スポンサードリンク

ブックマークに追加する
レーシック手術を考えている方に手術を受ける前に考えておきたいリスクなどをご紹介します。レーシック手術を受ける際には通院しているクリニックの担当医から十分な説明を受け、メリットばかりでなく手術によって負うリスクがあることも理解した上で手術を承諾することがトラブルを避ける意味でも、自分の身体を守る意味でも重要です。最近はレーシック技術もめざましい発展を遂げ、術前の患者さんへの説明に関してもリスクも含めて十分な説明を行い、納得してもらう「インフォームドコンセント」を徹底することが義務とされています。これはレーシック手術のみでなく、あらゆる医療の現場においてもいえることですね。

レーシック手術において患者さんが負うリスクとはどのようなものがあるのでしょうか。一番のリスクともいえることは「リグレッション」と呼ばれているものです。この「リグレッション」とはレーシックの手術後に時間の経過とともに再び視力が落ち始め、近視の状態に戻ることを意味しています。手術後に目が疲れるようなことを続けたことが原因の場合もありますが、そうでない場合にも起こるという報告もあり、現時点ではリグレッションの原因ははっきりとはわかっていないようです。この様なことから術後にクリニックが定めた一定の期間内にリグレッションが起こった場合に無料で再手術を行うシステムもありますが、一度目の手術で角膜を再び削ることができない厚さになってしまっている場合には再手術を受けることはできません。これは近視や乱視が治るのは確かに嬉しいことですが、安易に手術を受けることなく、こうしたリスクも十分に理解をしておくことがとても重要なんです。

 
ブックマークに追加する
これからレーシック手術を受けようかと迷っている人にとって、不安に感じることにはどのようなものがあるでしょうか。目にメスを入れたりレーザーを当てると聞けば、当然怖い気持ちが先にたち、もし失敗したらどうなるんだろう..見えなくなったりするんじゃ..と心配になることもあると思います。
レーシックはアメリカをはじめ日本国内でも多くの症例がありますが、今までにレーシック手術が原因で失明をしたという報告は一例もありません。レーシックは角膜に施す手術であり、眼球の内部を触ることはない為、失明することは通常では考えられないということです。ですので失明の心配をされている方には大丈夫ですといってもいいようです。

次に心配になることといえば手術や手術後に痛みがあるかどうかということだと思います。目は少しゴミが入っただけでも結構な痛みがあるので、手術となると痛みは不安に感じることのひとつだと思います。ですがレーシックの手術の際は、術前に目薬のような形の麻酔をする為に痛みを感じることはないということです。ただ気持ちが悪いかもしれませんが、触られたり押されたりする感じはわかるそうです。
また手術後の痛みについては、麻酔がきれた際に沁みるような感じやコンタクトを入れているような異物感を感じることがあり、その度合いには個人差があるということです。違和感がある場合でも処方された目薬などで和らげることができ、1日もすれば状態は落ち着くとされています。

また手術の傷跡について心配な方もいるかと思います。レーシックの手術ではフラップと呼ばれるフタを角膜を削って作りますが、このフラップの跡は残ったとしてもとても微細なものであり、顕微鏡で見ないとわからない程度のものということなので心配はないでしょう。
 
ブックマークに追加する
レーシックは眼科治療において素晴らしい医療技術であることは間違いありません。
成功すればそれまでのコンタクトやメガネがなくてはいられなかった生活から解放され、視力が落ちる以前のクリアな視界を取戻すことができます。しかし眼科でレーシック手術を受ける際に、ひとつ知っておかなければならないことがあります。
レーシック手術において負うリスクなど、カウンセリングの際に眼科で受ける説明内容ももちろん把握しておくべきことですし、その上でさらにレーシック手術というものの根本的な解釈について誤解をしてはいけないということが重要なのではないかと思います。

レーシック手術を受けることにより視力が回復した人はたくさんいます。ですがレーシックは角膜の屈折異常を矯正することにより視力の回復は望めますが、眼の中の組織構造自体を変えるものではなく、根本的な意味で視力を回復する方法ではないということを理解する必要があります。つまりレーシックにより視力が回復したとしても、眼の内部の状態はまだ近視や乱視、遠視のままとなっており眼球自体の構造は変わっていないために、施術前に度の強い近視であった場合には、近視の人がかかりやすいとされる緑内障のような眼に関する病気を患う確率は通常の視力を持つ眼球構造の人よりも高いままということです。  

もちろんこれらのことはレーシック手術を受けることによって起こるものではないのですが、レーシック手術によって眼球の状態まで健全になるというものではないということは認識しておくことが大切だと思います。自己責任が取れるかどうかの判断を下すようにしてください。
 
ブックマークに追加する
視力は回復させたいけれど、眼の中に異物を入れるコンタクトレンズでさえ抵抗があるのに、眼を削るなんて考えられない・・・。と、戸惑い、今一歩踏み込めない人も多いのではないでしょうか? 時代の進化で、レーシックも視力矯正の一方法として、世の中に広まり浸透され始めています。アメリカではもはや、一般的な方法とされている位です。レーシックに失敗はない、成功して当たり前の世界なのです。
ですがやはり、何にでも100%は無いと勘ぐってしまうのが日本人の悪い癖!?
機械の力を借りるとは言え、人間の手によるものですから、もしかしたら・・・の心配をぬぐいきることはできませんよね。
では、どうしたらその心配を乗り越えて、レーシック治療に踏み込む事ができるのでしょうか? レーシック治療で失敗しないためには、まず、レーシックについて詳しく知ることが大事ではないでしょうか? 「知らなかった・・・」で後悔しないためにも、レーシックについていろいろな知識を入れておきましょう。

インターネットのサイトを検索するだけでも、たくさんの情報が飛び込んできます。そうする事がおのずと、良い病院、良いクリニック、そして良い先生に出会うことに繋がると思います。良い出会いが信頼関係を結びます。そして信頼関係ができていれば、決して失敗は生まれせん。信頼できる病院の信頼できる医師に自分の目を委ねて、自らの目でクリアな世界を見つめる力を取り戻したいものですね。
 
ブックマークに追加する
レーシック手術は視力低下に悩む人にとって画期的な治療法として近年話題の視力矯正法です。海外では日常的な治療法として取り入れられていますが、日本においては、レーシックは知られてはいてもまだまだ症例は少ないのが現状なんです。ですが
レーシックは近代医療において視力回復の為の先進的な治療法であることには違いありません。そんな画期的なレーシック手術であっても失敗が絶対にないとはいえないようです。
レーシックは目に施す治療なので、失敗と聞くと失明してしまうのでは?と心配になる方もいるかもしれません。ですがレーシック手術が施されるようになってから今日までの間、手術の失敗によって失明したという報告は一例もないということです。新しい治療法ではありますが、本場といわれるアメリカでは既に100万人以上の人がレーシック手術を受けており、それで失敗による失明がないというのですから心配はないでしょう。

またレーシックは目にメスを入れるといっても、角膜なので失明するということは通常ではまず有り得ないということです。角膜に当てるレーザーも、角膜の内部までは入り込まず角膜に吸収されてしまうので心配はありません。万が一手術中に災害のようなトラブルが起こった場合にもレーザーの照射が止まり、誤作動を起こすようなことはない仕組みになっているようです。ですがレーシック手術を受ける場合には、症例の多い経験を積んだドクターに任せるのが安心といえるかもしれません。

 
ブックマークに追加する
レーシックは一般的に近視矯正手術として広く理解されているようです。しかし、近視しか矯正できないわけではありません。近視と乱視の両方を持っているという人も少なくはないと思いますし、乱視だけがあると言う人も居ることでしょう。

軽い乱視であれば、メガネでも十分に矯正は可能です。しかし、強い乱視の人の場合は、メガネでは矯正しきれないことがあります。そのような人は、ハードコンタクトレンズや乱視用のコンタクトレンズ等で矯正されている場合も多いかと思います。
でも、やはりコンタクトレンズが苦手な人・・・居ますよね。
そのような人はレーシックを検討してみてはいかがでしょう?。乱視が強くて、コンタクトレンズをはめているからマリンスポーツはできない・・・。乱視用のコンタクトレンズをしているけど、どうも希望の視力にまでいかない・・・。
などと嘆いている人は一度、相談だけでもしてみるといいかもしれませんね

今までは、複雑な乱視の場合は不可能とされてきたようです。しかし、技術の革新により、複雑の乱視についても治療が可能となってきました。複雑な乱視の人にも希望が持てるということです。

乱視の人に限った話ではありませんが、レーシックについては、自分がきちんと理解することから入りましょう。自分でもいろいろな情報を入手するのに便利な時代になりました。乱視についても、レーシックについてもきちんと理解して、確実に自分の眼を任せられる医師を選ぶ目を養ってから、病院選びをしましょう。




 
ブックマークに追加する
老いは誰にもやってきます。自ら望まなくても勝手にやってきます。生きている以上は仕方ないことなんです。生まれたときからずっと働き続けてくれている体なのですから、そりゃあ歳を取れば機能も低下してきますよね・・・。若いときに近視のためレーシック治療で視力矯正ができても、残念ながらそれは必ずしも永遠の視力ではありません。40代を過ぎて、老眼年齢を迎えたら、例えレーシック治療を受けていても、老眼になるのを防ぐ事はできません。

ちまたでよく、「眼のいい人は早く老眼になる」と言われますが、レーシック治療で近視回復している分、早く老眼になるか?と聞かれたら、そのような事は無いようです。かといって、レーシック治療は受けたことがないが、老眼になってしまった今、レーシック治療で老眼を治すことはできるのか?と聞かれたら、それも無理です。
現時点では、レーシックでは老眼までは防げません。現時点では、レーシックで老眼は治せません。・・・と言う現実になってしまいます。

しかし、技術は日々進歩し続けています。視力矯正にはメガネしか無かった、ところがコンタクトレンズが開発され煩わしさを解消してくれました。そしてまた、レーシックの開発で、不便さがより解消されました。

眼の外に付ける物が、眼の中に入れるものになり、眼そのものを治療する時代にまで来たのですから、老眼を克服できる物が誕生しても決しておかしくないですよね。
そんな時代が身近に迫っているのは確かなのではないでしょうか。




 
ブックマークに追加する
どんな手術をしても、術後には大なり小なりの体の変化を訴えるものです。悪いものを取り除いたのだから、手術を終えたら途端に元気になってピンピンしてしまった・・・と言う人の方が珍しいです。レーシックの手術も30分ほどで終るとは言え、体の一部にメスを入れるわけですから、終ったとたんに何事も無かった・・・と済むばかりではありません。レーシック手術後の後遺症のことも頭に入れておくと、術後の生活についても考えておくことができると思います。

レーシック後の代表的な後遺症として、ハロー現象、グレア現象があります。
ハロー現象とは、光を見たとき、その周りがぼんやりと輪になって見える症状のことをいいます。グレア現象とは、光を見たときに、必要以上に明るく見えてしまいまぶしくてたまらない症状をいいます。通常なら3ヶ月以内にこれらの症状は自然になくなるといわれています。

他にもドライアイを訴える人が結構居るようです。ドライアイとは字のごとく眼が乾燥状態であることです。涙の生産が上手にできずに、眼の潤いが足りなくなってしまうので、眼がかすんで見えづらくなります。これも数ヶ月で自然になくなるようです。

これらの症状はほとんどの人の場合は自然になくなるのですが、稀に後遺症として残ってしまう場合もあります。その辺が不安・・・と言うのであれば、担当の医師に、後遺症が発生する割合について確認してみるといいかもしれません。万に一より少ない数字であれば、納得するか、それでもと言われるのかは患者さん次第ということでしょうか。




 
ブックマークに追加する
レーシック手術の費用は病院、クリニックによってかなり開きがあるようです。高ければ安心で、安ければ不安・・・と一概には言えません。自分が信頼してできるところであれば、それが一番のようです。しかし、レーシックの手術を受ければそれで終了・・・とはいきません。費用は手術代以外にもかかることを頭に入れておく必要があります。
レーシックはまずはその手術が受けることができるかどうかの適応検査が必要です。
なんでもそうですが、いきなり体にメスを入れることはありませんものね。まずその適応検査の費用がかかります。これは一万円以内でおさまるようです。病院、クリニックによっては、手術代に含まれる場合もあります。

手術当日や、手術後に処方される薬代も費用として用意しておく必要があります。
これも、病院、クリニックによっては手術代に含まれている場合もあります。

手術が無事完了したからこれでやれやれ・・・ではありません。その後の、眼の状態や、視力の状況を確認するための定期健診は必ず受けなければなりません。その費用も必要になります。定期健診は、大体、翌日と翌々日、1週間後、3ヶ月後、半年後、1年後位の間隔で受けることになります。その費用も病院、クリニックによって異なり、手術代に含まれている場合もあります。

レーシックにかかる費用については、病院またはクリニックにより違いますので、提示された金額だけでなく、きちんと内訳についても確認した上で受けるようにしましょう。
 
ブックマークに追加する
どんな世界でもそうですが、技術は日々進歩していきます。近視矯正手術「レーシック」についても、論外ではありません。
■「イントラレーシック」。
これは、従来のレーシックと何がどう違うのでしょうか?違いをみてみましょう。
最も大きな違いは「フラップ」の作成の仕方です。
フラップとは何のことでしょう?簡単に言うと、フラップと言うのは、角膜を切り抜いて作る「蓋」のことです。その蓋の作り方が、レーシックは手動、イントラレーシックは機械で作られるといった感じです。それに、視力が悪ければ悪いほど、深く削らなければならない角膜ですが、レーシックに比べてイントラレーシックの方が深くまで削ることができます。ゆえに、イントラレーシックの方が、強度の視力回復が可能であるということになります。

他にも、レーシック後に起こる「ドライアイ」の症状が、イントラレーシックの場合は発生度が低く済むのも特長のようです。とは言え、レーシックもイントラレーシックも、希望する全ての人間が受けることができるわけではありません。もともとの角膜に異常がある、あるいは角膜移植をしている人、重い糖尿病や膠原病、出産前後の人、以前に疾患による眼の手術を受けた人などは、残念ながら受けることはできません。それに、多くの人の命を預かるパイロットや、パイロットを目指す方の場合、レーシックやイントラレーシックが請けられない場合もあるようです。
自分が該当しないかを確認されるといいと思います。