形大学イノベーション・コモンズ オープニングセレモニーに参加しました。

山形市中心部の小白川キャンパスは、多様な人々が集い、安心安全な環境でのびやかに活動する「コモンズ」として、キャンパスの機能を順次、拡張しています。

その一環として、新しくリニューアルしたグラウンドについても、授業や課外活動などで利用するだけではなく、各種スポーツ団体等を通して地域の皆様にも開放いただいております


287697250_5067811606680634_1789168539535470522_n



人口減少社会では、特定の組織や団体だけで施設やサービスを維持すると、どうしても稼働率が低くなるので、シェアすることが求められます。また、デジタルを活用することにより、シェアもやりやすくなりました。

地域に開かれた大学のモデルが地元にあるのは、大変心強いです。