「「域づくりは楽しい」ブログって、本屋や図書館のことをよく書かれていますよね。今度、お会いしませんか。」ある司書の方から御連絡をいただきました。


⇒ かっこいい図書館 第4話(福山市中央図書館)



司書の方と1対1でじっくりお話すると、本に関する知識が、本当にすごいですね。こちらの漠然としたイメージでも、適切な本を紹介してくださります。


そのうちの1つが、

_BO1,204,203,200_
くさか里樹さんの『ヘルプマン』


介護のさまざまな問題(認知症、独居老人の住所、職員の待遇など)について、漫画で分かりやすく描きます。主人公・恩田百太郎(おんだももたろう)のストレートな考えや行動から、はっと気づかされることが多数。


うんこは、生きている証
下のお世話は、信頼関係がなければ任せられない


などとても印象的。


誰もが老いを迎える時代。
皆さんも一度読んでみたらいかがでしょうか?


もっと知りたい!
理想の介護がここにあった!鹿児島・旭ヶ丘園の「尊厳経営」


4eb2faa6[2]
<井上貴至のプロフィール>
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68458684.html


<井上貴至の働き方・公私一致>
東京大学校友会ニュース「社会課題に挑戦する卒業生たち
学生・卒業生への熱いメッセージです!
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68581524.html



<井上貴至の提言>
間抜けな行政に、旬の秋刀魚を!