2013年10月

2013年10月18日

下関市立大学留学生 研修会

こんにちは。下関酒造の内田です。
朝晩は寒いほどの時候になりました。
これからの時期、お酒が本当に美味しい季節ですが、
ちょっとした話題があると、
さらに奥深い楽しみが広がります。
皆さんは「日本酒学」ってご存知ですか?
お酒だけではなくて、お料理や器、歴史などなど、
日本酒の文化を伝える学問で、
実は私も前々から大変興味があって、一念発起、
数年前に講師の資格を頂きました。
以来、様々なご要望に応じてお話させていただいています。

今年は、下関市立大学の留学生を対象に、年四回のコースで
「日本酒を通じて日本文化を学ぶ」研修会を実施しています。
先日、10月5日(土)に第3回を開催しました。
今回のテーマは「日本酒の楽しみ方」(その2)。
<器で楽しむ> <温度をかえて楽しむ>というコンセプトです。

IMG_0657

IMG_0647

留学生が一番喜んだのは、上本学務グループ長が特別に取り寄せた「ふく刺し」。初めての人も多く「美味しい」と大喜び。
日本に来て初めて生魚を食べた学生さんもいました。
きっとカルチャーショックだったでしょう。
一方、一番かれらが驚いたのは、お酒を燗にして温度を変えると
味わいが変わること。
ぬる燗(ひと肌)では「あっ!甘くなった」、熱燗にすると「えっ、辛い」と、
違いの実感に、楽しそうな歓声が上がっていました。

IMG_0649

IMG_0652

本日は食前酒に関娘 大吟醸(50%精米) 720ml、食中酒に
関娘 復刻版(本醸造)を準備しました。
少し冷やして香りを楽しむ大吟醸酒に対し、
定番酒として好評の本醸造酒は、
常温から熱燗まで幅広い温度帯で楽しむことができます。
これから寒くなると鍋料理が美味しい季節になります。
シチュエーションに合わせてそれぞれのお酒を楽しむと良いですね。

留学生の中には、下関と姉妹都市である
トルコのイスタンブールからの学生もいて、
「火の山にトルコから取り寄せたチューリップが咲き誇る頃、
そこから眺める関門海峡は
イスタンブールから眺めるボスポラス海峡にそっくり」
と話してくれました。

IMG_0630

異国情緒いっぱいの話・・・お酒のなせるいい感じの異文化交流です。

研修の終わりにみんなで記念写真。
カメラに向かって「はい!シモノセキシュゾウ」ですって…!

IMG_0660

ここはこちらがカルチャーショック
今回も楽しく過ごせた研修会でした。みんな日本語がとてもお上手。

唐戸市場、関門海峡より車でスグ!
下関の観光の際はお立ちよりください。
ふくのひれ酒、地酒なら下関酒造

sekimusume at 11:37|Permalink 酒蔵便り 

2013年10月17日

大河内の稲刈りを行ないました!

先日の14日、3連休最終日に
大河内百姓村の稲刈りに行ってきました。

毎年、大河内百姓村の皆さんや、
米作り体験を楽しみにしている会員の方々と
一緒に行う稲刈りは、
秋の実りを体感させて頂ける貴重な機会です。
春に皆で植えた小さな苗が
夏の猛暑にも負けずに実った稲穂!
感慨ひとしおです。

PA140002


秋晴れの、暑いくらいのお天気の中
一斉に稲刈りスタート

PA140011

鎌を持つ手つきも、中々堂にいったものでしょ?
収穫しているのは山田錦という酒米。
無農薬栽培なので、手がかかって大変ですが、
滋養豊かな、まさに自然の恵みです。

気持ちのいい汗をかいた後は
お楽しみのお食事タイムが待ってます。
今年のトピックスは、猪肉カレー

PA140051

労働の後の最高の美味に、
皆夢中でパクツイテま〜す

PA140059


酒造りは、大地と、太陽と、そして人の和が一体となつた賜物。
一献の中に、様々な情景が溶け込んでいます。
皆さんが笑顔になって頂けるお酒を。
社員一同、心を込めて頑張ろうと、
思いも新たにした、稲刈りでした。

収穫したお米は、これから蔵人が大切に仕込んで
味わい豊かなブランド純米に生まれ変わります。
どうぞご期待下さい‼

唐戸市場、関門海峡より車でスグ!
下関の観光の際はお立ちよりください。
ふくのひれ酒、地酒なら下関酒造

sekimusume at 17:19|Permalink 酒造り 

2013年10月10日

酒蔵から 新酒仕込みレポート

十月になり、新米の話題も耳にするようになりました
美味しいお米の季節は、美味しい新酒の季節

先日ご紹介した新酒の仕込みの始まりから、
蔵人たちは、昼夜を問わない作業に入っています。

酒造りは、
1 (いち) こうじ
2 (に)  もと
3 (さん) つくり
と言われていて、こうじは酒造りの要です。
今日は、その大切なこうじ作りの中でも特に重要な
「出こうじ」のレポートです。

作業場に入ると、まず、蒸米の良いにおいに包まれます。
奥の部屋へ進むと、今日の主役、
こうじ菌の力で甘い香りに変化した蒸米が
大切な作業を待っています。
「出こうじ」というのは、酒造りの前半のハイライト。
蒸しあがったお米の状態、こうじの加減をみながら
おおよそ2昼夜寝かされた米麹を、
麹室(こうじむろ)から取り出します。
CIMG9965

PA100009

「出こうじ」の状態が、酒の味を決めるといわれていて、
蔵人にとっては気の抜けない作業です。

麹室から取り出したこうじは、台の上に広げ
乾燥させる 枯らし の工程へと進みます。

PA100011

PA100012

でこぼこした綺麗な波模様は、表面積を広くして、
乾き具合を良くするための昔ながらの知恵だそうです。

枯らしがすんだら、いよいよタンクに移しての醸成へ。
これから約1ヶ月、ゆっくりと時間をかけて、お酒ができあがるのです。
寒くなり始めの11月初旬には、搾り上がります。
どうぞ、皆様、ご期待下さい!!

唐戸市場、関門海峡より車でスグ!
下関の観光の際はお立ちよりください。
ふくのひれ酒、地酒なら下関酒造


sekimusume at 17:34|Permalink 酒造り 
QRコード
QRコード
Recent TrackBacks