カラーセラピスト関口まゆみblog

「色彩」の専門家として10数年お仕事をしていました。 今は二児のママで一生懸命子育ての日々。その毎日の中で、小さい子でも遊べるカラーセラピーや、こどもと色彩の関係を発見しています。これまで体感、体験してきた色彩の深い世界。子育てだけでなく、インテリアやファッション、ストレスケアにも役立てたい!そんなカラーセラピストのブログです☆

2011年06月

陣痛クライマックスの色彩。

今年4月に長男を出産した私。

長女の時は「無痛分娩(和痛分娩)」を選択し、出産しました。
あらかじめ、出産日を決めて麻酔をうち、最も痛みの強い時に無痛で
産むというものです。(ざっくり言うと)
だけど最初っから最後まで、ずーーっと、ものっすごーーく痛かったのです。

全然無痛じゃないし!これより痛いなんてありえない!と
長男のときは「自然分娩」(陣痛が自然にくるのを待って産む)を選びました。

結果。


無痛を選んだ時と全く同じレベルの痛みでした・・・・



やっぱり、無痛を選んだのにもかかわらず麻酔がきいていなかったことが判明・・・。
麻酔代とかかかるから、高かったのに・・・ とほほ


陣痛って、最初は「ん?なんだか痛いかなあ・・・」くらいなのですが
赤ちゃんが下へ下へとおりてくる陣痛マックス時の痛みって
のたうちまわるくらい痛いのです。
実際のたうちまわりました。

もう、これよりしんどいことはあるまい!
とにかく早く全て終えてしまいたい!! と心の中で懇願するほど。

1%だって余裕がないのです。

それなのに、この時ありえない事が頭をよぎりました。


「陣痛マックスの時って、色をどんなふうに感じるんだろう。」


今振り返っても、やっぱりありえないんですが
このすごくすごく辛い痛い時に、何色が心地よく見えて何色がイヤなのか
知りたくなったのです。

※ 色彩はその時の心や身体の状態によって感じ方が変わります。

いだいぃぃぃ~~ とか
うわーーーー とか 痛みを声でごまかしつつ、目は陣痛室内の色をチェック。

ふと、こんな青が目に入りました。
11063001


どぎついほどのビニール製カーテンの青。
青は「心と身体をクールダウンさせ、落ち着きを与える色」。
なんとなく痛みをも落ち着かせてくれそうなのですが、
この時は見た瞬間、嫌悪感と拒否感を強く感じてしまいました。

それとは反対に、とても心地よく感じたのはこの色。
11063002

淡いコーラルピンク。

ピンク色はカラーセラピーでは「母性」「子宮」と深いかかわりのある色。
出産は当然、子宮とつながっていますよね。

もう極限状態のこの時、 「落ち着きたい色」 < 「辛い部分そのものを癒す色」
だったのかなあ・・・

他の妊婦さんは、どう感じるんだろう?私だけがこの感じ方じゃない気もする。
みんなだいたい同じ感じ方だとしたら、
陣痛室、みんなコーラルピンクにしちゃえばいいのに。




草花ゆびわ

土日は自由時間がもらえる、とってもとっても貴重な2日間。
なのに喉がすごく痛くて、結局出掛けたのは歯医者だけ・・・・ 

麻酔とキュイーーン、だけ・・・ とほほ・・・


近所のお散歩も出来ず、パパと娘だけで行ってもらいました。

帰ってくると、指にいっぱい草花のゆびわ。
11062601

ママも どーじょー!

えっ いいの!? 

11062602

11062603

わーーーい!!ありがとう!!


「モノ」をとらえる、ということ。

相変わらず、毎日 毎日 2才の娘とお絵描きの日々
ほんとに子供ってよく飽きないなーー・・・って思いながら、一緒に眺めていたり
いつもの動物を描いてみたり。

毎日お付き合いしていくと、眺めている絵から小さなな発見をすることが
あります。

それは「人ってこんな風にモノをとらえていくんだ」ということ。
ちょっとずつ、ちょっとずつ変わる絵から、人が理解したり出来るようになっていく
順番みたいなものがあるような気がします。


積み木をぐちゃぐちゃではなく、左右対称に積むようになってきたなあ・・・という時期、

110625

彼女の絵には左右対称っぽい「顔」らしきものが生まれました。
11062501

そして、もう少し経つと
「これは誰の絵」とそれぞれを分けて描くようになりました。

11062502

なんとなく、みんな違っているので家族それぞれを描いたのが分かります。
「目は二つで顔はまる、上のほうに髪の毛」を描いているらしいのだけど、
それぞれ同じようで違う。そんなことを理解した上で描いてるなあ、と
実感した時期。


そうして、時々「とっても顔らしい」絵を描くようになり、

11062503

「泣いているのー」と涙を流すような表情を描き始め、

11062504

「こんな風に口をまげて描くとにこにこね」と教えると
スマイルを楽しげに描いています。(ちょっとかわいかったのでぺたり)

11062505

「マイブーム的な描き方」がコロコロ変わるらしいってのも
小さな発見。

今までは色彩ばっかり追ってみてきたけど、形の変化も面白い研究材料です(笑)。


雨の日の落書き その2

昨日の続き「雨の日の遊び」です。

用意するのは、シンプルなおやつとチョコペン。

1162101
今回は豆乳ドーナッツdeチョコアート☆

お友達がきていたので、娘は茶色ペン。お友達にはピンクペンを渡しました。
色を交換しながら2色で楽しんでほしいなー と思っていたら



さすが2歳児。

描きもせずに、もちろん交換もせずに、
いきなりチョコペンを吸おうとしていました(笑)。
一応 阻止・・・それは最後にやってね・・・


チョコペンって、簡単そうで中のチョコの溶かし具合が意外と難しい。
溶かしすぎるとダラーーーっと出てしまうし、固いと点々しか描けないの。

そんなこんなで出来たのが、
11062102

・・・・・。うん、こんなもんよね。


11062103

お友達はもういただきまーす☆してます。

最後は当然のように、ペン先からちゅーーーーっと吸い、終了~~!!

雨の日の落書き その1

お天気が不安定なこの時期は、おうちdeアートが楽しい。

2才の娘の落書きでも、色を2~3色だけ選んでぺたぺたさせると
それなりにアートっぽいものが出来上がります。
※選ぶ色は2~3色の似た色同士(例:緑、黄緑、青緑)だと、どうやっても
キレイな作品に見えます(笑)。

110620

今日は雨のイメージの色を選びました。

せっかくだから、カレンダーの近くに飾ってみよう。


記事検索
プロフィール

sekiguchi_mayumi

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ