックスサポートマネージャー木藤亮太さんなどともじっくり意見交換しました。


イケテル自治体・日南市は、他のイケテル地域と同様、
面白い取組が同時並行的に進んでいるのですが、とりわけ注目を集めるのは油津商店街の再生。

IMG_3258
(日南市油津は、広島東洋カープのキャンプ地としても有名。木藤さんが着任してからカープショップもオープン)


油津商店街の再生の経緯は、ざっとこんな感じです。


1)4年前、前の市長が、中心市街地活性化事業及びテナントミックス事業を立ち上げ。テナントミックスサポートマネージャーの公募の準備を進める。(公募直前で市長が交代)

2)今の崎田市長が、事業を継続。
委託料月90万円!4年間で20店舗埋めることが条件。市長を超える報酬が話題となり、全国から333名が応募。

3)木藤亮太さんを登用。テナントミックスサポートマネージャーに。

4)木藤さんが中心となり、地元経営者、建築デザイナーなどを集めて
(株)油津応援団を設立。

5)商店街の端に、油津応援団自ら油津コーヒー店をオープン(1店目)。

6)さまざまなイベントなどで商店街に関心を持ってもらう。

7)2年前、豆腐屋が油津コーヒー店の隣に豆腐料理店をオープン(2店目)。

8)昨年、スーパーの跡地に飲食店街あぶらつ食堂がオープン。

9)田鹿さんが誘致したICT企業などが次から次にオープン。


⇒ 3年強で、22店舗の開業に成功!


特にすごいのが、2)3)4)5)ですね。
2)3)今の崎田市長からすれば、
前の市長が企画した、成果がでるか分からない商店街マネージャーなんて、やめた方がよほどラク。成果がでなければ、自分が批判されてしまいます。

それでも公募し、木藤さんを登用。木藤さんを信頼してしっかり任せています。そうした環境があるからこそ木藤さんも十分に活躍することができます。

IMG_3234
(日南市役所にて、崎田市長と会談)


4)次に、自分だけでなく、地元の経営者や建築デザイナーも巻き込んで会社(油津応援団)を設立。チームをつくる・チームで対応するというのが大事ですね。


5)そして、まず自分たちで覚悟をとる。自分たちでお店を経営する。だからこそ地元の人も本気になります。
口ばかりコンサルにはできないことです。


そんな木藤さんが語る商店街再生のコツのひとつが、こちら。
隙間を埋めるのではなく、隙間をつくる

IMG_3244

もともとは閉店した大型スーパー。敢えて一部を解体して、真ん中に道をつくり、左側はイベントスペース。右側は飲食店街(あぶらつ食堂)を誘致。真ん中に道をつくることで、風通しが良くなり、商店街の中から、
広島東洋カープがキャンプをする球場が一望できます。


右側の飲食店街は、
フードコートのようにそれぞれのお店から料理を注文することができ、お客さんは多様な楽しみ方ができます。一方、収益の柱であるアルコールについては座ったお店が注文を受けることで、お店にとっても収益を確保することができます。


隙間を埋めるのではなく、隙間をつくる。」
隙間をどうつくるかが、商店街再生の鍵かもしれません。


もっと知りたい商店街再生!
豊橋まちなかマップが完成~869人が教えるおすすめ52店~

山下裕子さん「アイが生まれるグランドプラザ」


長島大陸の仲間になりませんか。

DSCF1066

<
井上貴至(長島町副町長(地方創生担当)
プロフィール>
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68458684.html


<井上貴至の働き方・公私一致>
東京大学校友会ニュース「
社会課題に挑戦する卒業生たち
学生・卒業生への熱いメッセージです!
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68581524.html



<井上貴至の提言>
杯型社会に、求められること
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68619160.html