美しい道のり ☆AOKY(Sekai Pink)☆

歌と踊り。心と体。

歌うための心と体 美しい道のり
朝の過ごし方やヨガ、食事を通して
健康、美、若さについて徒然に書いています

おはようございます。

嵐も去って、今朝は清々しい風が部屋の中を通り過ぎて。
朝日に照らされた赤い実を求め、青い鳥達も集まって来ました。

この一週間はラッキーなことが沢山ありました。
継続してお読みになっている友人各位の皆さんは「またか」とお思いでしょうが(笑)、
ラッキーの度合いが上がって来ているな、と実感します。

「満たされているとそれが当たり前となって」と先日、下井草狂想曲「幸せの二極化」書きましたが、まさにそう。通常ならば、「おぉ~~~! ラッキー☆」と感じるであろう出来事も、「うんうん」と頷く程度の感覚になっていきます。でも、心地好い気分になるものですから、その心地好さが伝播して、さらにラッキーな心地好いものが引き寄せられてくるのでしょう。

こういう時って、エネルギー量が多大になっている状態なので、色んな物事を引き寄せることになります。実は「心地好い」ものだけではないのです。例えば、この一週間だけとってみても、新宿駅構内で突然、叫び出す男性がいたり(勿論みんな焦って逃げ出しました)、翌日は同じく新宿駅構内のコンビニから突然、全速力で走り出す男性がいたり(それがとてつもなく速いのです。今まであんなに速く走る人、間近に見たことはありません)。

今回、皆さんにお伝えしたかったこと、書かないと(笑) 二つあります。

一つ目。「運気を上げたかったら(整えたかったら)モーツァルトを聴こう。」です。どこからどう感じとってみても、モーツァルトは人類最大の作曲家であり、音楽家だと本気で思います。僕の音楽を聴けば運気上がるよ!、と言いたいところですが、それだと何だか話がいやらしくなりますよね~。僕もそこへ向かっているという本音はさておき、モーツァルトは紛れもなく凄いんですよ。何世紀を経ても、彼のようなオリジナリティー、そして細胞が喜ぶようなメロディーラインとリズムの妙、他にないですよね。僕もメロディーを30年以上生み出し続けていて分かること。それは、生まれてきてものはその人そのもの、ということです。何千何万というフレーズを生みだしてきましたけども、未だ僕のメロディーラインを世の中のどなたかが生み出した、という感覚を持ったことはありません。時たま似たメロディーライン、聴きますよ。そういう時は大体、お互いビートルズが好きだったり、とか、ルーツが近い場合です。ルーツが自分自身にあるメロディー(それさえも辿れば先人達のメロディーでしょうけども)の場合、やはり唯一無為になるのです。

脱線しました。二つ目。「Luckyの具合を感じとってもらう」です。Aokyの自慢話を聞いても、「だから?」ですよね~。違うんです。これまた怪しい感じがしますが、、、よい波を伝播させたいだけなんです(真面目)。「そうか、Aokyさんは、そうやって「心地好い」波を作って運気を上げているのか。私もやってみよう。」みたいに。

こういう話って、音楽もそうなんですが、結構、伝え方が難しいんです。直接伝えるよりも、さらっとこういった不特定多数が読める場があって、文章をさらっと読んで、さらっと試してみる程度が一番、自然な気がするんですね。音楽もそうですよね。好みがあるはずです。「これ、いいから聴いてみなよ。」と言われても。。。「こういう風にやると運気上がるからやってみなよ。」と言われても。。。

なもんで、ただただ今回は「Luckyの具合を感じとってもらう」ことに意義があるのかな、と。

さて、以上、本題でした。下記はおまけです。

日常に戻ります。先日、友とうちで飲む約束だったのですが、急に来れなくなりました。とっても楽しみにしていた企画だったので、落ち込みそうなところを、「いや、これは何か意味がある」と感じ、「今、Aokyが望んでいるものは何か?」と、情報も持たないままapple社のmac製品を見に行ったのです。結果として、、、その二日後には新しい音楽制作環境を手に入れました。ここまでなら、まぁ、普通ですよね。単に欲しいものを時間とお金をかけて手に入れただけですから(笑)

翌週、友と飲むことができて、、、なんと、、、未完だった歌詞を修正して貰い4点も完成してしまったのです。一週間の間に整理したが故に喜ばしい結果に繋がったのです。まぁ、これも普通と言えば普通でしょうか。。僕にとっては大きなことなのですけども。

新しく手に入れたmacbook air、音楽制作ソフト、オーディオ・インターフェース、midi等を設定しているうちに、サポートデスクの方に相談したりして、11年前に購入したmacbook pro、もうどうにもならないことが分かって、若干しょげていたのですが、、、どうにか治らないものかな、とをバッテリー交換してくれるお店が見つかって、ラッキー。交換代も想像よりもお安く済んでラッキー。治ったことで、50万円弱投資した機材やソフト一式も、これまで制作してきた作品も継続して使える!創れる!ラッキー。と、まぁ、こんな感じで流れが来まして。

さらに調子に乗ってみて、22年前に購入したMac G4。。。そろそろ廃棄しないと、、、と試しに電源を入れてみました。6、7年ぶりに。。。既に純正のディスプレイは火花が散ってしまって廃棄し、お世話になっているエンジニアさんから譲って頂いたディスプレイ、映った!でも、、、あぁ、灰色に。これで廃棄決定かな~、と、でも、G4はまだ動くし、この環境下で制作したファイル、読み込むくらいはしたいな~、と感じたのが水曜の晩でした。

そして、昨日は驚くべきことがありました。近所に買い物に出掛けようとしたら、ガレージにG4が、隣にはディスプレイが無造作に置かれていて。見知らぬおじいさんに思わず、「それ、G4ですよね。」と声を掛けてしまったのです!!! 一瞬不審がられたのですが、「僕もG4持ってるんですよ。」などと言葉を交わしているうちに、「お金払いますから、譲ってくれませんか?」と何とも失礼な発言をしたにも関わらず(Aoky必死☆)、「捨てようと思ってたからあげるよ」とおっしゃってくださり。なんと!しっかりとG4も音楽ソフトLogic Audioも起動しちゃったのであります!

実況中継:バールに立ち寄る感覚で(@aokimasato)さん / Twitter

僕が伝えたいのは、物質的に「得した」という話ではないんです。流れなんです。「こうなったらいいな~」と願ったり、「よし!こうしよう!」と決断した矢先に、それら欲しいものやなりたい状況と遭遇することができて、さらにこちらからアクションを起こして、次の局面へ向かっていくことができる、ということ。

今回、この文章も書いたからって、「だから、何?」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。でも、なんでしょう。「あぁ~、なんだか書いた方がいいな~。」と思って書いたので、何か意味が出て来る気がしています。

さて、そろそろ。清々しい空気を吸いに、食材でも買い出しに行ってきます。あ、今かな、と感じたので。お相手は。いつものAoky、でした。皆様も素敵なゴールデンウィークをお過ごしください。また!

2022.4.30 朝

1月から地元の整体に通っている。口コミ通り、不思議な施術を行ってくださる。「不思議」 僕は不思議なものを信じる。しこを踏めば首が、合谷を押せば喉が、足指をさすれば消化が、、、と、体は不思議と繋がっているからだ。なので、施術そのものが「不思議」であっても、身も心も全面的に信じるに限る。

一発で治してくれる気功整体師は今は施術はやっていない。その気功整体の研究所から徒歩1分のところに、今通っている整体師がいるのだから、これもまた不思議なことだ。

s-20220330_195819


あっという間に春。でも、今年の冬は僕にとっては長かった。作詞や曲整理はどんどん進んだものの、歌わず弾かず、そんな冬。そして、春が到来した。腰はまだ完治はしていないし、まだ、不安要素がある。でも気候があったかくなってきたこともあり、大分楽になったかな。先週の施術を皮切りに僕自身も春の中で自分の世界観にどっぷり浸りたい。

と、油断して今週は毎晩夜更かししてしまった。というのも、来週、とあるところで3時間ぶっ通しアルゼンチン・タンゴ楽曲を流すため、その選曲・曲順をずっと練っていたからだ。これには答えはない。完成しては、また聴き直して、「こっちの楽団のタンダを前に持ってきた方がいいかな」「タンダの1曲目と3曲目、逆の方が勢いが増すよ、うん」「ミロンガではなくてプラクティカ用の3時間なのだから、ルールに縛られる必要はないんじゃないか?」とか、そうやって、毎日、曲順が変わっていく。

お陰で、今日、折角の土曜というのに眠い。今週は日中は日中で新しくうちのチームに入って来た3名に業務を教えたり、他にも諸々、周囲の方々には見えないところでの調整を行ったりしていて、あれ? 僕がやりたいのってメロディー活動じゃなかったっけ? だよね~。

こうも眠いと作詞も作曲も録音も、よいものはできないよね。という訳で今日はコンタクトレンズを引き取りに向かった。初対面の店員さんに冗談を言ってみたり。その後、「そろそろ!」という気合いで音楽用のパソコン購入を検討していて、売り場へ向かった。収穫なし。。今からタンゴ・バーへ遊びに行こうか、もしくは人様のライブへアポなしサプライズで向かおうか、と、、、でも、体は既に疲れてしまっている。

そうだ!靴だよ! 整体の施術だけに頼るのではなく、自身でもっと改善していかないと。でも、ストレッチは充分やっているし。骨格は施術で調整して貰うとしても、筋肉の付き方を根本的に改善しないと腰痛は治らないのではないか? よく歩く僕にとって一番効果的なのは、座り姿勢を改善することと(会社で改善中)、通勤の徒歩、つまり、歩くための靴を変えてみたらどうか?

平日の会社帰りに立ち寄ろうとしても入ることもなかった靴屋さんへ、自然な流れで入ってみる。

結論を述べてしまうと、、、目から鱗であった。買おうと思っていたメーカーの靴よりも、より自分の体に合う(自分の体にふさわしい)靴を手に入れることができた。今までの靴の履き方、靴紐の結び方、脱ぎ方、靴の選び方等が間違っていたことを知った。そんなことまで店員さんが教えてくれるなんて、まるでプライベート・レッスン♪♪

自分の歩き方は長年自主的に高校時代から意識してきたし、特にこの数年、ヨガとアルゼンチン・タンゴのレッスンのお陰もあり、なかなかどうして悪くないと感じている。でも課題はまだある。骨盤や丹田を意識し過ぎて、逆に硬くなってしまっていやしないか? もっと股関節はゆるゆる、かつ、折り曲げて歩いていいのではないか? 足裏全体をもっと感じて、そこから繋がって下腹部にもうちょっと力が入った方が、腰痛改善に繋がるはずだ、等。

それにしても。あの店員さんが対応してくれたから買う気になったかもしれないな、とか。その店員さんは平日はいらっしゃらないようだから、やっぱり今日という日(しかも午後後半)にひょんなことから出掛けて、本題の音楽用パソコンを買うのを控え、より土台である僕自身の身体そのものに直結する靴を買おうと思い立った。その流れが「不思議」だったです。

店を出る時、店員さんが「楽しかった」とおっしゃってくれ、僕も本当に楽しい買い物をさせて頂いた。こういう流れ。なんというのだろう。「生きているって本当に楽しいことだな」と感じるのです。

僕は不思議なものを信じる。

AOKYより
2022年4月9日 20:40


s-20211227_122944

こんにちは。
おひさしぶりです。AOKYです。

秋から、踊りと外出の徒歩で運動量が増えたため、脂肪と筋肉のバランスも程好い感じになってきました。一方で、腰に負担が大きく、、、歩き過ぎでもあり、座りっぱなしの仕事ということもあり。タンパク質を多めに摂取するよう食生活を変えてみたり。まだまだ行ける!と感じていた矢先に、お尻のミルフィーユから腰にかけて大きく痛めてしまいました。7年半前に痛めたのと同様の状態です。

また一気に下がるのか、、、あの頃は痛みの軽減に2年以上かかりました。歌えなくなって。毎日を痛みとともに過ごした状態に戻るのか。。。といった不安が蘇ります。でも、年内まで踊り続けました。毎日オイルマッサージ、お灸、湯船に浸かってからのマッサージ、ヨガ、そして、踊ると腰の状態がすこぶるよい! なんとか、昨日、踊り納めをしてきて、大事に至らず、今こうやって書いています。

僕の体の部位の中で、弱い部分って、喉と腰なんですね。これはとっても興味深くて。歌うための喉、そして、踊るための腰。歌と踊りを生活の中心に据えているのに、喉と腰が痛みやすいのです。だから、余計に体を大切に、という気持ちがあって、一曲一曲、大切に歌い、大切に踊っていきたいな、と今、感じます。

10月から我ながら踊ってばかりでしたが、生活が不規則(睡眠不足)になってきて、気分は高揚するものの、体調はギリギリの線でございました。2022年は、より体を労わりつつ、無理せずに、己を知りつつ、体調を把握しつつ、生活を進めていけたら、と思っています。

それにしても、2021年も幸せをひしひしと感じる一年でした。今回公開する画像は僕のランチの場所からの撮影ですが、毎日、空の下で食べていると、生きているって素晴らしいな、と素直に感じます。

お昼は、太陽の光を浴びながら、朝炊いた米粒を口の中でよく噛んで、喉を通って体内に入ってゆく。

夜は、星の瞬きが美しい。特に昨今、夜は出歩く人が少なったせいか、東京の夜も静かですよね。金星の瞬きなんかは、まるで覗き込まれているようで。

朝は、太陽の穏やかな光が体を包み、そして眩しい。そして、ふと空を見上げたら、すっきりとした形のお月様までも空に映っている。

そういった様を毎日のように有難く感じます。

2022年はどういった年になるでしょうか。
家族に感謝し、知り得た方々とも喜びを共有して、毎日を健康に過ごしていきたいと思います。

2021年、有難うございました。
皆様におかれまして、よいお年をお迎えください。

AOKYより
2021年12月31日 お昼

image0

偶然が偶然を呼び、また偶然がやって来る。
「そうか、ということは、この写真をアップしてみよう」

例えば、タンゴで胸を意識してのリードということを習ったとした週のヨガ・レッスンでのテーマが胸骨でのひねりであったり、今日は自身の中で「やっぱり呼吸だよな~、毎朝、目覚めのヨガの最中に片鼻呼吸しよう」と思った矢先に、レッスンで片鼻呼吸の月と太陽の話、第三の男の話が出て来たり。

それにしても。身体の調子というのは、よい状態を維持していくことって、それ自体が素晴らしいのだな、とつくづく感じる。数日前、親戚一同で集まった際に、たらふく通常の3、4倍食べて、ブランデーを飲んで、冷たい飲料も飲んで、、、一気にお腹も腰も痛み始めています。この数日、オイルマッサージにストレッチも緩めに呼吸を意識して、調子を取り戻しつつあります。

そう。調子を上げたり、キープするのは、並々ならぬ努力や淡々とこなしていく習性が必要なのですが、調子を落とすのは簡単。一日で落ちちゃうことが出来ます。お酒もここのところ飲んじゃってるし。ちょっとまた気持ちを入れ替えて健康第一で過ごしていきたいと思います。

ちょうど。お灸の会社から封が届きました。そこの記事にも書いてあったけど、これからは毎日、足三里にお灸を据えようかと思います。

新しい歳に入ってから、僕の生活の中で、めっきりアルゼンチン・タンゴが幅を効かして来ています。11月はこのままの調子を維持しつつ、メロディー生活も自由自在に楽しむ所存です。いつ、歌えなくなるか分からないですし、いつかは紡いで来たメロディーを手放していかなければならなくなります。もうそういった時期に来ているのです。

メロディーを手放して、実りある人生を味わって過ごしてゆく。今日の穏やかな日差し、道を歩いて呼吸をする。顔にあたる空気。心地好い。そんな生活を、もっと一瞬一瞬、微粒子を感じて。

AOKY

2021.11.7 お昼

「幸せになりたい」と感じている人は、多いかと思います

でも、多くの方々はその幸せと距離をとって生きています。

実際、幸せになるのがこわいのか、と思う程です。

その幸せを抱えきれない(のでしょう)。

 

幸せを遠目で見ている人達は、(ずっと)幸せ願望を抱えたまま生きていくのです。

 

一方で、一度でも味わってしまうと幸せの常習犯になります。

そして、幸せ体質を身に付けてしまうと、身に付いてしまうと

幸せでしか在り得ません。

20211026_120738

このページのトップヘ