松山アーバンデザインセンター

消費だけではない商店街の魅力

山アーバンデザインセンターが主宰する「愛媛の湯川と香川の湯川が語るリノベーションまちづくりトーク」に参加してきました。


柳井町商店街の再生に取り組む「湯川住み方研究所代表」の湯川一富さん、
香川県庁職員の傍ら「丸亀リノベーションスクール」の代表を務める湯川到光さん


2人の湯川さんの体験談の後、クロストーク、そして柳井町商店街の見学と気持ちいい時間を過ごすことができました。

35398329_1583388238436696_260576168359493632_n
(リノベされたマンション。1階にオープンした古本屋がコミュニティの核に)

●自分でマンションを買う
●商店街があることを売りにする
●空き店舗と交渉しても貸してくれない
●商店街の振興組合の理事になって、芋煮会などに積極的に参加、時間をかけて合意形成する


という柳井町商店街のプロセスも面白かったのですが、僕が敢えて聞いた質問に対する回答がとても興味深かったです。


地域のミツバチの質問
 「ショッピングセンターやECサイトもある中、敢えて、商店街やまちなかを再生する意味はあるんですか」


湯川(一富)さんの回答
 「ショッピングセンターやECは消費するための場所。商店街は消費するだけの場所ではなく、予想外の何かが起こるかもしれないというわくわく感や、地域の歴史人の温かさがある。」


なるほど、と思いました。
ショッピングセンターや百貨店でも、流行るところとそうではないところの違いは消費+αなのかもしれません。流行るところには、さまざまな企画、イベント、旬のものの店頭販売など、消費だけではなく、何かが起きるわくわく感があります。


⇒ 東京ミッドタウン日比谷から始まる新しい買い物
30730079_1522045074571013_4094148051306807296_n
(東京ミッドタウン日比谷)


商店街の強みは、わくわく感に加えて、地域の歴史人の温かさです。



もう少し知りたい!
敢えてイベントはやらない。人が集まる場所を創りたい!敏腕商店街マネージャーが取り組むこと。
● 日南市油津商店街の木藤亮太さんが語る商店街再生の極意「隙間を埋めるのではなく隙間をつくる」


4eb2faa6[2]
<井上貴至のプロフィール>
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68458684.html

【寄稿】『愛媛県・松山市にて、にぎわいを取り戻す:松山アーバンデザインセンターのスタッフ募集!』

じめまして、松山アーバンデザインセンターの尾崎と申します。

愛媛県庁にお勤めの井上貴至さんとは、このまち・松山で出会いました。松山は歴史ある城下町で、近世のまちの骨格がいまだ色濃く残る、コンパクトで密度の高いまちです。全長500m級の大きな商店街や、三越や高島屋といったデパートがあり、路面電車などの公共交通も充実しています。

しかし、他の地方都市と同様、中心市街地はゆっくりと空洞化し、人々のまちでの活動も徐々に少なくなってきています。


30422352_10156525037988159_2099924722_n
 

二大商店街のひとつ・銀天街


われわれ松山アーバンデザインセンター(以下UDCM)は、この松山の中心市街地再生に取り組んでいます。今日は、井上さんのご厚意に甘え、わたしたちのスタッフ募集の告知をさせていただきます。

 

UDCMは、中心市街地を再生するために公・民・学が共同して立ち上げた専門家組織です。今回募集するスタッフは、にぎわい再生を専門分野とした方です。UDCMでは、中心市街地にフリースペース(もぶるテラス)と広場(みんなのひろば)を有しており、この拠点をフル活用しながら、にぎわい再生を目指します。

30185306_10156525038003159_1453310481_n
UDCMで管理運営するフリースペース「もぶるテラス」



30179848_10156525037973159_354480502_n
おなじくUDCMで管理運営する広場「みんなのひろば」

 

くわしい募集内容は以下の通りです。まちなかのにぎわい再生に情熱をもって取り組んでいただける方のご応募をお待ちしております!430日締切です!

 

松山アーバンデザインセンターHP udcm.jp

松山アーバンデザインセンターFacebook https://www.facebook.com/UDCMatsuyama/

 

【仕事内容】

専門的知識や技術を活かしながら、松山市・住民・企業・地元関係者と連携・協働して、中心市街地のまちづくりやにぎわい再生に係る調査・提案、交流事業の実施とマネジメント、情報発信、成果とりまとめ等の活動を行っていただきます。

 

【求める人材】

地元関係者や行政と連携して、まちなかのにぎわいを再生するためのアイデアと実行力をお持ちの方

まちづくりや関連業務の経験者歓迎

 

【採用予定人員】

ディレクター  1

 

【勤務地】

松山アーバンデザインセンター(松山市湊町3丁目712

 

【雇用形態・勤務条件】

常勤(週5日 9001800

職位:松山アーバンデザインセンター ディレクター 兼 国立大学法人愛媛大学 特定研究員

給与:年俸制(国立大学法人愛媛大学年俸制教員給与規程による)

契約期間:平成3061日~平成31331日(予定)(契約期間更新の可能性あり。契約開始日は応相談。)

 

【応募・採用予定スケジュール】

1次審査(書類審査)

平成30430日までに履歴書、連絡先(住所、日中連絡のとれる電話番号、メールアドレス)を添えて応募してください。

*タイトル等に「新スタッフに応募します」と明記し、電子メールまたは郵便等で履歴書を送ってください。

*履歴書は自由形式ですが、この業務に関する履歴をできるだけ具体的に記載してください。

*履歴書を受理した場合、23日以内に当方から受理した旨をお知らせします。

*1次審査(書類審査)の結果は510日までにお知らせします。

 

2次審査(面接審査)

2次審査は514日または15日午前に行います。ポートフォリオなど履歴書と別に実績のわかる資料があればご提示ください。

*時間・場所は書類審査合格者に連絡します。都合がつかない時間帯等があれば、応募時に明記の上、都合のつく日時を複数ご提示ください。

 

❸ 採用決定

採用決定は、520日までに行い、連絡します。

 

【問い合わせ先・履歴書送付先】

松山アーバンデザインセンター(担当:尾崎)

Add: 〒790-0012 松山市湊町3丁目712 
Tel: 089-968-2921 

E-mail: osaki.shin.ee@ehime-u.ac.jp

30784696_10156525037983159_1633959677_n
応募お待ちしております!


記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ