地方創生

杯(さかずき)型社会に、求められること

007年に町内唯一の高校が閉校になった鹿児島県長島町。長島町と同様に、域内に高校や大学がない自治体は、既に全国の約1/4、数にして400を超えています。


それらの自治体で共通の現象は、16歳~24歳の人口が凹(くぼ)んでしまうこと。まさに、杯(さかずき)型社会です。


よく、日本の年金問題では、3~5人の現役世代で1人の高齢者を支える「騎馬戦型」、1人の現役世代で1人の高齢者を支える「肩車型」などが言われますが、杯型社会はそれらよりもある意味深刻です。


一番の問題は、杯型社会では、高齢者ばかりになり、往々にしてチャレンジが少なくなること。


チャレンジする・成長するということは、今の自分とは異なるものを受け入れるということですが、人間は、年や経験を重なると、異物を受け入れる力が弱くなり、チャレンジが難しくなってしまいます。


そのときに重要なのが、若い世代が新しいチャレンジをすること。そのチャレンジを見て、「俺たちも頑張ろうか!」高齢者にもチャレンジが連鎖していきます。また、子供たちも「あの人、かっこいいな!」というところから可能性や選択肢が広がってきます。

だからこそ、地元に若い人が少なくなった杯型社会には、外から若くて優秀な人材を引っ張ってくる、若い人材の活躍の場をつくることが、何よりも求められます


長島町のさまざまな取組は、いつもその点を強く意識しています。


☆都会の大学生が、地元の中学生に勉強のやり方や将来のキャリアデザインを伝える獅子島の子落とし塾

☆高校生や大学生が、長島町に滞在して、CMやドキュメンタリーを制作するメディアキャンプ
13903180_622606077904059_601863467308018570_n

☆高校生が、地元の生産者のご自宅にホームステイして、さまざまな体験をしながらその生産者の公式ホームページを作成する島TECH

☆高校生が、起業アイデアを考えるだけではなく、長島町でインタビュー調査などをすることで、サービス内容を練り上げていくスタートアップベース
4676ae48

☆大学生が、政策立案だけではなく、長島町に滞在して実現までコミットできるまで帰れません


☆「田舎暮らしはキャリアアップ!」日本の自治体で初めてインターネット求人大手ビズリーチの新しいサービス「スタンバイ」を活用した地域おこし協力隊の募集
3人

という取組は、まさに若い人材のチャレンジを支える一環です。そうしたチャレンジを見て、地域の中でも、例えば、これまで養殖業を営んでいた人が加工業にも取り組むなどさまざまなチャレンジが生まれてきています


こうした展開を全国に広げていきたいと、僕は強く思っています。


ところが、高校生や大学生が田舎に来るためには、どうしても旅費がネックになってしまいます。今、長島町では、地方創生の交付金を活用したり、町長や議会・住民の皆様の理解で若者を呼ぶための旅費を計上していますが、これから続けていく・そして全国に広げていくためには、仕組化することが大切です。


航空会社やJRのような長距離公共交通機関も、地域支援の一環として、地域でしっかり活動する学生には、閑散期の旅費を大幅に値下げするなどの支援をしてほしいですし、地方創生でも交付金だけではなく、若者の移動に対する投資をしっかりしてほしいです。


小さな市町村に官僚らを派遣する地方創生人材支援制度を提案した立場として、人材支援制度の次の展開の一つとして、このことは地方創生担当大臣始め幹部にもしっかりと伝えていきたいです。


今、子育て政策を充実させても、すぐに人口構造には反映されないので、中期的な人口減少は避けられませんが、(ただし、長期的には人口を安定させることは可能です。長島町では子宝お祝い金、ぶり奨学金などの地域を挙げて子育てを応援する仕組みで、昨年8月、町始まって以来の自然増になりました。)町のことが大好きになり、町のために何かをしたいなという人を増やしていくことは十分に可能です。


また、若者も机の上で地域づくりの事例を学ぶだけでなく、地域の中に入り込んで、さまざまなプレーヤーとコミュニケーションしたり、あるいはそもそもの課題を考えたりすることが、大きな成長につながりますし、そうした能力は、これからのICT化・ロボット化・機械化が進む社会において、きっと生かされるはずです。


若者とともに、地域もチャレンジし、成長していく。今、杯型社会に一番求められることではないでしょうか。旅費の支援などそのための仕組みづくりも進めていきたいです。


<もっと知りたい!>
ヤフーニュースでも好評!
おっちラボの矢田明子さんが語る「日本で一番チャレンジに優しい町~島根県雲南市から若者の未来を考える~」

元●●が地域をダメにする!

年齢序列という罠

4eb2faa6[2]


<
井上貴至(長島町副町長(地方創生担当)
プロフィール>
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68458684.html


<井上貴至の働き方・公私一致>
東京大学校友会ニュース「
社会課題に挑戦する卒業生たち
学生・卒業生への熱いメッセージです!
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68581524.html

東京都心で、地方創生の検証はじめちゃいます!

方創生の最先端「鹿児島県長島町」は、この度エコッツェリア協会の協力のもと、その実践を確認し、ワークショップ等を通じて、今後の展開をともに考える場をつくります。


町内だけでなく、敢えて東京都心でも開催することで、皆さんと一緒に実践を深めていきたいです。皆さん、ぜひ参加してくださいね♪取材も大歓迎です。


●日時:日(水)13時~15時

●場所:3×3Lab Future千代田区大手町1-1-2 大手門タワー・JXビル1階)


●参加費:1000円

●プログラム:
◆パネルディスカッション 13時~14時

登壇者:
「鈴木寛」東京大学/慶応義塾大学教授 元文部科学副大臣
suzukan_renew-002


「玉村雅敏」慶応義塾大学教授
玉村先生


「井上貴至」長島町副町長(地方創生担当)
f9b0e123-s


司会:「横田浩一」横田アソシエイツ代表取締役、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任教授

◆最新の長島の取組紹介、意見交換 14時~15時
 空き家対策事業承継等長島町の最新の取組を紹介するとともに、参加者の皆さんと懇親を深めます。

●申込先はこちら
(Facebookをご利用されない方の登録フォームはこちら。予約がなくても参加できます。)

もっと長島大陸と関りたい!
《買いたい》
●大陸の素晴らしいものを直送します。長島大陸市場
http://nagashimatairiku.com/

●かっこいい長島をお届けしたい!
長島大陸食べる通信。
11982656_10201024966662776_1241284230_n
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68480758.html


《支援したい》

●目の付け所が長島大陸でしょ。1000インチの大スクリーン。
ふるさと納税を活用した
クラウドファンディング募集中!
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68558382.html

●デイサービス「達者の家」竹ぼうきプロジェクト
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68556558.html

●8月27日・28日温州ミカン発祥の地で「日本みかんサミット」開催!

http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68567328.html


《参加したい》
●地方創生の象徴:食べる通信」編集会議に参加してみませんか。
次回は9月2日(金)9時30分~Nセンターで開催
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68538693.html


《住みたい》
●集え!大学生~できるまで帰れません!
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68537755.html

田舎暮らしはキャリアアップ!長島大陸で働く仲間を募集中。
 http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68471295.html

次回は9月7日(水)開催。地域力おっはークラブ。
DSCF1066

<井上貴至(長島町副町長(地方創生担当)プロフィール>
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68458684.html


公私一致」という働き方
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68507744.html
地域づくりは楽しい二行

同情するなら旅費をくれ!

方に足りないのは、お金じゃないんです。人材なんです。地域の中と外を繋ぐ人材が必要なんです。」


小さな市町村に官僚・企業の専門家らを派遣する「地方創生人材支援制度」を提案した時に、僕が訴えたことだ。


地域のことは地域だけで決めましょう!やりましょう!!は、大間違い。地域の課題を解決するためには、地域の中だけではなく、外の知恵やネットワークも生かしていくことが重要だ。地元出身者だけのサッカーチームと世界中から名選手を集めたサッカーチーム、どちらが強いかは火を見るより明らかだろう。


外のプレーヤーと組んでいくためには、訪問する旅費が欠かせない。ネットがいくら普及しても、大事な打ち合わせは直接会って話すに限る。今、長島大陸で地方創生が進んでいるのは、必要な旅費がきちんと計上され、必要な出張がしっかりできることも一つの要因だ。


ところが、行政改革を進めるあまり、必要な旅費を削り、東京はおろか県庁所在地までもなかなか行けない市町村があるという。それで、成果を出せというのは酷だろう。


前年比何%減という形で、旅費を削るのは簡単だ。もちろん、公私混同の出張は、もってのほかだ。しかし、地域のさまざまな課題を解決するためには、中だけではなく外と組む、適切な旅費が欠かせないと認識することが大切だと思う。


もっと知りたい!
地域のことは地域で決めましょう。」という悪魔の言葉
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68464569.html

地方創生「
産官学金労言」という落とし穴
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68414198.html


 <
もっと長島大陸と関りたい!
大陸の素晴らしいものを直送します。長島大陸市場
http://nagashimatairiku.com/

かっこいい長島をお届けしたい!
長島大陸食べる通信。
11982656_10201024966662776_1241284230_n
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68480758.html


長島大陸の地方創生の象徴:
食べる通信」編集会議に参加してみませんか。
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68538693.html


集え!大学生~
できるまで帰れません!
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68537755.html


 田舎暮らしはキャリアアップ!長島大陸で働く仲間を募集中。
 http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68471295.html


DSCF1066
<井上貴至(長島町副町長(地方創生担当)プロフィール>
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68458684.html


公私一致」という働き方
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68507744.html

地域づくりは楽しい二行

地方創生に積極的に取り組むことが本業にもプラス!

り奨学プログラム、長島大陸食べる通信など長島大陸の地方創生に積極的に御協力いただいている「鹿児島相互信用金庫(そうしん)」。この度、そうしん全60支店・営業所の中で、西長島支店が営業成績トップの最優秀賞、長島支店がNO2の優秀賞に輝きました。


そして、長島支店の野添政一郎支店長が金融業界誌「近代セールス7月号」でインタビュー。融資に強い営業店づくりという4ページにわたる特集です。

IMG_0163

詳しくは、本誌を読んでいただきたいのですが、

●外部環境の変化を受けやすい事業であるからこそ、日頃からの細やかな実態把握が必要。
●情報だけではなく、その先のソリューションも提供。課題が顕在化したらすぐに本部に連絡を取り、外部機関やマッチング先のスピーディーな紹介につなげる。


など示唆に富んだ内容。また、そうしんから見た長島大陸の地方創生についても紹介いただきました。金融に限らず全ての業界で役立つのではないでしょうか。


地方創生に積極的に取り組む長島大陸の2つの支店が最優秀賞・優秀賞に輝いたのは、もちろん支店長はじめ皆様の努力の賜物ですが、地方創生に積極的に取り組むことが本業にもマイナスにならない、むしろプラスに働くということを端的に示しているように思います。


関わる人を笑顔にし、その輪を広げ、繋げ、続けていく。地方創生の好循環を長島大陸から起こしていきたいです。

11607
近代セールス7月号
 
http://www.kindai-sales.co.jp/kindai/detail?item_no=11607

もっと知りたい!
今年のそうしん(鹿児島相互信用金庫)のCMのテーマは、長島の子どもたち
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68550304.html

●地方創生の鍵は、信用金庫にあり!
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68516811.html

●日本の高等教育に大きなうねり「ぶり奨学金」
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68492971.html


 <
もっと長島大陸と関りたい!
大陸の素晴らしいものを直送します。長島大陸市場
http://nagashimatairiku.com/

かっこいい長島をお届けしたい!
長島大陸食べる通信。
11982656_10201024966662776_1241284230_n
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68480758.html


長島大陸の地方創生の象徴:
食べる通信」編集会議に参加してみませんか。
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68538693.html


集え!大学生~
できるまで帰れません!
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68537755.html


 田舎暮らしはキャリアアップ!長島大陸で働く仲間を募集中。
 http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68471295.html


●JR博多シティ「くうてん」長島フェア絶賛開催中(~6月23日)
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68547276.html
IMG_0023

●6月23日(木)開催!第67回地域力おっはークラブ
東京モノレール浜松町駅・
山野道彦駅長が語る
「全てが駅から始まり、驛となる」

http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68552713.html
DSCF1066


<井上貴至(長島町副町長(地方創生担当)プロフィール>
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68458684.html


公私一致」という働き方
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68507744.html

地域づくりは楽しい二行

COMS獅子島試乗会「島にはCOMSがよく似合う」

島大陸に、超小型EV(電気自動車)「COMS」がやってきました!
早速、離島の獅子島で試乗会を開催しました。

13432354_1046480965427769_3462684251578000345_n

C
OMSの可愛い姿に、大人も、子供も興味津々。

「これならおじいちゃん・おばあちゃんも安心して乗れるね~」
「ほんとに静かだね~」
感想が飛び交います。

13406850_1046481012094431_1287504247826830557_n

NHKの中でも語りましたが、「
COMSは、何より楽しい!風を感じて、小鳥のさえずり、波の調べを聞いて、島を満喫することができます。そして、島の狭い道を走るのは最適。」

13418845_1046481058761093_7717842704741689674_n

トヨタ車体さんの御厚意で8月末まで格安で借りています。
長島町役場鷹巣庁舎、そして
獅子島片側港試乗できます。

13423947_1110879728950307_6912212844778350011_n

C
OMSは、島の切り札。地元の皆様と話し合いながら、将来的には、幣串港も含めて獅子島に常設していきたいです。現在の電気自転車では電気を使って島を一周することはできませんが、一回の充電で50キロメートル走るCOMSならば十分、一周できます。

13435359_1110873895617557_7516355032227125731_n

そして、C
OMSは経済的。車検や車庫証明、重量税・取得税も不要です。何より家庭用のコンセントで充電できますので、維持管理コストがガソリン代と比べて大幅に安く(1キロメートルあたり約3円)なります。更に、フェリーも原付として渡ることができます。なんと運転手込みで片道630円

生活が広域化する中で船賃など追加的な生活コストがかさんでしまうのが離島の大きな課題。COMSなどをうまく活用することで、そのコストを抑制していきたいです。

13418919_1046481078761091_1507742690111356669_n

最後は難しい話になりましたが、皆様もこの機会にぜひ獅子島へ


<もっと知りたい>
C
OMSが島で竜になる!
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68551035.html

獅子島屋の「甘夏ゼリー」めちゃくちゃ美味しいよ!
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68351601.html

鹿児島最北端の民宿「白浜荘」は驚きと感動の連続!
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68344656.html
DSCN1576


もっと長島大陸と関りたい!
大陸の素晴らしいものを直送します。長島大陸市場
http://nagashimatairiku.com/

かっこいい長島をお届けしたい!
長島大陸食べる通信。
11982656_10201024966662776_1241284230_n
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68480758.html


長島大陸の地方創生の象徴:
食べる通信」編集会議に参加してみませんか。
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68538693.html


集え!大学生~
できるまで帰れません!
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68537755.html


 田舎暮らしはキャリアアップ!長島大陸で働く仲間を募集中。
 http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68471295.html


●JR博多シティ「くうてん」長島フェア絶賛開催中(~6月23日)
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68547276.html
IMG_0023

●6月23日(木)開催!第67回地域力おっはークラブ
東京モノレール浜松町駅・
山野道彦駅長が語る
「全てが駅から始まり、驛となる」

http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68552713.html
DSCF1066


<井上貴至(長島町副町長(地方創生担当)プロフィール>
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68458684.html


公私一致」という働き方
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68507744.html

地域づくりは楽しい二行

地方創生「何をやるか」より大切なこと

えば、老朽化した施設。

その活性化プランについてはいろいろ考えることができるが、大切なことは「魂を込めて、いかに実行する」かどうかだ。施設には、運営する人たちの「気」が如実に反映される。どれだけ優れたプランでも、魂が入っていなければ、どんよりした空気に包まれる。


地方創生で様々な成功事例が取り上げられるが、「何をやるか」について、唯一の正解があるわけではない。また、「何をやったか」は、地域の固有の事情にも左右され、他地域の成功事例がそのまま正解になるとは限らない。


むしろ、「誰がやるか」、やる人がそこに「魂をどれだけ込められるか」が、大切ではないだろうか。そうした人材をいかに見つけ、気持ちを動かし、信頼してあとは大胆に任せる。そして、そうした人たちが働きやすい環境をつくる


長島大陸の体験を通して、これこそが「地方創生の成功の一番の鍵」だとつくづく思う。


<もっと知りたい!>
「何をやるか」より「誰と働くか」が大切なのは、実は就職活動も同じ。
●東京ドームの合説(合同会社説明会)に行く前にやるべきこと
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/67754919.html


もっと長島大陸と関りたい!
大陸の素晴らしいものを直送します。長島大陸市場
http://nagashimatairiku.com/

かっこいい長島をお届けしたい!
長島大陸食べる通信。
11982656_10201024966662776_1241284230_n
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68480758.html


長島大陸の地方創生の象徴:
食べる通信」編集会議に参加してみませんか。
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68538693.html


集え!大学生~
できるまで帰れません!
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68537755.html


 田舎暮らしはキャリアアップ!長島大陸で働く仲間を募集中。
 http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68471295.html


●JR博多シティ「くうてん」長島フェア絶賛開催中(~6月23日)
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68547276.html
IMG_0023

●6月23日(木)開催!第67回地域力おっはークラブ
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68552713.html
DSCF1066


<井上貴至(長島町副町長(地方創生担当)プロフィール>
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68458684.html


公私一致」という働き方
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68507744.html

地域づくりは楽しい二行

議員視察団の対極を目指せ!「ひとりでできるもんリーダーシップ研修」

し前の日本経済新聞に、全国の議員視察団が徳島県神山町など地域づくりの先進地を訪れるが、その後自分の地域で実践したという話は、ほとんど聞いたことがない


という辛辣な記事が掲載されていたが、議員視察団の視察が、なぜあまり成果を出さないのか。


それは、まさしく「団」だからだ。全て事務局に御膳立ててされて、表面的な成功事例をなぞるだけ。限られた時間の中で決められたルートをこなすだけで、その
背景や過程はなかなか追うことができないし、何より一対一で向き合わない


一対一で向き合うためには、事前の学習が不可欠だし、いざ向き合う時も全身全霊を傾けなければならない。だからこそ、得られるものが大きいのではないか。逆に、みんなと一緒に漠然とついていくだけでは、成果が少ないだろう。

DSCN5393

そうした状況を踏まえ、鹿児島県長島町役場では、「
ひとりでできるもん リーダーシップ研修」を行う。

長島大陸のさまざまな地方創生の取組を継続・深化していくためには、役場職員が自らの意志で工夫・努力を続けていくことが不可欠だ。

地域づくり・地方行政のキーパーソンに、一人でアポを取り、一人でヒアリングして、一人で分かりやすくレポートにまとめる。そして、全職員分のレポートを冊子にまとめ、町内に配布する他、視察者には販売する。そうすることで、自ら考え行動する職員を育てていきたい。


キーパーソンの分野は、現在の職務にとらわれることなく、教育・農業・福祉・・・なんでもいいが、敢えて鹿児島県以外という条件だ。たまには大陸を出て、外で学ぶことに意義がある。そして一人で相手の懐に飛び込む。そこから信頼関係が生まれてくる。


地域づくりは公務員だからいやいややらなければならないものではない。地域のため、社会のために働くことは本来とても楽しいこと。「ひとりでできるもんリーダーシップ研修」で、自ら考え行動する職員を育てていきたい。そして地域づくりの楽しさを体感してほしい。


<もっと知りたい!>
視察」は金正恩がすること。本質は、その「周り」や「過程」にこそある。
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68262350.html


もっと長島大陸と関りたい!
大陸の素晴らしいものを直送します。長島大陸市場
http://nagashimatairiku.com/

かっこいい長島をお届けしたい!
長島大陸食べる通信。
11982656_10201024966662776_1241284230_n
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68480758.html


長島大陸の地方創生の象徴:
食べる通信」編集会議に参加してみませんか。
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68538693.html


集え!大学生~
できるまで帰れません!
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68537755.html


 田舎暮らしはキャリアアップ!長島大陸で働く仲間を募集中。
 http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68471295.html


JR博多シティ「くうてん」長島フェア絶賛開催中(~6月23日)
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68547276.html
IMG_0023
<井上貴至(長島町副町長(地方創生担当)プロフィール>
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68458684.html


公私一致」という働き方
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68507744.html

地域づくりは楽しい二行

改革の鍵!ジャブでリズムをつかむ。

状を変えたい!」「なんとかしたい!」という大志を抱きながら、なかなか実現できない、ともすれば空回りしてしまう場合が少なくありません。


そういう時こそ、まずは、「
ジャブ」を出し続けることが大切ではないでしょうか。いきなり「ストレート」をぶんぶん振り回してもなかなか当たりません。「ジャブ」を出し続けることでリズムがつかめるし、場合によっては「ジャブ」がクリーンヒットするときもあります。


(いつもどおり、僕が大好きな柔道で例えるならば、いきなり大技をかけようとするのではなく、崩して、足払いをかけて、それから大技をかけることを大切にしています。そうすると、足払い自体が綺麗にかかることもあります。)


最近、意識して「
ジャブ」を出す、その効果を実感しています。


月から、毎週金曜日の朝(7時43分頃~50分頃)、地元MBCラジオ「モーニングスマイル」にレギュラー出演しています。

県内各地で活躍する有識者が、「今週の気になる記事を解説する」というコーナーですが、せっかくの機会ですから全て長島大陸の記事を紹介したい!だからこそ意識して、毎週さまざまなネタを各社に提供して(毎週同じ話というのも残念ですから)、できる限り記事に書いてもらうようにしています。

モーニングスマイル

まさに意識して「
ジャブ」を打つです。
小さなことの積み重ねが大きな成果を生んでいます。


これは、以前「
最年少副町長が実践の中で気づいた「地方創生への1番の誤解」という記事の中で書いた内容


●自分たちで地域づくりを行うときに、
わざわざ賛否両論がある問題から取り組む必要はないし、むしろ取り組んではいけないと思う

みんなが総論で賛成、大きな夢を描けるものから始めるべきだ。

●みんなが夢を描くことができる
アジェンダを選択することが地域づくりを進めるトップに求められることだ。


とも通じる話だと思っています。

何事も肩の力を抜いて動いていくこと、そして動き続けていくことが大切ではないでしょうか。


<もっと知りたい!>
最年少副町長が実践の中で気づいた
地方創生への1番の誤解http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68488172.html


 <
もっと長島大陸と関りたい!
大陸の素晴らしいものを直送します。長島大陸市場
http://nagashimatairiku.com/

宮路さん家の最高級和牛の申し込みは、
6月8日まで
かっこいい長島をお届けしたい!長島大陸食べる通信。
11982656_10201024966662776_1241284230_n
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68480758.html


長島大陸の地方創生の象徴:
食べる通信」編集会議に参加してみませんか。
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68538693.html


集え!大学生~
できるまで帰れません!
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68537755.html


 田舎暮らしはキャリアアップ!長島大陸で働く仲間を募集中。
 http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68471295.html


JR博多シティ「くうてん」長島フェア絶賛開催中(~6月23日)
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68547276.html
IMG_0023
<井上貴至(長島町副町長(地方創生担当)プロフィール>
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68458684.html


公私一致」という働き方
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68507744.html

地域づくりは楽しい二行

人口1万人の長島大陸に映画館!?

、長島大陸はまさにブラックホール!
全国から優秀な方々が吸い込まれるように集まってきています。

高校・大学の後輩の
神明竜平君(27歳♂)もその1人。

Denaを辞めて、今月から長島大陸の
地域おこし協力隊として赴任してくれました。

神明君、漁協の冷蔵庫・加工場のそばの家に住んでいるのですが、早速"おもろい"ことを始めました。

13263914_10209711951578546_2350285388519265742_n

山に巨大な映像が!?プロジェクターで動画を投影、大音量で楽しんでいます。全国を見渡すと、屋外スクリーンは多少ありますが、山に投影するのはおそらく初めてではないでしょうか?


ここは、世界一の鰤(ぶり)加工場。

昼間はたくさんのトラックが並ぶのですが、夜はがら~ん。100メートル四方、住んでいる人もいません。だからこそ、できること。


人口1万人の長島大陸には映画や音楽を愉しむ場所はありません。でも、これから若者が移住・定住していくためには、仕事だけではなく、遊ぶ場所も不可欠です。


遊び心たっぷりの神明君の取組、これからどうなるのか楽しみでなりません。なにか思いついた方・アイデアがある方はぜひ連絡くださいね。一緒に面白いことやりましょう!


もっと長島大陸と関りたい!
大陸の素晴らしいものを直送します。長島大陸市場
http://nagashimatairiku.com/


かっこいい長島をお届けしたい!
長島大陸食べる通信。
11982656_10201024966662776_1241284230_n
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68480758.html


長島大陸の地方創生の象徴:
食べる通信」編集会議に参加してみませんか。
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68538693.html


集え!大学生~
できるまで帰れません!
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68537755.html


 田舎暮らしはキャリアアップ!長島大陸で働く仲間を募集中。
 http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68471295.html


JR博多シティ「
くうてん」長島フェア絶賛開催中(~6月23日)
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68547276.html
IMG_0023

<井上貴至(長島町副町長(地方創生担当)プロフィール>
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68458684.html


公私一致」という働き方
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68507744.html

地域づくりは楽しい二行

できるまで帰れません!遂に第1号が決定。「東大みかん愛好会」設立者の清原優太君が温州ミカン発祥の地長島大陸でみかんをPR

日、募集を開始した地域活性化プラン”実現”コンテスト「できるまで帰れません!

これまでの地域活性化プランコンテストは、政策立案することが中心でしたが、「できるまで帰れません!」では政策を「実現」することまでコミットします。

「途中でギブアップした場合は、
帰りの交通費を支給しない」という過酷な内容。実現まで何日かかるか分からないため、本当に応募者が表れるのか少し不安でしたが、この度栄えある第1号が決まりました。

東大5年生の
清原優太君。

IMG_5832

この格好分かりますか?
そう、みかんです。

みかんが好きすぎて、一昨年「東大みかん愛好会」を設立。

IMG_7061

大学そっちのけで、全国のみかん産地を放浪。

11174423_450286711803308_4241274635660193459_o

みかんといえば、こたつ。
わざわざ海岸に、こたつを置くのがいいですねぇ

コタツ改

東大の学園祭でも、やっぱりみかん!

五月祭集合写真

今年、ついに株式会社「みかん」を設立。
更なるみかんのPRにつとめます。

できるまで帰れません!」で取り組みたいことも、もちろん「みかん」。

温州みかん発祥の地・長島大陸からみかんのPRをしたいとのこと。長島大陸食べる通信でデコポンを取り上げたり、「長島みかん大学」を設立するなどして、温州ミカン発祥の地をPRしてきたことが、しかるべき人に届きました。

6月5日(日)からいよいよ長島大陸に上陸!
これまで培ったみかんの知識と経験を注ぎ込んでもらいます。


皆さん、清原君を応援してくださいね♪
そして、「
できたのに帰りません」と言うくらい長島を好きになってもらいたいです。


もっと知りたい!長島のみかん
「しゃべらない木と会話する」デコポン農家山上農園
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68459043.html


もっと長島大陸と関りたい!
大陸の素晴らしいものを直送します。長島大陸市場
http://nagashimatairiku.com/


かっこいい長島をお届けしたい!
長島大陸食べる通信。
11982656_10201024966662776_1241284230_n
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68480758.html


長島大陸の地方創生の象徴:
食べる通信」編集会議に参加してみませんか。
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68538693.html


集え!大学生~
できるまで帰れません!
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68537755.html


 田舎暮らしはキャリアアップ!長島大陸で働く仲間を募集中。
 http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68471295.html


JR博多シティ「
くうてん」長島フェア絶賛開催中(~6月23日)
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68547276.html
IMG_0023

<井上貴至(長島町副町長(地方創生担当)プロフィール>
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68458684.html


公私一致」という働き方
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68507744.html

地域づくりは楽しい二行
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ