スポンサードリンク

ブックマークに追加する
現在、スキンケアコスメは多種多様なものが毎日、新発売という状態です。それに伴い、美容に関する情報もそれこそ大量に氾濫しています。それらの中から、自分の希望や悩みに合わせてチョイスしている方が多いのではないでしょうか。でも、ちょっと待って下さい!お手入れのし過ぎやお助けアイテムの過剰使用が、さらにトラブルを招いていることもあるかもしれませんよ。
例えば、脂っぽくなることやテカリを気にして、洗浄力の強い洗顔料やスクラブ洗顔を、手に力を入れてゴシゴシ行ったりしているとね。反対に乾燥が気になるからと、クリームや美容液をたっぷり塗ったりしても同様です。もしくは説明書は読まずに、化粧水の後は美容液のみということをされている方もおられるのではないでしょうか。洗いすぎは、乾燥をすすめ、肌がそれを補おうとさらに油を分泌させようとします。また、クリームをたっぷり塗っても、表面をラップするのみで、肌内部のうるおいはほったらかしになってしまうということに。そして、化粧水後の美容液だけというのは、今度はラップをしないので、効果半減ということになりかねません。

それぞれ、その人がよかれと思っていても、適切な使い方をしなければ、効果は生まないどころか、反対にトラブルが出てきてしまうことがあるようです。「効果が出ない」=「肌に合わない」と決め付けてしまう前に、一度、自分のスキンケアアイテムの使い方を考えてみましょう。次々に新製品に手を出さなくても解決できるかもしれません。








 
ブックマークに追加する
美肌の基本…まず肌の余分なものを落とすことです。自分の手をきれいに洗いましょう。洗顔は2段階でクレンジングと洗顔になります。念入りなクレンジングでメイクを落としましょう。ファンデーションを長時間付けていると、肌荒れの原因になります。内側から外側に向かって指に力を入れすぎないように注意し、汚れが浮き上がってきたら洗い流します。
次に、洗顔料を使ってクレンジング剤の油分や界面活性剤をしっかり洗い流します。
たっぷりの泡で、クレンジングと同じように内側から外側に向かってクルクル円をえがくように包み込んで洗います。洗い残しのないよう、ぬるま湯でしっかり洗い流します。最後の冷水を使うと、毛穴が引き締まります。

洗顔後は、自分の肌質にあった化粧水をたっぷりと使って補ってあげましょう。目の周辺や口元のなどの乾燥が特に気になるときは、繰り返しつけましょう。手のひらに肌がすいつくような感触が、補われた目安になります。

化粧水で保湿したら、乳液で水分の蒸発を防ぎます。顔に適量の乳液を置き、マッサージするようにすべらせていきます。乳液は化粧水に比べて変質しやすいため、保存料や酸化防止剤が含まれています。出しすぎた乳液を容器に戻すなんてことはしてはいけません。清潔に保つようにしてください。肌のカサつきがひどい時や冬期などは、乳液のあとにクリームで油分を補うと乾燥が防げます。反対に、脂性肌の人があっても、目や口の周りなど乾燥して小ジワのできやすい部分には、さっぱりタイプの乳液を選び、水分の蒸発を防ぎましょう。






----------------------------------------------------------------------------------
アト
 
ブックマークに追加する
空調設備に囲まれた暮らしをしている私たちにとって、肌の乾燥対策は重要項目ですね。肌がカサカサになり、肌荒れがすすんで、シワになっていきます。また、乾燥肌は痒みを引き起こしてしまいます。乾燥肌というのは、肌の角質層から水分が少なくなってしまったり、皮脂の分泌が足りなくなってしまったりしている状態のことをいいます。この角質層は、肌を外界の刺激から守ってくれる機能があります。それが乾燥によって、角質層が弱まると… 無防備な状態になってしまうわけです。
角質層にはNMFという天然保湿成分があります。これがたくさんあると、保湿力があり潤いある肌を保つことができるのです。そのために必要なお手入れはどんなことがあげられるでしょう。

注意点は3点です。

1.乾燥肌の人は硫黄入りの洗顔料や入浴剤を使用しないようにする(脂性肌の人は、皮膚科ですすめられて使用することがありますが、これは肌を乾燥させるためです)
2.40度以上のお湯で洗わない(洗顔はぬるま湯が基本)
3.タオルで皮膚をこすらない(上から押さえるように)

が、あげられます。また洗顔の泡にも注意してください。しっかり泡立てていますか?手で泡立てず、顔にこすりつけて泡立てているなんてことはないでしょうか。それも乾燥肌にとっては刺激になります。しっかり泡立てる、またはコールドクリームで丁寧にふき取るというように、肌への刺激に気をつけてみましょう。化粧品のスキンケア対策と上記のように生活の中で気をつけること。この併用が大切です。






 
ブックマークに追加する
人の肌は主に普通肌・乾燥肌・脂性肌・混合肌・敏感肌の5つに分類されます。
今回は、あえて、肌トラブルの対策にとりあげられることの少ない、「普通肌」「脂性肌」「混合肌」について勉強してみましょう。

■普通肌
角質層の水分が充分にあり、皮脂の量も適度な肌です。お肌のきめも細かく、理想的な肌タイプといえます。セラミドやヒアルロン酸配合の化粧品で保湿をしっかりし、美肌をキープしましょう。美肌キープの対策は2つ。睡眠をしっかりとり、肌に休養を与えること。そして紫外線を避けることです。この2つができないと、肌へのダメージが大きく、すぐにトラブル肌に転化してしまいます。

■脂性肌
皮脂の分泌が多く脂っぽい肌を脂性肌と言います。特徴として、脂浮きしやすい、ニキビができやすい、毛穴の開きや黒ずみが気になります。これは、過剰な皮脂が毛穴を詰まらせてしまうからです。雑菌が繁殖しやすく、炎症もおこしやすくなります。
対策としては、充分な保湿をすることです。セラミド配合のものがよいでしょう。
余分な皮脂を落とし、水分を肌にしっかり補充しましょう。

■混合肌
混合肌は脂性乾燥肌ともいいます。最近増えてきている肌質のようです。
特徴としては、
・夏は脂っぽいなり、冬はカサついてしまう。
・Tゾーンがベタつくけど頬などUゾーンはカサつく。
対策は肌への水分補給です。セラミド配合とアルコールフリーの化粧品がおすすめです。アルコールは揮発性があるので、肌を乾燥させてしまうからです。
洗いすぎて、バリア機能を落としてしまうと、乾燥肌・敏感肌へ転化しやすいようです。






-
 
ブックマークに追加する
日本には春・夏・秋・冬と四季があります。それで気温や湿度の変化が激しいんです。ぜひ季節に合わせたスキンケアで、お肌のコンディションを整えるようにしましょう。

■春のスキンケア
春は気温が高くなったり、低くなったり安定しないため、お肌の水分と油分のバランスが崩れやすくなります。トラブルがおきやすい季節と言われています。ヒアルロン酸やセラミド配合の化粧水や美容液で保湿重視のスキンケアを心がけましょう。

■夏のスキンケア
高温多湿なため、汗や皮脂の分泌量が増えます。お肌がベタつきやすくなりますが、現在の屋内環境では冷房の効いているところが多いため、乾燥にも気をつけましょう。お肌の乾燥なら化粧水を沢山つければ良いと思いがちですが、お肌の『保湿』を担っているのはセラミドなどの(角質間細胞脂質)です。化粧水だけでは、蒸散してしまって効果がありません。乳液やクリームでお肌にふたをすることを略さないように注意しましょう。

■秋のスキンケア
夏の影響が出てきます。夏に強い紫外線を浴びた影響で、ターンオーバーが乱れ、「肌がくすむ」トラブルが出てきやすい季節です。秋自体は、気温、湿度が安定して過ごしやすい季節なので、美白化粧品で夏のダメージを回復しましょう。

■冬のスキンケア
乾燥しやすい季節です。ヒアルロン酸やセラミド配合の化粧品で保湿を強化しましょう。忘れがちなのが、ウィンタースポーツの紫外線対策。スキーに行くときは、紫外線対策を忘れないようにしっかりとしましょう。
 
ブックマークに追加する
春先や秋口の季節の変わり目に、敏感肌になる人が増えていきます。これは、どんな肌質にも起こり得ることですが何故でしょう?
それは、人間の顔の血液量が季節の変わり目に変化するためです。
顔の血液量は、春分の日あたりから下がり始め、秋分の日あたりから増えていこうとします。暖かくなると、体を冷やそうとし、寒くなると、体を温めようとする人間にそなわった機能ですね。しかし、この血液の量の増減とと気温にズレが生じたとき、敏感肌というトラブルが起きることがあるのです。肌のバリア機能が落ちてしまい、乾燥肌・敏感肌に悩まれることになります。肌のバリア機能は、角質層が担っています。この角質層を化粧品で保湿し、うるおすことが、この敏感肌に対応するスキンケアということになります。角質層がセラミド(細部間脂質)でうるおされている状態が正常な肌なのです。乾いた肌をうるおすスキンケアを心がけましょう。

■どんな化粧品を選べばよいのでしょうか?
セラミド入りの化粧品はうるおいを与えるだけでなく、肌の保湿力を高める働きもあります。また、天然水ベースのものは体の水に近いので、浸透力があり、肌がうるおうことでしょう。(最近は持ち歩きに便利なミニボトルやスプレータイプの物、有名なミネラルウォーターで作った化粧水も出ていますね)これらを自分で直接手にとって選んでみてください。保湿目的のパックをするのもいいでしょうね。さっそく冬の乾燥に備えておきましょう。

■保湿は自分の肌感覚でコントロール
肌自身のうるおいと、化粧品による保湿とで、何をどのように使って保湿すればよいか、迷うところです。セラミド入りの化粧品は、生体内の水をポンプのように引き上げるので、うるおいを与えるだけでなく、保湿力を高める働きもあります。
うるおいが十分満たされていると感じられる時は、軽い化粧水程度で保湿するといいんです。天然水ベースのものは生体内の水に近いので、浸透力があります。また、軽いマッサージなども新陳代謝を促すのにはいい方法です。いずれにせよ、自分の肌とよく相談して、化粧品をセレクトするようにしてください。
 
ブックマークに追加する
スキンケアの基本は次の3点です。
・皮膚を清潔に保つこと
・紫外線から皮膚を守る
・皮膚の乾燥を防ぐこと

スキンケアとは、文字通り「皮膚の世話をする」ことです。皮膚はもともと放っておいても皮膚の役割を果たすように作られていますから、特別何もしなくても十分に機能するはずです。しかし、現代は皮膚にとってはるかに過酷な時代です。大気汚染や環境の変化により、皮膚に付着する汚れの組成も量も以前とは違いますし、オゾン層が破壊されて紫外線の量も増し、さらに小麦色の肌を健康のシンボルと錯覚する人たちのライフスタイルは、到底、神様が想定した皮膚の防御能力を越えてしまっています。また、家もオフィスも密閉され、エアコンの効いた低湿環境になっていますので、肌のうるおいを何もせずに保つのもだんだん難しくなってきました。このような、皮膚が本来持っているセルフケアの能力と現実とのギャップを埋めようとするのがスキンケアです。

出典:宮地良樹 著 「知的なスキンケアQ&A」ミネルヴァ書房