呑めるお店(下関市)

2005年12月03日

炉辺焼「まんなおし」さん(下関市今浦町)5

どこの街にも、名物とまで呼ばれる居酒屋さんがあります

下関で一、二を争う名物店といえば、
今回ご紹介する炉辺焼の「まんなおし」さんでしょう。

午後五時の開店に合わせてお伺いすると、
一等席のカウンター席には、まず座れません。

2005-12-1


そんな訳で今回は、

開店前の午後四時すぎに無理をお願いしてお伺いいたしました。
お陰で一等席をゲット!

では、なにゆえ、カウンター席から埋まるのか・・・。
今日は、その秘密に迫ります。



 お店は、ご兄弟で取り仕切っておられます。
弟さんが朝一番に魚市場に買いつけにいかれます。
毎日、街一番の新鮮な魚を吟味します。

この目利きが凄い。

2005-12-3


そして、柔和なお顔で今日一番の「ネタ」の話をしていただけます。
「きょうは「鯖」がいいよ!」のひと言で、
お造りにしていただきました。尾頭付きです。(笑)

2005-12-2


「魚料理に合うお酒と言えば、今、評判の辛口・吟醸酒「海響」です。

新鮮なお刺身を引き立てながらも、
控えめに存在を意識させる、
言わば「できた女房」なのです。
(わが家は違う・・・?おっと、そこで揉めないで・・・)


ところで、お店の生簀には、活きのいい魚が泳いでいます。



続いて、「まんなおし」さんの顔であり、
大将であるお兄さんを紹介しましょう。


205-12-4


お兄さんは、仕込みをします。
これがまた、旨いんだ!
炉辺で焼いた料理をカウンターでいただく。
お兄さんの飾らず屈託のない、ストレート勝負の会話と、
鮮度満点の魚と、旨い!と唸りたくなる肴の数々。

そりゃ、カウンター席は最高です。
おっと、ごめんなさい。小上がりのお客様から、にらまれた・・・!

 お店を開いて約三十数年間。
ずーと、このスタイルできているそうです。
変えずにきたことへの努力に、敬意をあらわしたいと思います。

お店は、下関駅から歩いていける範囲ですので便利です。
「人気のお店」は、町角をまがると、あったりするんです。

2005-12-5

大通りから曲がったら、この電照看板を目指して来てください。

「旨くて安くて庶民的」が、私たちのつくったキャッチフレーズです。

元気をもらいに来てみませんか?


■■炉辺焼「まんなおし」■■

営業時間: 17時〜24時(ラストオーダー 23時30分)

休業日:日曜日(※要問合せ)

駐車場:あり(無料)15台

最寄り駅:JR下関駅西口より 徒歩5分

電話:0832-34-0987 

住所:山口県下関市今浦町5-16


まんなおしさんへのアクセスマップ

sekimusume at 11:11|PermalinkTrackBack(0)

2005年09月01日

うわさのお店 『日和庵』さん(下関市丸山町)5

日和庵

下関に素敵な料理と素晴らしい夜景を楽しめる「日和庵」さんと言うレストランがあります。
今日は、噂のお店を訪問してみました。
「日和山」と言うと、昔からの高級住宅地。
高杉晋作の像がある小高い山の、その一角に、お店は威風堂々と構えています。
「古くからのお屋敷を大改造されています。歴史の重さを感じます」
しっかりした石垣の階段を上がると、大きな暖簾のかかった玄関があります。
(正に、玄関と言うにふさわしい入り口なのです)

関門海峡をバックに・・シェフからのおもてなしの白ワインをいただきながら・・・






中に一歩足を踏み入れ、二階に上がると、和欧の調和がとれた建物と家具、そして食器類の数々。
落ち着いたシックな雰囲気の中で、お料理が運ばれてきます。
シェフからのおもてなしの白ワインをいただきながら、外を眺めると、夕暮れに染まる関門海峡と行き交う外国船に、異国情緒を感じてしまいます。
「関門海峡は、直ぐ目前に九州を望む国際航路です。
夜、豪華客船が航行する様子は、とてもロマンチックなのです。」

オープンデッキで風を感じながら・・

「天気の良い日は、オープン・デッキで風を感じながらすごせます。
瓦の上に立つ感覚は、子供の頃の懐かしさがあります」

大吟醸酒のグラニテ
和欧創作料理を標榜されているだけに、
下関の逸品「ふく」の素材を活かした前菜から、
新鮮な魚や野菜の見事な味付けに感激です。

「お料理よりもグラスの数の多さに
酒豪達の片鱗をうかがえます(笑)」

もちろん日本酒党の私は、純米吟醸酒をお願いしました。
これが料理との相性、調和に優れもので、思わずシェフに拍手です。
メインディッシュの前には、何と「大吟醸酒のグラニテ」が出されました。
関娘・大吟醸酒に軽く味付けされ、凍らせたものをスプーンでスラッシュ。

「お洒落なグラスとこの輝きは、最高です。
もう言うことなし」
口中で広がる果実香と爽快な甘味が喉を通るころには、
とてもリラックスした雰囲気になり、メインディッシュが待ち遠しくなります。

この「日和庵」さんには、いくつかのコンパートメントに分かれています。
お料理を堪能した後は、ちょっとお洒落にディジェスティフ。
カウンターバーでは葉巻も準備してあります。

「関門海峡を望みながら、素敵な夜をお過ごし下さい。
今晩の貴方は、隣の方専用になります。」
関門海峡を望みながら、素敵な夜を・・・














美味しいお料理に満足しながら、玄関をでると酒蔵があり、
何と2000本以上のワインが貯蔵されているそうです。
「一生かかっても飲みきれないなぁ」などと要らぬ心配をしながら、
帰路につきました。


■■ 和欧風創作料理『日和庵』 ■■

ホームページ:http://www.hiyorian.com/

営業時間:11:30〜14:30(オーダーストップ14:00)
     17:30〜22:00(オーダーストップ21:00)

休業日:水曜日

電話: 0832-29-3388

住所: 下関市丸山町5丁目3-19

※要予約・・平日であれば1〜2週間前程度が確実です。


和欧風創作料理『日和庵』さんアクセスマップ

sekimusume at 10:47|PermalinkTrackBack(0)
QRコード
QRコード
Recent TrackBacks