美しい道のり ☆AOKY(Sekai Pink)☆

歌うための心と体

歌うための心と体 美しい道のり
朝の過ごし方やヨガ、食事を通して
健康、美、若さについて徒然に書いています

s-20210601_124530

おはようございます。
この一週間は、とてもエネルギー量豊富でした。
これも家族や友人、知り合う方々のお陰です。

一人で人生を満喫する、それもよいのですが、色んな方々や色んな物事、事象と関わることで、より多くのエネルギーが生じます。あとは自身でそのエネルギーをよい方へ持っていく努力をしていく、意識をしていく、そうしていくと、「嗚呼、素敵な一週間だった」「今日も素晴らしい一日だった」と感じるんですね。

今週は二人の方と名刺交換をしました。職場でもなく、歌や踊りと関わりのある場でもなく、飲食店でもなく。お二人ともただ日常の中で通りすがりに出会った方です。ちょうど、この一週間は道行く人々の感覚が開いてきたな~と感じていまして、僕自身もより開かれた状態に、そして、周り全体、やはり季節、自然の影響でそうなっているのだな~、と感じていた矢先でした。

ただ俯瞰的にそういう風に感じていたのですが。まさか、より現実的に「出会い」というエネルギー(これはとても大きなエネルギーなのです)が生じるとは思いませんでした。さらに、別のシチュエーションでは、またもうお一人新しい方と近く長く時間を過ごすことになりました(恋愛関係ではございません)。

世の中全体的に動き、身の周りも動き、僕も動いた。そんな一週間でした。

当然ながら、インスピレーションが湧きます。出会ったお一人の作品(結果的に彼女はPhotographerでした)の写真を眺めていたら、ピアノを弾きたくなり。楽しくなってきました。静かなピアノ曲を即興で何曲か録音をして。その彼女が個展を開催しているということで、そういったところから、僕もちょうど旬な感覚を作品として、皆さまにお届けしたいと感じていたので、Web Galleryを開くことしました。

Clear ~光を感じて~』 日頃、ふと留めている写真と、この一週間で録音したピアノ作品数点を順次、公開していきます。まだ、準備中ですが、一つ一つ丁寧に作品を並べていけたら素敵です。どうぞ気晴らしにお越しください。

☆AOKY☆

E2ZELT9VIAg1Vpt

「お月さま」と「いっそFly」という曲の作詞をしよう、とプリントアウトした紙を通勤用バッグに入れたのでした。朝の電車の中で、うちの母とメールでやりとりした時に「今日はスーパームーンが見られるそうです」という文面を見て「キタァー!」と思いました。そして、実家へ向かうことが決定。その10分後、数ヶ月に一度お会いする職場の同僚に挨拶したところ、「今日、家族でスーパームーン見るんです」と、また「キタァー!」と感じたものです。

結局、スーパームーンを雲の向こうに仰ぎつつも、夜の心地好い風に吹かれ、実家の近所の人とちょこっと話したり、自分ちに帰ると今度は、年に1、2度程お会いする方ともバッタリお会いして立ち話したり、と、そういう流れが楽しい夜でした。

ちなみに「お月さま」はまだ未完ですが、たった今、作詞を更新したばかり。

今日は今日で。動きが色々ありました。ひょんなことから、めったにかけない電話をとある業者にかけます。電話をかけるためにとあるスペースへ。そしたら、「え?」 オフィス・ビルに、高層ビルの窓ガラスにてんとう虫が張り付いていました。しかも僕の目の前で。。。このところ、てんとう虫づいています。しかも、今日は雨の日に天道虫なんて。。。

これは「Lady Bug(仮)」を完成させよ、という合図か? それとも、もっと壮大な(笑)

もうひとつ。今日の帰り道。鳥が目の前でずっとバタついているんです。黒い小柄な、ちょっとゴツイ口ばしがオレンジ色の鳥で。低空で5秒間程、同じ場所で浮いている。おぉ!と驚いたところでまた同じ舞を見せてくれました。きっと葉っぱについた虫を飛びながら吟味していたのではないか?と感じるのですが(というのも、バタついた後に葉々の中へすかさず飛び込んでいきましたから)、それにしてもそういう舞を目の前で見たのは初めてなので驚きました。


さて。。。夢日記。まだまだ付けてます。抜粋して書きましょう。

ホテル並みの対応のSPAで「極上コース」という料理を食べている僕ら。SPAへ行くために中継地点の受付へ向かったところ、なぜだかそこにはお肉が沢山あって、2cmほどの分厚い脂たっぷりの豚ステーキだけでなくて、+600円払えば食べられる特上肉(鶏肉に見えた)を、スタッフの男性が気を利かしてくれて、お皿に装ってくれるのでした。

厨房にいる僕。そこで電話が鳴って、あまりよく聞こえなくて、「HIGの女性kogaさん、栄一郎さんの件で」とお店の人に伝える。

城壁があり橋がある。高所で狭いスペースに立ちすくむ僕。そこへ米国で人気のあるコスメ眼鏡女子が「ダーリン」なんて言っていたり(動画を彼に送っているようだ)、有望な女性ボーカリストが素直な歌詞を歌い上げている。

などなど、まだまだ沢山あるのですが、、、眠くなってきました。おやすみなさい。

AOKY

GW。AOKY desu。

5月を迎えました。5月1日。GWの真っ只中。
五時起きは健在で。ヨガもなんだかんだでフルコース。
朝、公園に出掛けて、本を読んで。散歩して、川沿いで、本を読んで。
大切な言葉をパソコンに入力して。。。横になって。

チェット・ベイカー。これがいいんですよ。
今まであまり聴いてなかったCD。『Embraceable You』
五月の陽気にピッタリなんです。

気晴らしにまた外に出掛けて。
うちの前では。二十歳前後の女子四名がキャーキャー歓声を上げてます。
ジャンプしてます。笑い声、すごい! とにかくはしゃいでる。
しまいには一人が女の子一人を肩車して、、、
「写真!写真!」やら、支えるやらで、またキャーキャーしてる。
はい。サクランボ(のような実)をもいでいるのです!
乙女たちのあらわな姿。微笑ましいです。
そして、その貪欲さに脱帽。
欲しいものはなんだって手に入れよう!という勢い。大切。

去年は、鳥達の独断場でしたが、今年は、人間たちも鬱憤がたまっているのでしょうか。。
子供も大人もサクランボをモギモギしまくっています。枝まで折っちゃう人も現れて。おいおい。

遊歩道を歩いて。僕は、、、酒屋へ向かいます。純米吟醸生原酒をゲット。貪欲でしょう?
だって、飲みたいんだもん。

さて。。。令和に入ってからちょうど二年経ちますよね!!!
この二年間はいかがでしたか? いかがお過ごしでしたでしょうか?
可もなく不可もなく? あっという間?

年を経てきたからなのか、心機一転したからなのか、環境の変化のお陰なのか、この二年間は「生きてるぅ~」って感じがします。向かっている、自分自身に。

でも、まだまだ、とも感じています。ついつい未来へ向かってしまって。今に向かっていないような気がして。気合い入れてどうなるものでもないですし、ね。でも、まぁ、現状にまだまだ満足はしていないようです。僕。

毎日、試行錯誤です。切迫感。感じています。それでいて、、、のんびり過ごしているのです(笑) チェット最高~♪

つい先日。気になる女性がいました。話し掛けるチャンスがありました。でも、、、ちょっとよく見たら、とっても素敵過ぎて、声掛けられなかったんです。うぅ。One Chanceって言葉ありますよね。はい、人生、ワン・チャンス。二度と訪れない(正しくは、「同じ形のチャンスは二度と訪れない」)。チャンスって不思議なんですけど、ふとした時にやってくるんですよね。だから、その時に準備できていないと、驚いちゃう。まさか目の前にチャンスが訪れるとは思ってもみなかった訳で、そこで迷ったら、もうチャンスは遠くへいってしまって。。

そして、次にチャンスに出会おうとすると、堅くなっちゃって。もじもじしちゃったり。一回目のチャンスと違って、二回目は意識して作ろうとして、迷いが生じて、また逃しちゃう。そして、三回目はもうほとんど巡って来ないんです。

そこで僕は考えました。一回目のチャンスの時に、彼女はちゃんと隙を見せてくれているんです。そこに気付いたからこそ、二回目のチャンス、自分で作ってみてもいいのではないかな?と。ちょこっと引き寄せてみてもいいのでは?と思ったんですね。まぁ~、勘違いの可能性大なんで、無理なく。

そういえば。。さっき、日本酒を買いに出掛ける時に。短パンを履いた女性が僕と通り過ぎました。ちょっと長い脚が綺麗過ぎて、見惚れてしまって。欲丸出しです。で、後で気付いたんですが、、、ちゃんと彼女もシグナルを出してくれていたんですよね。僕も僕なりにシグナルを出していて。だから、二人は面と向かって通り過ぎることになったのです。普通であれば、だだっ広い道路なのだから、面と向かってすれ違う、なんてことはないのに、二人は敢えて、面と向かうように、何気ない感じで歩いて目と目を合わせたりする訳です。まぁ、そういった駆け引きを僕達は耐えず行っているんです。実は。こういう見えないやりとり、駆け引き、って、とっても大切だ、ということを申し上げておきたいと思います。

E0SN53LUUAA64zq

え? 上述の「気になる女性」とはどうなったのかって?
はい、後日、ちゃんと話し掛けました。そして、食事の話からリフレッシュの話まで、ゆっくりと穏やかに会話。素晴らしい時間でした。奇跡的でした。まるで旅先で出会った友のような。脳内がすっきりしてしまった程です。それはそうですよね。今まで話したことのない初対面の女性と、ゆっくりとお話したのですから、脳が驚いたのではないかしら。喜んだのではないかしら?

「ただのナンパじゃん!」だなんて言わないでくださいな。いえ、むしろ、、、声を掛けてみたい女性に声を掛けた、会話が成立した、ってところが大きいんです。上述のサクランボ欲しさに無邪気にもぎとろうとする女子達。微笑ましくないですか? なんだか素敵な光景でした。そして、僕も素直に気持ちを形にした、ということなんです。第三者が見たら、やはり微笑ましいでしょう。

常々。「本当にやりたいこと」ってなかなか後回しになってしまったりしませんか? 「本当にやりたいこと」のために色々準備して、環境を整えて。僕なんて、今の状況まで持って来るのに、十年以上? いや、もっと? 費やしています。もう待ったなし!の状況で、「あとはやるだけ」なのに、なかなか踏み出せない。やりたいのにやらない、やれない。

なので、「声掛けたいな」「話してみたいな」という素直な気持ちがあって、声を掛けて、話すことができた。これって僕の人生において、「本当にやりたいこと」に繋げてみると、とっても大きなことなのです。もし、声さえも掛けられなかったら、僕は自分に幻滅したことでしょう。つまりそれは、「やりたいことがあっても、何一つやらない」人間ということです。でも、声を掛けた。それは「やりたいことをやろうと試みた、踏み出した、挑戦した」ことを意味するし、話すことができたのは「実際に踏み出してみて、やりたいことをやることができた」ということになるのです。

さらに。長いね、話。。。その女性と話した後の二日間はもうハッピーでして。あらら? 不思議と周りに対しての僕自身の態度が、、、「いい感じ」になっちゃったのです。いつもは努力して「いい感じ」に持っていっているのですが、もうな~んの努力もいらないくらい「いい感じ」になっちゃって。周りの雰囲気もなんだか不思議と「いい感じ」になったのです。これって、すごくないですか?! もう、ハッピー・オーラ満載。エブリバディー・ハピーですよ♪

僕がお伝えしたいこと。それは。「異性に対してどういう関係を、ということではなくて、人生そのものにトキメキを感じることができるのって、いいな、って感じます。仕事に励んだり、通勤を楽しんだり、この数日は朝の涼しい風が心地好かったり。」

聞いてくれてありがとね。また~。

p.s. そういえば。一昨日、八百屋へ行きました。お札用の財布には一万円。なので、小銭入れに入っている700円以内に収めよう、と茄子や小松菜などをレジかごに入れて、レジへ。お会計したところ、、、700円を超えてしまって、、、ど、どうしよ~って。結局、持参金が800円弱あって、ギリギリ支払えました。レジ会計時ではあたふたしたけど、帰りがけ、、、よくよく見てみると、その額が、な、な、ん、と、777円!!! ラッキー・セブンが三つ並ぶのって初めて遭遇しました。なんかあるんだよな、うん、って、GW中はレシートを見えるところに貼っておくことにしました。いいこと、起きそうです。むしろ、もう起きているかも、なのです。

AOKYより

Ezx7Sv-VcAET1vQ

このところ、いや~に白湯が美味しいのです。
若干、甘みがあって。う~ん、なんでだろ、と。


昨年7月から南部鉄瓶でお湯を沸かすようになりました。
毎日育ててきた錆びが甘みを醸し出している、と気付きました。
(※以前、「かび」を育てて、と書きましたが、正しくは「錆」でした!)

この南部鉄瓶。小ぶりな割には重くって、すぐに別の器に移し替える必要があったり、火傷に注意しなきゃだったり、移し替えたお湯が冷めないようにするには、とか色々、朝一から頭を働かせなきゃでしたが、、、今は馴れたもので、スイスイスイでございます。

GWはみなさん、どんな過ごし方をしますでしょうか?
このblogをお読みの友の皆さんは、きっとお休み、連休の方が多いかと思われます。
そして、「どこにも行けない!」「楽しみがない!」なんて発想は持たずに、いつもの如く、幸せな気持ちで過ごされることでしょう。

もし。「なんだか手持ち無沙汰だな」とお感じの方がいらっしゃったら。身の回りの小さな楽しみを見つける旅に出掛けてみてはいかがでしょうか? 旅といっても空間的なものではなくて、感性の旅。目の前にある机であったり、台所や玄関。ベランダや窓から眺める景色。おうちを一歩踏み出して、歩く道のり。ご近所の子供達の溢れんばかりの元気な声。小さな楽しみは至る所で見受けられます。

画像をご覧ください。右上はオフィスから抜け出して、外でお弁当を食べている時に見えた都庁です。飛行機雲が直線を描いて雲の中に消えてゆく様。物質は異なるけれど、直線と直線とのコントラスト。青空というキャンバスに描かれていて「あっ!」と脳内がスッキリした瞬間です。

右下は地元の遊歩道。何の変哲もない一本道ではあるけれど、こうやって舗装されていて、自然もあり、住居もあり、行き着いた先には公園があったりで、地球もここまできたか!と感じさせます。なんせ百年前の日本には存在していない光景です。今という瞬間に当たり前のように存在する道のり。そういうところでジワーンと来ます。

左は先程撮影した南部鉄瓶、白湯専用の白い保温容器、最近人様から頂いた肥後の小岱焼です。これがまたよいのです!

「この器に五徳あり、曰く毒を解し、湿気残らず、?臭住めず、物腐らず、延年長寿をなす」 うぅ。。深い。。AOKYもそのような生き方、過ごし方をしていきたいものです。

さあ、今日も小さな喜びを見つける旅に出掛けましょう。

AOKY

2021年4月25日 朝

EzJMmBoUUAgjuUF

夢というのは不思議でして。目が覚めた瞬間に、ギュッと意識してカチっとはまると(うまく書けません)、芋づる式に思い出すのですが、それを逃すと、まっさら忘れてしまうのです。

夢の中で鳴るメロディーが生まれた時は録音する、その習慣はもうかれこれ30年以上もやっているのですが、夢の内容をメモする、という行為は今年に入ってから始めているのですが、自分の書いた字が読めないことが多くて。

でも、続けていくと、徐々に夢の内容がリアルな描写になっていることに気付きます。夢の中の映像だけでなくて、登場人物の心の描写であったり、発した言葉であったり。

「胃袋に合わせない」 これは4/14朝の台詞。

今朝4/17の夢。Scene Part 1は明るく清潔な蕎麦を中心とした和食処、支払い時に「Web割引はありません」と女性店員に言われ、あれ? でも、Webに記載があるのに、、、と感じていると、「Web更新していないんです(=Web更新できる者がお店にいない)」とのこと。今朝のScene Part 2は小学校給食と書かれていて、その下に「原点を辿る、と話す」と書かれていて、何のことだか。。。Scene Part 3では、マニアックな本屋さんで黒ぶち眼鏡50代男性の書籍評論家のようなコラムニストのような方が、色々おっしゃっていて。その方のフルネームまでも覚えていて、たった今、ネットで検索したら、若い女の子の画像が沢山あったり???

今週月曜の朝の夢は、知人のMさんが、僕が以前住んでいたアパートの301号室に引っ越して、僕が住んでいた103号室よりも2.5畳分広くって、ベランダもあって、そこには1階から伸びているバカデカい黄色いチューリップが開いていて直径30cm以上もあって、久々にそのアパートに訪れた僕は、当時102号室に居た男性に挨拶しに(彼は104号室に移動していた。そして、この時点で僕は101号室に引っ越していた)いくと、宅前には柔らかい木製オブジェ、1.5mくらいの大きな。間口で彼や彼の家族と話して。

それにしても、面白いのは、、、夢の中で、両親や職場の同僚(あまり話さない人まで)といった普段顔を会わせている人だけでなくて、まったく出会ったことのない人物がはっきりと顔を持っていて、心もある、ということです。知らない地名が出てきたり。付け加えると、、、登場回数がやたらと多いのが、、、何故だか、、、おやっさん、というところ。至るところで登場します。そういえば、今朝もおやっさんが40代で目がおっきくなっていて、ピシッとしていて、何か夢の中でおっしゃっていました。って、ふと思い出すものなんですよね、夢って。おやっさんは、きっと夢の中でも欠かせない存在なのでしょう。

まだまだ、夢の探求を楽しんでみようかと思います。

AOKY

このページのトップヘ